Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excel2010,2013でオブジェクトを削除する3つの方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
Excelで画像や図などのオブジェクトを削除したい時、どんな方法で削除していますか?
 
意外なキーでも削除できますよ。
 

操作方法

(1) マウスで操作する方法

操作:オブジェクトの上にカーソルを移動し、右クリックメニューから「切り取り」をクリックする。
メモ:実際は「切り取り」ですので、クリップボードに入ります。ご注意くださいね。
 
 
このマウスメニューには「削除」がないようですね。あっても良いと思うのですが、何か理由があるのでしょうか。。。
 

(2) キーボードで操作する方法1

操作:キーボードの「DELETEキー」を押す。
メモ:削除キーによる削除ですので、普通に削除できますね。当たり前ですか。
 

(3) キーボードで操作する方法2

操作:キーボードの「BSキー」を押す。
メモ:1つ前の文字を消すバックスペースキーですが、実はこのキーでも削除できます。
 

まとめ

私は「BSキーでの削除」を良く使います。
 
ちなみに、テキスト文字の場合でも、「文字を選択して、BSキー押す」ことで文字を消しています。
 
この方法の場合、「削除する文字を確認してから消せる」利点があると思うのですよ。  
操作しやすい方法でオブジェクトを削除してみてくださいね。
 
スポンサーリンク


Excelのおすすめショートカットキー「シート移動、ファイル」3個

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]