BlenderとUnityで作ったものをVR(Meta Quest/Oculus Link)で動かします

タグ:Magica Cloth

ブログの女の子を作る #64 Magica Clothの静止摩擦でスカートの滑りやすさを確認する【Unity】

前回の記事では、URPのポストプロセスでSSAOの影を試してみました。 Magica Cloth 1.9.2で「静止摩擦(Static Friction)」が追加されました! この機能を使うと、スカートを持ち上げた時にすべっていたの...
詳細を見る

ブログの女の子を作る #62 UnityのHDRPをVRで試してみる【Unity】

前回の記事では、キャラクターの頭を小さくして頭身を上げてみました。 今回は、少し前から気になっていた「HDRP(High Definition Render Pipeline)」をVRで試してみます。いま使っているURPの高解像度版と...
詳細を見る

ブログの女の子を作る #61 頭を小さくして頭身を上げる【Blender,Unity】

前回の記事では、頭と体のオブジェクトを分離しました。 Oculus Linkを使ってキャラクターを見ていると、背が低すぎるのと頭が少し大きい気がしました。 イラストなど正面から見る分には良いのですが、VRで見る時はかなり近い位置から...
詳細を見る

ブログの女の子を作る #59 髪の毛を改善する (3) ノーマルマップを設定する【Blender,Unity】

前回の記事では、髪の毛のテクスチャ画像を作成しました。 第3回となる今回の記事では、「ノーマルマップを設定」して更に立体感を出してみます。 これで髪の毛の改善が完成です! ...
詳細を見る

ブログの女の子を作る #58 髪の毛を改善する (2) テクスチャ画像を作る【Blender,Unity】

前回の記事では、髪の毛の見た目を改善するためにUV展開をやり直しました。 今回は、「髪の毛のテクスチャ画像」を作成します。 クリスタの便利機能を使いますよ。 ...
詳細を見る

ブログの女の子を作る #57 髪の毛を改善する (1) UV展開をやり直す【Blender】

前回の記事では、UTS2シェーダーの代わりに「RealToon」のURP版を使ってみました。 今回は、髪の毛の見た目を改善していきます。 これまでは、濃淡があるだけのテクスチャ画像を使っていたので、もう少し毛束感が欲しいですね。 ...
詳細を見る

ブログの女の子を作る #56 Unity用の「RealToon」トゥーンシェーダーをURP版で使ってみる【Unity】

前回の記事では、MToonシェーダーからURP用の「UTS/UniversalToon」に変更して、いくつかの問題を解決しました。 その後、ビルド時にエラーが出る問題もありましたが、普通に実行する分には問題無さそうなので、そのまま使っ...
詳細を見る

ブログの女の子を作る #53 URPを導入して建物やTerrainのシェーダーを変更する【Unity】

前回の記事では、縞パン向けにUV展開して、いろんなテクスチャ画像でパンツの柄を増やしてみました。 最近、Unityの「Shader Graph」機能を使えば、コードを書かずにGUI操作でシェーダーを作れることを知りました。これを使えば...
詳細を見る

ブログの女の子を作る #51 パンツのシワをハイポリのスカルプトとノーマルマップで作る【Blender,Unity】

前回の記事では、シェーダーの設定を変更してキャラクターに影をつけました。 立体感も出て良くなったんですが、作業してる時に「パンツの表面がツルツルしてる」ことに気づきました。 最近、ノーマルマップという特殊なテクスチャを設定する...
詳細を見る

ブログの女の子を作る #50 VRMのMToonシェーダーでキャラクターに影を付ける【Unity】

前回の記事では、Magica Clothのスカートとエプロンの突き抜けを改善しました。 最近、ニンテンドースイッチの「ゼノブレイド2」をプレイしてます。 ゲームが面白いのはもちろんなんですが、3Dモデリングがすごいんですよ。イベント...
詳細を見る

最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
3Dモデルの女の子は「アリス・ブロコ」。VRは楽しいですね。

[当ブログについて]