Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelで使用されている塗りつぶしやフォントの色をコピーする方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
Excelで作業している時、セルで使用されている背景色やフォントの色をコピーしたいことがありますよね。
 
自分で色を選択しても良いのですが、カラーパレットから選択するのが正直めんどくさい時もあります。
RGBで設定されている色の場合は特に。
 
そんな時は、以下の方法で「ペイントツールの色の選択機能(スポイト機能)」のように色をコピー(取得)することができます。
 

スポンサーリンク

はじめに

以下のような表があるとします。
 
20120403_excel_01.gif
 
4行目の背景色は薄いピンク色、5行目の備考列のフォントの色は青色になっています。
 
 
現在の設定を確認しておきましょう。
 
20120403_excel_02.gif
 
塗りつぶしの色は「塗りつぶしなし」、フォントの色は「自動(黒)」になっています。
 
20120403_excel_03.gif
 

スポンサーリンク

塗りつぶしの色をコピーする

まずは、塗りつぶしの色(セルの背景色)をコピーしてみましょう。
 
色をコピーしたいセルにカーソルを移動する。ここでは、B4セルに移動しています。
 
20120403_excel_04.gif
 
「リボン – ホーム – 塗りつぶしの色 – その他の色」をクリックする。
 
20120403_excel_05.gif
 
色の設定ダイアログが表示されるので、なにも変更せず、そのままOKボタンをクリックする。
 
ダイアログが表示された時点で、コピーしたい色が選択されているはずです。
 
20120403_excel_06.gif
 
これで、塗りつぶしの色がコピーできました!
 
20120403_excel_11.png
 
薄いピンク色になっていますね。
 
キーボード使いの方は、ぜひ、「ALT+H+H+M+Enterキー」でやって見てください。
少し長いですが便利です。
 

フォントの色をコピーする

次は、フォントの色をコピーしてみましょう。
 
操作方法は、「塗りつぶしの色をコピーする」のとほぼ同じです。
 
 
色をコピーしたいセルにカーソルを移動する。
 
20120403_excel_11.png
 
「リボン – ホーム – フォントの色 – その他の色」をクリックする。
 
20120403_excel_11.png
 
色の設定ダイアログが表示されるので、なにも変更せず、そのままOKボタンをクリックする。
 
20120403_excel_11.png
 
これで、フォントの色がコピーできました。
 
20120403_excel_11.png
 
青色になっていますね。
 
 
ちなみに、色の設定が「標準タブ」ではなく、「ユーザー設定タブ(RGBなど)」で設定されている場合でもコピーできます。
 
以下のような色の設定の場合などですね。
 
20120403_excel_11.png
 
操作方法は同じですよ。
 

まとめ

上記の方法で、色のコピーが少しは楽にできると思います。
 
ぜひ、試してくださいね。
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • abc
    • 2017年 3月 26日

    コピーした色を張り付ける方法がわからない。

      • だーしゅ
      • 2017年 3月 26日

      abcさん、コメントありがとうございます。

      この記事で書いている「コピー」は、
      ————————————
      既に設定されている「セルやフォントの色」を
      Excelの「塗りつぶしの色」や「フォントの色」機能に設定する
      ————————————
      という意味で使っています。

      なので、コピーした色をはりつけるときは、
      リボン上にある「塗りつぶしの色」や「フォントの色」アイコンをクリックすれば良いですよ。

      一度お試しくださいね。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • MIZUMIZU { だーしゅさん ご連絡ありがとうございます。こちらで試してみます。また解らないときはご連絡いたします。お手数をお掛けいたします。 } – 6月 04, 2:23 AM
  • だーしゅ { MIZUMIZUさん、コメントありがとうございます。 まず、セルの値は「Cells関数のValueプロパティ」で取得できます。 https://amaotolog.com/excel/45 この関数で「C列の値」を取得し、消費税率を乗算すれば、消費税額が計算できます。 更に、税抜の金額を足せば、税込の金額になりますね。 たくさんの商品名がありそうなので、「For~Next」を使うと良いです。 https://amaotolog.com/excel/46 の記事をご参考にしてくださいね。 「商品の行数」はプログラムの中に書いてしまうか、どこかのセルに入力しておくのが簡単ですよ。 } – 5月 27, 2:29 PM
  • MIZUMIZU { お分かりになれば教えてください。A列に5%、8%の消費税額が表示されています。C列に税抜の金額が表示されています。D列にA列の消費税を表示させて、E列に税込の金額を表示させたいのですがどのようなマクロを組めばよいでしょうか?お手数をお掛けいたしますが、宜しくお願い致します。 } – 5月 24, 6:28 AM
  • だーしゅ { タカさん、コメントありがとうございます。 B3だけでなく、B列(B3からB15のすべて)と比較したい、 ということでしょうか? それならば、「VLOOKUP」を使うと良いですね。 例)=VLOOKUP(A3,B3:B15,1,FALSE) } – 5月 17, 8:45 AM
  • タカ { =の対象をセル単体ではなく”行”で選ぶ事は出来ないのでしょうか? ex.○ A3=B3 →上記内容 ? A3=B列 →したいこと } – 5月 17, 1:35 AM
  • だーしゅ { まめるびさん、コメントありがとうございます。 良かったです! } – 4月 19, 4:08 PM