Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelだけで透過pngの画像ファイルを作成する方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
ブログやホームページを見ていると、画像の一部が透明になった画像ファイルを良く見かけます。
 
「透過画像ファイル」というものですね。
 
 
PhotoshopやGIMPなど、専用の画像ソフトを使えば簡単に作れるのですが、ソフトを購入・インストールしたり、操作方法を覚えるのに時間がかかったりします。
 
「Excelしかないけど、時間をかけずにそれなりの透過ファイルを作りたい!」という時もあると思います。
 
この記事では、画像ソフトを使わずに、Excelだけで透過pngの画像ファイルを作る方法を紹介します。
 
 

スポンサーリンク

こんな透過pngが作れます

実際に、Excelだけで透過pngファイルを作ってみました。
 
キチンと透過できてますね。
 

スポンサーリンク

作り方

作り方は簡単です!
 
  1. Excelで「図形(オブジェクト)や図」を使って、画像にしたいものを作ります。
    上で紹介したボタンですね。 
    角丸四角形を使ったので、フチが丸くなっています。
    この部分が透過されることになります。
     
  2. 左上のメニューで「ファイル – 名前を付けて保存」をクリックする。
     
  3. ファイルの種類で「Webページ (*.htm;*.html)」を選択する。
    ここがポイントです! 
     
  4. 上書き保存欄で「再発行(E): シート」を選択して、保存ボタンをクリックする。
    再発行を選択しておくと、シート単位で画像ファイルが作れるようになったり、あとあとの作業が楽になるのでおすすめします。 
    Excelファイルを修正 → 画像作成 の作業がしやすくなりますよ。 
     
  5. 発行ボタンをクリックする。
 これで完成です!
 
 

画像ファイルはここにできます

Excel上では何も変わってませんが、保存したフォルダを見てみると、
  • 画像を作る.files というフォルダ
  • 画像を作る.htm というファイル
みたいなものが増えてると思います。
 
 
 
このフォルダの中を見ると、画像ファイルができています!
 
 
 
画像ファイルが複数できる場合もありますが、そんな時は「縦横のサイズがExcelで作ったサイズと同じ」ファイルを探しましょう。
 
今回の場合は「2_30904_image002.png」という名前でした。
 
あとはリネームすれば、透過pngファイルの完成です。
 
 

画像に余分な空白ができた場合

作成する画像によっては、画像の下や右側に余分な空白ができる場合があります。 
余白がわかりやすいように線を付けてます。
 
 
これは「コピー → 図(png形式)で貼り付け → トリミング」することで取り除けます。
ひと手間いりますが、簡単ですよ。
 
  1. Excelで「図形(オブジェクト)や図」を使って、画像にしたいものを作る。
    ここまでは同じです。 
     
  2. 作成したものを選択してコピーする。
    右クリックメニューのコピー、CTRL+Cキーなどで。
     
  3. 右クリックメニューで「形式を選択して貼り付け」を選択する。
     
  4. 貼り付ける形式で「図 (PNG)」を選択し、OKボタンをクリックする。
     
  5. 貼り付けた図をクリックし、リボンメニューの「図ツール(書式) – トリミング」を選択する。
    余分な空白を無くしましょう。 
     
  6. あとの操作は同じです。
    名前を付けて保存 → Webページ (*.htm;*.html) → 再発行(E):シート → 保存でしたね。
 
 
余白が無くなりました!
 

図形を組み合わせてもOKです

 こんな画像ファイルもできますよ。
 
 

まとめ

画像ツールを使えば透過画像ファイルは作れるんですが、慣れるまでは操作が大変ですよね。時間もかかりますし。
 
Excelだったら日頃から使ってるので、簡単に画像ファイルを作れると思います。
 
一度、お試しくださいね。
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • kongaragatta { だーしゅさん、ご返事ありがとうございます。 まずは、だーしゅさん案で自分なりにできるかどうかトライしてみます。 } – 7月 03, 6:35 AM
  • だーしゅ { 言葉が良く無かったですね。 「O列がFOR文の最初の位置になる」のような意味でした。 実現するにはいろんな方法があると思います。ご参考まで。 } – 6月 29, 5:37 PM
  • kongaragatta { だーしゅさん、案をありがとうございます。 なるほど!月数を取得するやり方は考えていませんでした。やはり自分だとスキルに限界があるのでどうも柔軟に考えにくいですね。 ひとつ質問ですが、「O列を起点とし、年月を固定的に設定」の”固定的に設定”とはどのように設定するということでしょうか? } – 6月 29, 8:04 AM
  • だーしゅ { kongaragattaさん、コメントありがとうございます。 いろんな方法があると思いますが、思いついた案を書いておきますね。 ・DATEDIF関数で開始年月日と終了年月日の月数を取得 ・O列を起点とし、年月を固定的に設定 ・FOR文で「月数」の数分、セルを右方向に移動 →開始日と同じ年月の場合、●を表示 →IF文で一つ目と判断した場合、〇を表示 →3ヵ月単位はMOD関数で判定 いろいろお試しくださいね。 } – 6月 28, 4:59 PM
  • kongaragatta { だーしゅさん、こんにちは 現在、手作業でExcel作表しているものを少しでも自動化したいと考えています。但し、VBAやマクロは初心者のため、だーしゅさんに是非アドバイスやお力添えをいただければと思います。 L列:開始年月日(原則、当該月の1日)、M列:終了年月日(原則、開始年月日より2年後の月末)、O列~:L列の開始年度及び1~12月の各列があります。L及びM列は、更新されます。 全体件数としては、250件程度。 L列の開始月をキーにO列以降の3か月ごとに黒丸の記号を入力したい。但し、初回の月は、白丸の記号。たとえば、開始年月日が2018/6/1ならばO列には2018年度の6月列に白丸の記号がつき、9月列及び12月列、翌年の2019年度3月に黒丸記号のように、それがM列の終了年月日まで表示したい。 何か良い案があったらご教示ください。よろしくお願いします。 } – 6月 28, 6:11 AM
  • MIZUMIZU { だーしゅさん ご連絡ありがとうございます。こちらで試してみます。また解らないときはご連絡いたします。お手数をお掛けいたします。 } – 6月 04, 2:23 AM