Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelで #N/A や #DIV/0! などのエラー表示を消したり別の文字に変えたい!ISERROR関数

 
この記事で、2つの一覧の値をVLOOKUP関数で確認しました。
 
確認はできたのですが、一覧の中に「#N/A」というエラーが表示されてしまいました。
 
この「#N/A」は、無い・使えない、という意味でしたね。
 
このままでも良いんですが、せっかくなので消してみましょう。
別の文字を表示することもできますよ。
 


まずは消してみる

画像の赤枠には、
=VLOOKUP(C4,$A$3:$A$15,1,FALSE)
のような関数が入力されています。
 
今回の場合、「VLOOKUP関数が見ている一覧」に値が無いので、#N/Aが表示されたのでした。
 
これを消してみます。
 
  1. セルに入力した関数を IFERROR関数のカッコの中 に入れます。
     
    今回の場合、ちょっと長いですがこんな感じになりました。
    =IFERROR( VLOOKUP(C4,$A$3:$A$15,1,FALSE), “” )

    二つ目の引数に ”” があるのは後で説明しますよ。
  2. すると、#N/A という文字が消えました!
完成です!
 

関数では「2つの値」を指定します

説明です。
 
セルでは、こんな感じの数式を書きました。
=IFERROR( ○○○, “” )
引数の一つ目は「エラーをチェックする値」、二つ目は「エラーの場合に返す値」を指定します。
 
○○○がエラーだった場合、“”(空文字)を表示する、という意味ですよ。
 

別の文字を表示してみる

空文字だけではちょっと分かりにくいので、別の文字を表示してみましょう。
 
二つ目の引数を ”×ありません” に変更します。
 
こんな感じですね。
=IFERROR(VLOOKUP(C4,$A$3:$A$15,1,FALSE),“×ありません”)
 
「×ありません」という文字が表示されました!
 
あとは、このセルの内容をすべての行にコピーすれば完了です。
 

別のエラー文字でも消せます

ISERROR関数は、#N/Aだけでなく、別のエラー値も消すことができます。
 
#VALUE!
#REF!
#DIV/0!
#NUM!
#NAME?
#NULL!
 
数値を0で割ってしまった時の「#DIV/0!」は、見た事があるのでは無いでしょうか。
 
これも別の文字にすると分かり易くなりますね。
 

まとめ

Excelで #N/A や #DIV/0! などのエラー値が表示される時があります。
 
エラーを直すのが一番良いんですが、あえて表示を消したい場合、ISERROR関数が便利です。
 
一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


Excel2010,2013でオブジェクトを選択する4つの方法

Excel2010,2013用クイックアクセスツールバーのおすすめ設定はこれです(ダウンロードあり)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]