Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excel2010,2013でオブジェクトを選択する4つの方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
Excelで画像や図などのオブジェクトを選択したい時、どんな方法で選択していますか?
 
マウスとキーボードの両方を使って選択できますよ。
 

操作方法

(1) 1つのオブジェクトを選択する方法

操作:オブジェクトを左ボタンでクリックする。
メモ:クリック後、別のオブジェクトをクリックすると、新たにクリックしたオブジェクトのみが選択状態になるので、1つしか選択できません。
 
 

(2) 複数のオブジェクトを選択する方法

操作:SHIFTキーを押しながら、複数のオブジェクトを左ボタンでクリックする。選択解除したい時は、もう一度クリックする。
メモ:選択したいオブジェクトが少ない場合はこの方法が便利ですね。
 
 

(3) すべてのオブジェクトを選択する方法

操作:どれでも良いのでオブジェクトを選択した状態で、CTRL+Aキーを押す。
メモ:オブジェクトの選択モードがオンになっていれば、オブジェクトを選択していなくても、CTRL+Aキーを押すだけですべてのオブジェクトを選択できるので、便利です。
 
 

(4) ある範囲のオブジェクトを選択する方法

操作:まず、選択モードを変更する必要があります。
 
リボンメニューの「ホーム – 検索と選択 – オブジェクトの選択」をクリックすると、マウスカーソルが「十字」から「矢印」に変わります。これでオブジェクトを選択できるようになります。
 
マウスの左ボタンを押しっぱなしにしてマウスカーソルを移動すると、選択用の枠が表示されるので、その枠でオブジェクトを囲みます。

2015/07/16追記

説明を追記しました。
小林幸也さん、ご指摘ありがとうございました。
メモ:ある範囲にある、1つ1つのオブジェクトを選択するのがめんどうな時に使います。
備考:「オブジェクトの選択」をクイックアクセスツールバーに追加しておくと便利ですね。
 
 
 
すべての選択状態を解除したい時は、どこでも良いのでセルをクリックしてくださいね。
 

まとめ

オブジェクトをすべて選択したい場合は、オブジェクトを選択してからCTRL+Aキーで選択が便利です。
 
一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


Excelで値が同じ(重複している)行をすぐに探したい!=(イコール)

Excelで #N/A や #DIV/0! などのエラー表示を消したり別の文字に変えたい!ISERROR関数

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 小林幸也
    • 2015年 7月 15日

    (4)は明らかに説明不足。
    普通に左クリックしたままドラッグしたところで、複数のセルを選択するだけで、選択用の青い枠なんかできませんよ。
    他のサイトで確認してようやくわかったけど、まず「検索と選択」ボタンをクリックする、という肝心な説明がごっそり省略されてます。あまりにも配慮が欠如していると言わざるを得ない。
    フリーのサイトに文句つけるのも何なんですが、訪問者を混乱させる内容ははっきり言って迷惑です。

      • だーしゅ
      • 2015年 7月 15日

      小林幸也さん、コメントありがとうございます。

      ご指摘の通り、「検索と選択」ボタンについてはまったく触れておりませんでした。
      確かにそのままではセルが選択されるだけで、わかりにくい説明でしたね。
      早速、記事を修正させて頂きました。
      ありがとうございました。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]