BlenderとUnityで作ったものをVR(Oculus  Quest/Oculus Link)で動かします

ブログの女の子を作る #64 Magica Clothの静止摩擦でスカートの滑りやすさを確認する【Unity】

 
前回の記事では、URPのポストプロセスでSSAOの影を試してみました。
 
Magica Cloth 1.9.2で「静止摩擦(Static Friction)」が追加されました!
この機能を使うと、スカートを持ち上げた時にすべっていたのが改善されそうです。
 
早速試してみました。



開発環境

・Blender 2.90.1
・Unity 2020.2.5f1(High Definition RP 10.3.1)
・グラボ:ASUS ROG-STRIX-RTX2060S-O8G-GAMING
・Oculus Quest 2(Oculus Link利用)
 

(1) Magica Clothをアップデートする

バージョンアップしたいのですが、何かアセットストアの表示がいつもと違います。
 
最近アップグレードしたUnityの「2020.2.5f1」では、アセットのバージョンアップ方法が変わったようですね。
今後はPackage Managerを使うようですね。Unity内のアセットストアは、動作がややもっさりしてたのでこちらの方が良いのかも知れません。
 
最新版にアップデートします。
 
Update→Import後、念のためにバージョンを確認しておきます。
OKですね。
 


(2) 設定して動画で確認してみる

公式サイトによると、「Dynamic Friction(動摩擦係数)」と「Static Friction(静止摩擦係数)」のパラメータを調整するようです。
 
おすすめの値も書いてありましたので、それぞれ設定して動作を確認してみました。
 

1. 「サテンのような滑る布」の設定

・Dynamic Friction:0.05
・Static Friction:0.05
バージョンアップ前と同じような挙動です。
スカートを持ち上げた際、滑ってすぐに落ちています
 
 

2. 「木綿のようなあまり滑らない布」の設定

・Dynamic Friction:0.2
・Static Friction:0.1
設定値を強めにしてみました。
スカートを持ち上げた際、静止摩擦の効果でスカートが滑りにくくなりました。
 

3. 「もっと滑らない布」の設定

・Dynamic Friction:0.3
・Static Friction:0.2
更に設定値を強くしました。
スカートをめくっても、その場所からほとんど動きませんね。すごいです。
 

(3) 別のスカートで試してみる

別のスカートでどうなるかを試してみました。設定は「木綿のようなあまり滑らない布」です。
 

1. 短いスカート

短いスカートでも同じ効果がありました。
 

2. 長めのスカート

以前の設定では、ここまで持ち上げることはできませんでしたよ。
 

3. 長めのスカート(ペチコートあり)

ペチコートありの場合です。オブジェクトが貫通してるのは置いておいて、2枚重ねの場合でも良い感じの挙動になってます。
 


まとめ 

Magica Cloth 1.9.2の新機能「静止摩擦(Static Friction)」でスカートの滑りやすさを確認してみました。
 
これまではスカートを持ち上げた時にツルツルした感じで滑っていましたが、設定変更することで良い感じに滑らなくなりました。
素晴らしい機能です!
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログの女の子を作る #63 URPのポストプロセスでSSAOの影を試す【Unity】

ブログの女の子を作る #65 Magica Clothで無重力のパンツと戯れる【Unity】

最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
VRは楽しいですね。

[当ブログについて]