Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelで #N/A や #DIV/0! などのエラー表示を消したり別の文字に変えたい!ISERROR関数

 
この記事で、2つの一覧の値をVLOOKUP関数で確認しました。
 
確認はできたのですが、一覧の中に「#N/A」というエラーが表示されてしまいました。
 
この「#N/A」は、無い・使えない、という意味でしたね。
 
このままでも良いんですが、せっかくなので消してみましょう。
別の文字を表示することもできますよ。
 


スポンサーリンク

まずは消してみる

画像の赤枠には、
 
=VLOOKUP(C4,$A$3:$A$15,1,FALSE)
 
のような関数が入力されています。
 
今回の場合、「VLOOKUP関数が見ている一覧」に値が無いので、#N/Aが表示されたのでした。
 
これを消してみます。
 
  1. セルに入力した関数を IFERROR関数のカッコの中 に入れます。
     
    今回の場合、ちょっと長いですがこんな感じになりました。
    =IFERROR( VLOOKUP(C4,$A$3:$A$15,1,FALSE), “” ) 


    二つ目の引数に ”” があるのは後で説明しますよ。
     

  2. すると、#N/A という文字が消えました!
完成です!
 

スポンサーリンク

関数では「2つの値」を指定します

説明です。
 
セルでは、こんな感じの数式を書きました。
=IFERROR( ○○○, “” )
 
引数の一つ目は「エラーをチェックする値」、二つ目は「エラーの場合に返す値」を指定します。
 
○○○がエラーだった場合、“”(空文字)を表示する、という意味ですよ。
 

別の文字を表示してみる

空文字だけではちょっと分かりにくいので、別の文字を表示してみましょう。
 
二つ目の引数を ”×ありません” に変更します。
 
こんな感じですね。
=IFERROR(VLOOKUP(C4,$A$3:$A$15,1,FALSE),“×ありません”)
 
「×ありません」という文字が表示されました!
 
あとは、このセルの内容をすべての行にコピーすれば完了です。
 

別のエラー文字でも消せます

ISERROR関数は、#N/Aだけでなく、別のエラー値も消すことができます。
 
#VALUE!
#REF!
#DIV/0!
#NUM!
#NAME?
#NULL!
 
数値を0で割ってしまった時の「#DIV/0!」は、見た事があるのでは無いでしょうか。
 
これも別の文字にすると分かり易くなりますね。
 

まとめ

Excelで #N/A や #DIV/0! などのエラー値が表示される時があります。
 
エラーを直すのが一番良いんですが、あえて表示を消したい場合、ISERROR関数が便利です。
 
一度、お試しくださいね。
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • kongaragatta { だーしゅさん、ご返事ありがとうございます。 まずは、だーしゅさん案で自分なりにできるかどうかトライしてみます。 } – 7月 03, 6:35 AM
  • だーしゅ { 言葉が良く無かったですね。 「O列がFOR文の最初の位置になる」のような意味でした。 実現するにはいろんな方法があると思います。ご参考まで。 } – 6月 29, 5:37 PM
  • kongaragatta { だーしゅさん、案をありがとうございます。 なるほど!月数を取得するやり方は考えていませんでした。やはり自分だとスキルに限界があるのでどうも柔軟に考えにくいですね。 ひとつ質問ですが、「O列を起点とし、年月を固定的に設定」の”固定的に設定”とはどのように設定するということでしょうか? } – 6月 29, 8:04 AM
  • だーしゅ { kongaragattaさん、コメントありがとうございます。 いろんな方法があると思いますが、思いついた案を書いておきますね。 ・DATEDIF関数で開始年月日と終了年月日の月数を取得 ・O列を起点とし、年月を固定的に設定 ・FOR文で「月数」の数分、セルを右方向に移動 →開始日と同じ年月の場合、●を表示 →IF文で一つ目と判断した場合、〇を表示 →3ヵ月単位はMOD関数で判定 いろいろお試しくださいね。 } – 6月 28, 4:59 PM
  • kongaragatta { だーしゅさん、こんにちは 現在、手作業でExcel作表しているものを少しでも自動化したいと考えています。但し、VBAやマクロは初心者のため、だーしゅさんに是非アドバイスやお力添えをいただければと思います。 L列:開始年月日(原則、当該月の1日)、M列:終了年月日(原則、開始年月日より2年後の月末)、O列~:L列の開始年度及び1~12月の各列があります。L及びM列は、更新されます。 全体件数としては、250件程度。 L列の開始月をキーにO列以降の3か月ごとに黒丸の記号を入力したい。但し、初回の月は、白丸の記号。たとえば、開始年月日が2018/6/1ならばO列には2018年度の6月列に白丸の記号がつき、9月列及び12月列、翌年の2019年度3月に黒丸記号のように、それがM列の終了年月日まで表示したい。 何か良い案があったらご教示ください。よろしくお願いします。 } – 6月 28, 6:11 AM
  • MIZUMIZU { だーしゅさん ご連絡ありがとうございます。こちらで試してみます。また解らないときはご連絡いたします。お手数をお掛けいたします。 } – 6月 04, 2:23 AM