Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excel2010,2013で文字だけでなくセルの書式(色・フォント・サイズなど)でも検索する方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]

Excelで「何かの文字」を含むセルを探す時、検索機能が便利です。

CTRL+Fキーやリボンの「検索と選択」を使います。
 
シート内だけでなく、ブック内の別シートも検索できるので重宝してます。
 
 
そんな便利な検索機能ですが、実は文字だけでなく、フォントの色・サイズや種類、セルの背景色などの書式からも検索できるんです。
 
 
これを使うと、「自分で作った色をセルに設定したけど、どこにあったっけ?」「フォント設定を間違えた!このフォントはどこで使われてるんだろ。。。」なんて時に素早く探すことができますよ。
 
 

スポンサーリンク

検索方法

検索方法は簡単です。
 
  1. 「CTRL+F」キー、または、リボンの「検索と選択」をクリックする。
     
  2. 「検索と置換」が表示されるので、オプションボタンをクリックする。

  3. 右側に「書式」ボタンが増えます。

    クリックすると、いろんな書式を検索条件として指定できるようになります。

    これがポイントです!

     
    例えば、「背景色がオレンジのセル」と指定するとこんな感じになります。

    「書式」ボタンの左側の表示が変わりましたね。

設定はこれだけで完了です!
 
 

スポンサーリンク

検索できる書式と具体例です

この「書式」で検索できる項目はたくさんあります。
セルに設定できる書式は、ほぼ網羅されている感じ。
 
 
ざっくり書いておきますね。
 
 
【表示形式】
・分類(標準、数値、通貨、会計、日付、時刻、パーセンテージ、分数、指数、文字列、その他、ユーザー定義)
 
<具体例>
 「数値」を指定したセルはどこ?
 「文字列」を指定したセルはどこ?
 特殊な「ユーザー定義」を指定したセルはどこ?
 
 
 
【配置】
・文字の配置(横位置、縦位置)
・文字の制御(折り返して全体を表示する、縮小して全体を表示する、セルを結合する)
・文字の方向
 
<具体例>
 「均等割り付け」したセルはどこ?
 セルを結合してるのはどこ?
 文字を縦方向に設定してるのはどこ?
 
 
 
【フォント】
・フォント名、スタイル、サイズ、下線、色
・文字飾り(取り消し線、上付き、下付き)
 
<具体例>
 フォントで「MS Pゴシック」を使ってるのはどこ?
 フォントサイズが「10pt」なのはどこ?
 フォントの色が「赤い」のはどこ?
 
 
 
【罫線】
・線(スタイル、色)
・罫線(縦、横、斜め)
 
<具体例>
 罫線を「斜め」に引いているのはどこ?
 罫線が「二重線」なのはどこ?
 罫線の色が「青い」のはどこ?
 
 
 
【塗りつぶし】
・背景色(色の有無、塗りつぶし効果、その他の色)
・パターンの色、パターンの種類
 
<具体例>
 セルの背景色が「黄色」なのはどこ?
 セルの背景色が「その他の色(自分で作った色)」なのはどこ?
 塗りつぶしのパターンが「格子模様」なのはどこ? 
 
 
 
【保護】

・ロック、表示しない
 
<具体例>
 セルを「ロック」しているのはどこ?
 セルを「表示しない」に設定しているのはどこ?
 
 
 
これだけあれば、たいていのセルを検索できますね。
 
 

ちょっと便利な指定方法 その1

上で説明した検索条件は、複数組み合わせることができます。
 
これを使えば、更に条件を絞り込むことができますよ。
例えば、「表示形式+フォント」や「フォント+罫線+塗りつぶし」といった感じです。
 
 

ちょっと便利な指定方法 その2

当たり前かも知れませんが、セルの値(入力値)と組み合わせた検索もできます。
 
例えば、「文字が12345で、フォント色が赤いもの」など。
 
 

ちょっと便利な指定方法 その3

セルとまったく同じ書式で検索したい場合、セルの書式をスポイト的にコピーすることもできます。

書式ボタンの右端をクリックするとメニューが表示されますが、ここで「セルから書式を選択」を選ぶと、マウスカーソルにスポイトアイコンが付きます。

この状態でセルをクリックするだけです。

 

もちろん置換もできます!

検索だけでなく、見つけたものを置換することもできます。
 
これを使うと、「文字が12345で、フォント色が赤いもの」を検索して、これを「文字を99999、フォント色を青、背景色を黄色」に置換する、なんてこともできます。
 
使い方によってはかなり強力ですよー。
 
 

まとめ

「この書式を使っているセルはどれだっけ?」という場合には、この方法をお試しくださいね。
 
検索がはかどります!
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • kongaragatta { だーしゅさん、ご返事ありがとうございます。 まずは、だーしゅさん案で自分なりにできるかどうかトライしてみます。 } – 7月 03, 6:35 AM
  • だーしゅ { 言葉が良く無かったですね。 「O列がFOR文の最初の位置になる」のような意味でした。 実現するにはいろんな方法があると思います。ご参考まで。 } – 6月 29, 5:37 PM
  • kongaragatta { だーしゅさん、案をありがとうございます。 なるほど!月数を取得するやり方は考えていませんでした。やはり自分だとスキルに限界があるのでどうも柔軟に考えにくいですね。 ひとつ質問ですが、「O列を起点とし、年月を固定的に設定」の”固定的に設定”とはどのように設定するということでしょうか? } – 6月 29, 8:04 AM
  • だーしゅ { kongaragattaさん、コメントありがとうございます。 いろんな方法があると思いますが、思いついた案を書いておきますね。 ・DATEDIF関数で開始年月日と終了年月日の月数を取得 ・O列を起点とし、年月を固定的に設定 ・FOR文で「月数」の数分、セルを右方向に移動 →開始日と同じ年月の場合、●を表示 →IF文で一つ目と判断した場合、〇を表示 →3ヵ月単位はMOD関数で判定 いろいろお試しくださいね。 } – 6月 28, 4:59 PM
  • kongaragatta { だーしゅさん、こんにちは 現在、手作業でExcel作表しているものを少しでも自動化したいと考えています。但し、VBAやマクロは初心者のため、だーしゅさんに是非アドバイスやお力添えをいただければと思います。 L列:開始年月日(原則、当該月の1日)、M列:終了年月日(原則、開始年月日より2年後の月末)、O列~:L列の開始年度及び1~12月の各列があります。L及びM列は、更新されます。 全体件数としては、250件程度。 L列の開始月をキーにO列以降の3か月ごとに黒丸の記号を入力したい。但し、初回の月は、白丸の記号。たとえば、開始年月日が2018/6/1ならばO列には2018年度の6月列に白丸の記号がつき、9月列及び12月列、翌年の2019年度3月に黒丸記号のように、それがM列の終了年月日まで表示したい。 何か良い案があったらご教示ください。よろしくお願いします。 } – 6月 28, 6:11 AM
  • MIZUMIZU { だーしゅさん ご連絡ありがとうございます。こちらで試してみます。また解らないときはご連絡いたします。お手数をお掛けいたします。 } – 6月 04, 2:23 AM