Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelで「特定の文字がある行」の値だけを合計したい!SUMIF関数

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
一覧の値を合計するとき、全ての行の値ではなく、「特定の文字がある行」の値だけを合計したい場合があります。
 
特定の条件を満たす場合、と言い換えても良いかも知れませんね。
 
 
そんな時、SUMIF関数がとても便利です。
 
関数名に、SUMとIFが付いてるので、良い感じに合計してくれそうですよ。


設定方法

この一覧には、各メーカーのゲーム機の台数が書かれています。
 
D列の値を使って、メーカー毎の合計台数を表示してみましょう。
 
まずは、”SONY”の合計から。
 
  1. 件数を表示したいセルで、 =SUMIF$B$3:$B$12, “SONY”, $D$3:$D$12 ) と入力する。

     
    SUMIF関数には、引数が3つあります。
    ・1つ目:検索対象の範囲 →メーカー名がある列を指定します
    ・2つ目:検索条件 →この行では「SONY」のゲーム機合計を表示したいので、“SONY”と入力します
    ・3つ目:合計する値の範囲 →台数がある列を指定します
     
    このように指定すると、”SONY”という文字がある行の値(台数)を合計してくれます。
     
  2. Enterキーを入力すると、合計台数が表示されました!

    1+1+1+4+2=9なので、あっているようですね。
     
    「任天堂」と「SEGA」の行も、同じように設定すればOKです。 
 

検索条件を少し楽に入力してみる

これで十分OKなんですが、検索条件の文字が別のセルに入力されている場合、それを使うと少し楽ができます。
 
SONYの場合、C15セルに「SONY」と入力されてますので、2つ目の引数に C15 と入力します。
変更後、Enterキーを押すと、先ほどと同じ合計値「9」が表示されるはずです。
 
これで”SONY”と入力する手間が省けました。
合計する行が複数ある場合、セルをコピーするだけで済むのも楽ですね。
 

まとめ

一覧で、すべての値ではなく、特定の行の値だけを合計したいとき、SUMIF関数がとても便利です。
 
一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


いろんな方法でExcel2010,2013のオブジェクトを操作してみた13個まとめ

Excelでオブジェクトを上下や左右に整列して配置する方法

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]