Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelで「ある文字を含むセル」の件数を数えたい!COUNTIF関数

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
以前、性別や曜日など「同じ値のセル」を数える方法を紹介しました。
 
 同じ値ではなく、「ある文字を含むセル」の件数を数えたい場合、どうすれば良いでしょうか?
いわゆる、部分一致というやつですね。
 
そんな時は、COUNTIF関数にひと手間加えるだけで出来てしまいますよ。
 

設定方法

この一覧で、氏名に「」が含まれる人数を表示してみましょう。
 
 
 
  1. 件数を表示したいセルで =COUNTIF(A4:A16,“*田*”) と入力する。
    条件の “*田*” がポイントです。 
     
    この「*(アスタリスク)」は、条件の中では「すべての文字」として扱われます。
    トランプのジョーカーみたいなものですね。 
    その * を文字の両側に付けましたので、「」や「」も同じ扱いとなるのです。
     
  2. Enterキーを押すと人数が表示されました!
    「田」を含む人数は 3人 のようですね。 

まとめ

実はこの方法、
  • “田*“とすれば、田で始まる文字(田中など)
  • *田”とすれば、田で終わる文字(石田など)
だけをカウントすることもできます。
 
それぞれ、前方一致・後方一致などと呼びます。
 
 
一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


Excelで図形や画像などのオブジェクトが貼り付けれない場合に確認したい6つの事

Excelで「指定した文字を含む」行にマークをつけてわかりやすくしたい!IF関数とCOUNTIF関数

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]