Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

ExcelでVBA(マクロ)のプログラムを入力する画面を出す方法!実行もできますよ

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]

 
Excelはセル関数を使うことで、簡単に合計値の計算やカウントができます。
 
SUM関数やCOUNTA関数などを一度は使ったことがあるのではないでしょうか?
 
 
この「セル関数」は簡単で便利ですが、少し複雑なことをしたくなると、逆に難しくなってしまうことがあります。
 
1つのセルに書ける関数は1行なので、見づらくなりますし。
 

スポンサーリンク

VBAはとても便利!

そんな時、VBA(マクロ)でプログラムを書くと、とてもシンプルで簡単になります。
 
プログラムと言うと「なんか難しそう。。。」と思われるかも知れませんが、プログラムにも難しいプログラムと簡単なプログラムがあります。
 
 
ちょっとしたことをしたいのであれば、簡単なプログラムでできるのです。
 
この記事では、プログラムを入力する画面を表示して、簡単なプログラムを実行する方法を紹介します。
 

スポンサーリンク

方法です

  1. 何かのシートが表示されている状態で「alt+F11キー」を押す。
    「Microsoft Visual Basic for Applications」ウィンドウが表示されます。
    いわゆるVBAですね。 
    350-2.png  
  2. 左側のツリーでシート名のところをダブルクリックする。
    右側のエリアが白くなり、文字が入力できるようになります。
    今回はシート名が「Sheet1」でしたので、その部分をダブルクリックしました。 
    350-3.png
     
  3. 右の白いエリアにVBAのプログラム内容を入力していく。
    とりあえず、「メッセージを表示するプログラム」を作ってみましょう。
    以下の通りに入力します。
    Function test1()
        MsgBox "VBAで表示したメッセージです!"
    End Function
    
     
    空白を入力する時は、全角空白ではなく、半角空白を入力してくださいね。
    全角空白ではエラーが出てしまいますので。  
    350-4.png
    簡単に説明すると、「Function から End Function で囲まれた部分」が一つのプログラム、「test1」はこのプログラムの名前、「MsgBox」は、”(ダブルクォーテーション)で囲まれた文字を表示する関数、になります。  
  4. F5キーを押すとVBAが実行される。
    ここで1つ気を付けることがあります! 
    文字を入力するカーソルが「入力したプログラムのどこか」にある必要がありますよ。
    今回の場合、「MsgBox~」の文字がある2行目にカーソルを置いた状態でF5キーを押します。 
    メッセージが表示されました! 
    350-5.png
    OKボタンをクリックすると、VBAが終了します。
 

保存しておきましょう

ついでに、作成したVBAプログラムを保存しておきましょう。
 
  1. 「ctrl+sキー」かメニューバーの「ファイル – ○○の上書き保存」を選択する。
    350-6.png  
  2. ファイル名を適当に入力して保存する。
    Excel2013などの場合、「次の機能はマクロなしのブックに保存できません」というメッセージが表示されます。
    そんな時は、ファイルの種類で「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」を選択しましょう。 
    350-7.png
 これで保存も完了です!
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
 
今回の記事で作ったプログラムは3行だけですが、これも立派なプログラムです。
 
要は、自分がやりたいことができれば良いのです。
 
このカテゴリでは、「Excelでこれだけは覚えておきたい!」というVBA(マクロ)を紹介して行きたいと思います。
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { タカさん、コメントありがとうございます。 B3だけでなく、B列(B3からB15のすべて)と比較したい、 ということでしょうか? それならば、「VLOOKUP」を使うと良いですね。 例)=VLOOKUP(A3,B3:B15,1,FALSE) } – 5月 17, 8:45 AM
  • タカ { =の対象をセル単体ではなく”行”で選ぶ事は出来ないのでしょうか? ex.○ A3=B3 →上記内容 ? A3=B列 →したいこと } – 5月 17, 1:35 AM
  • だーしゅ { まめるびさん、コメントありがとうございます。 良かったです! } – 4月 19, 4:08 PM
  • まめるび { 知りたかった事が分かりました とても分かりやすい表記で助かりました ありがとうございます } – 4月 19, 1:05 AM
  • だーしゅ { abcさん、コメントありがとうございます。 この記事で書いている「コピー」は、 ------------------------------------ 既に設定されている「セルやフォントの色」を Excelの「塗りつぶしの色」や「フォントの色」機能に設定する ------------------------------------ という意味で使っています。 なので、コピーした色をはりつけるときは、 リボン上にある「塗りつぶしの色」や「フォントの色」アイコンをクリックすれば良いですよ。 一度お試しくださいね。 } – 3月 26, 7:47 AM
  • abc { コピーした色を張り付ける方法がわからない。 } – 3月 26, 7:17 AM