Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelで一覧の前や中に行を追加してもずれない番号を表示したい!ROW関数

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
一覧で番号を表示したい時、どうしていますか?
 
 
1, 2, 3・・・と番号を直接入力する方法がまず思いつきますが、一覧の中に行を追加すると番号がずれてしまいます。
 
ROW() – 5 のように、「行番号」から「先頭行までの行数」を引いても良いのですが、一覧の前に行を追加すると番号がずれてしまいます。
 
 
どちらの方法も修正がめんどうですよね。
 
ここでは、一覧の前や中に行を追加しても番号がずれない方法を紹介します。
 

設定方法

一覧の1列目に番号をつけてみましょう。
 
 
 
  1. 一覧の先頭のセル(A5)で =ROW()-ROW(A$4) と入力する。
    現在の行番号(ここでは5)から、A$4のセル(No.のセル)の行番号(ここでは4)を引いています。 
    5 – 4 は 1 ですね。 
    セルの位置を固定する為、 $ を付けて絶対参照にするのがポイントです。
     
  2. 「1」と表示されました。
     
  3. あとは、このセルを下にコピーすれば完了です。
     

番号がずれません!

一覧の前に行を追加しても、番号は変わりません
 
 
一覧の中に行を追加しても、同じく番号は変わりません
 
 
 
なお、一覧に行を追加した後は空白になりますので、同じようにセルをコピーすれば、良い感じに番号がつながりますよ。
 
  

まとめ

一覧には番号があると見やすいですよね。
 
この方法でずれない番号をつけてみてくださいね。
 
スポンサーリンク


条件によって処理内容を変更したい!分岐したい!Excelマクロ(VBA)のIf文

ExcelでVBA(マクロ)のプログラムを入力する画面を出す方法!実行もできますよ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]