Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

Excelで「同じ値のセル」の件数を数えたい!COUNTIF関数

2019.12.07(投稿日:2019.09.14)

コメントを書く

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
血液型や曜日、性別などが一覧に表示されていて、それぞれの件数を数えたいことがありますよね。
 
1つ1つ数えても良いのですが、めんどうです。
  
そんな時、COUNTIF関数が便利です。
  

設定方法

この一覧で男女の人数を表示してみましょう。
 
グループ名簿
 
 
  1. 件数を表示したいセルで =COUNTIF(B4:B16,”男”) と入力する。
    COUNTIF関数は、指定した範囲のなかで、「条件の値と同じセル」の件数をカウントしてくれます。 
    COUNTIFを使う 
    カッコの中の B4:B16 は「B4セルからB16セルまでの範囲」を、あとは「,(カンマ)」と「条件となる文字(ここでは”男”)」を指定しています。 
    条件は、「“(ダブルクオーテーション)」で囲むのを忘れないでくださいね。
     
  2. Enterキーを押すと男性の人数が表示されました!
    女性の行も同じように入力しておきましょう。 
    結果の画面 
    男性は 8人、女性は 5人 となりました。 
    わかりやすいですね。

まとめ

この方法を一度設定しておけば、行が増えたり減った場合でも、自動的に男性・女性の人数が変わりますよ。
 
 一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Excelで一覧の行数を数えて表示したい!COUNTA関数

条件によって処理内容を変更したい!分岐したい!Excelマクロ(VBA)のIf文


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

 

[当ブログについて]