Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

CATEGORY関数の便利な使い方

「指定した文字を含む」行にマークをつけてわかりやすくしたい!IF関数とCOUNTIF関数

『「指定した文字」がある行にマークをつけてわかりやすくしたい!IF関数』記事では、 「SONY」などの文字が入力されている行にマークをつける方法を紹介しました。 「SONYという文字のセル」ではなく、 「SONYという文字が含まれるセル」でマークをつけたい場合、 どうすれば良いでしょうか? そんな時は、IF関数とCOUNTIF関数を組み合わせると良い感じにできます。

「指定した文字」がある行にマークをつけてわかりやすくしたい!IF関数

「ある文字」が表示されている行にマークをつけて わかりやすくしたい時がありますよね。 そんな時、IF関数が便利です。

「ある文字を含むセル」の件数を数えたい!COUNTIF関数

『「同じ値のセル」の件数を数えたい!COUNTIF関数』記事では、 性別や曜日など「同じ値のセル」を数える方法を紹介しました。 同じ値ではなく、「ある文字を含むセル」の件数を数えたい場合、 どうすれば良いでしょうか? いわゆる、部分一致というやつですね。 そんな時は、COUNTIF関数にひと手間加えるだけで出来てしまいますよ。

「同じ値のセル」の件数を数えたい!COUNTIF関数

血液型や曜日、性別などが一覧に表示されていて、 それぞれの件数を数えたいことがありますよね。 1つ1つ数えても良いのですが、めんどうです。 そんな時、COUNTIF関数が便利です。

一覧の行数を数えて表示したい!COUNTA関数

一覧の行数を表示したいことがありますよね。 一覧と一緒に「行の件数」を表示しておくと、一覧がグッと見やすくなります。 ここでは、行の件数をカウントする方法を紹介します。

値が同じ(重複している)行をすぐに探したい!=(イコール)

なにかの一覧があって、 その中で同じ行(重複している値)があるかを確認したい時がありますよね。 そんな時、「=(イコール)」が便利です。

2つのセルが同じ値かを確認したい!=(イコール)

2つの一覧があって、 それぞれに入力された値が同じかを確認したい時がありますよね。 そんな時、「=(イコール)」が便利です。

一覧の前や中に行を追加してもずれない番号を表示したい!ROW関数

一覧で番号を表示したい時、どうしていますか? 1, 2, 3・・・と番号を直接入力する方法がまず思いつきますが、 一覧の中に行を追加すると番号がずれてしまいます。 ROW() – 5 のように、「行番号」から「先頭行までの行数」を引いても良いのですが、 一覧の前に行を追加すると番号がずれてしまいます。 どちらの方法も修正がめんどうですよね。 ここでは、一覧の前や中に行を追加しても番号がずれない方法を紹介します。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { まめるびさん、コメントありがとうございます。 良かったです! } – 4月 19, 4:08 PM
  • まめるび { 知りたかった事が分かりました とても分かりやすい表記で助かりました ありがとうございます } – 4月 19, 1:05 AM
  • だーしゅ { abcさん、コメントありがとうございます。 この記事で書いている「コピー」は、 ------------------------------------ 既に設定されている「セルやフォントの色」を Excelの「塗りつぶしの色」や「フォントの色」機能に設定する ------------------------------------ という意味で使っています。 なので、コピーした色をはりつけるときは、 リボン上にある「塗りつぶしの色」や「フォントの色」アイコンをクリックすれば良いですよ。 一度お試しくださいね。 } – 3月 26, 7:47 AM
  • abc { コピーした色を張り付ける方法がわからない。 } – 3月 26, 7:17 AM
  • だーしゅ { YUUKO26さん、コメントありがとうございます。 求めていた計算式があって良かったです。 >こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合 ですが、COUNTIFS関数を使うと良いです。 COUNTIF関数に「S」が付いただけですが、 複数の項目を扱うことができます。 例えば、 =COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0 とすると、「田」と「子」がある場合、TRUEになります。 これを使って、該当がなければ空欄、であれば、 = IF( COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0, "○","" ) という感じですね。 式が分かりにくくなった時は、 一度、分解してみると良いですね。 } – 11月 14, 2:00 PM
  • YUUKO26 { 初めまして。まさに求めていた計算式でしたので、感動のあまりコメントさせていただきました! 本当にありがとうございます^^ ちなみに、こちらの式ですが、 こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合、どのような式にすればよろしいでしょうか? 詳しく例を申し上げますと、ある列に田と子がある場合は○と示し、該当がなければ空欄としたい。。というかんじです。もしお教えいただけるようであればよろしくお願いします>< } – 11月 14, 8:57 AM