Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

CATEGORY関数の便利な使い方

Excelで「特定の文字がある行」の値だけを合計したい!SUMIF関数

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ] 一覧の値を合計するとき、全ての行の値ではなく、「特定の文字がある行」の値だけを合計したい場合があります。 特定の条件を満たす場合、と言い換えても良いかも知れませんね。 そんな時、SUMIF関数がとても便利です。 関数名に、SUMとIFが付いてるので、良い感じに合計してくれそうですよ。

Excelで別の一覧に「同じ値の行」があるか確認したい!VLOOKUP関数

2つの一覧があって、片方の値がもう片方にもあるか?を確認したい時がありますよね。 例えば、「ゲーム機の一覧A」と「持ってるゲーム機の一覧B」がある場合、AにBが含まれているかを知りたい場合です。 「=(イコール)」では、全ての行を比較するのが大変ですし、「検索(CTRL+F)」で一つ一つ探すのはもっと大変。 そんな時、「VLOOKUP関数」が便利です。  本来は、一覧のデータを使って自動入力してくれる便利関数なんですが、こんな使い方もできますよ。

Excelで #N/A や #DIV/0! などのエラー表示を消したり別の文字に変えたい!ISERROR関数

この記事で、2つの一覧の値をVLOOKUP関数で確認しました。 確認はできたのですが、一覧の中に「#N/A」というエラーが表示されてしまいました。 この「#N/A」は、無い・使えない、という意味でしたね。 このままでも良いんですが、せっかくなので消してみましょう。 別の文字を表示することもできますよ。

Excelで値が同じ(重複している)行をすぐに探したい!=(イコール)

なにかの一覧があって、 その中で同じ行(重複している値)があるかを確認したい時がありますよね。 そんな時、「=(イコール)」が便利です。

Excelで2つのセルが同じ値かを確認したい!=(イコール)

2つの一覧があって、 それぞれに入力された値が同じかを確認したい時がありますよね。 そんな時、「=(イコール)」が便利です。

Excelで「指定した文字」がある行にマークをつけてわかりやすくしたい!IF関数

「ある文字」が表示されている行にマークをつけて わかりやすくしたい時がありますよね。 そんな時、IF関数が便利です。

Excelで一覧の前や中に行を追加してもずれない番号を表示したい!ROW関数

一覧で番号を表示したい時、どうしていますか? 1, 2, 3・・・と番号を直接入力する方法がまず思いつきますが、 一覧の中に行を追加すると番号がずれてしまいます。 ROW() – 5 のように、「行番号」から「先頭行までの行数」を引いても良いのですが、 一覧の前に行を追加すると番号がずれてしまいます。 どちらの方法も修正がめんどうですよね。 ここでは、一覧の前や中に行を追加しても番号がずれない方法を紹介します。

Excelで「同じ値のセル」の件数を数えたい!COUNTIF関数

血液型や曜日、性別などが一覧に表示されていて、 それぞれの件数を数えたいことがありますよね。 1つ1つ数えても良いのですが、めんどうです。 そんな時、COUNTIF関数が便利です。

Excelで一覧の行数を数えて表示したい!COUNTA関数

一覧の行数を表示したいことがありますよね。 一覧と一緒に「行の件数」を表示しておくと、一覧がグッと見やすくなります。 ここでは、行の件数をカウントする方法を紹介します。

Excelで「指定した文字を含む」行にマークをつけてわかりやすくしたい!IF関数とCOUNTIF関数

『「指定した文字」がある行にマークをつけてわかりやすくしたい!IF関数』記事では、 「SONY」などの文字が入力されている行にマークをつける方法を紹介しました。 「SONYという文字のセル」ではなく、 「SONYという文字が含まれるセル」でマークをつけたい場合、 どうすれば良いでしょうか? そんな時は、IF関数とCOUNTIF関数を組み合わせると良い感じにできます。

さらに記事を表示する

最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]