BlenderとUnityで作ったものをVR(Oculus  Quest/Oculus Link)で動かします

ブログの女の子を作る #57 髪の毛を改善する (1) UV展開をやり直す

 
前回の記事では、UTS2シェーダーの代わりに「RealToon」のURP版を使ってみました。
 
今回は、髪の毛の見た目を改善していきます。
これまでは、濃淡があるだけのテクスチャ画像を使っていたので、もう少し毛束感が欲しいですね。
 
まずは、「UV展開のやり直し」です。



開発環境

・Blender 2.90.1
・Unity 2019.4.15f1
・グラボ:ASUS ROG-STRIX-RTX2060S-O8G-GAMING
・Oculus Quest 2(Oculus Link利用)
 

(1) 作業前の確認

作業前の状態を確認しておきます。
 

いまのすがた

毛束の単位でオブジェクトを作ってるので、少しかたまり感があります。
Unity上では「Magica Cloth」を使って揺らしてるので、動かすと臨場感あるんですけどね。
 
髪の毛のテクスチャ画像です。
毛束の先端を濃くしてますね。
 
後頭部です。
こちらも少しだけ塗ってます。当時はこれが精いっぱいでした。
 

UV展開を確認してみる

今回の作業では、「髪の毛」オブジェクトのUV展開を修正していく必要があります。テクスチャ画像を作るのはその後で。
 
まずは、いまのUV展開を確認してみます。
なぜか、前髪部分と後頭部のUV展開図が重なってます。以前は、それぞれ別オブジェクトだったのでUV展開も別になってたんですが、オブジェクト結合したのでこんな感じになったようです。
 
邪魔にならないよう移動して、作業を始めていきます。
 

(2) UV展開をやり直す

これからUV展開をやり直していくんですが、ポイントは「形を長方形にする」です。この形にしておくと、第2回で作る「テクスチャ画像」が良い感じに使えるらしい。

長方形にするやり方

すべてを一つずつ長方形にすると大変過ぎますので、Blenderの便利機能を使っていきます。
 
まず、どこでも良いのでベースとなる面を一つ決めて、上側の線を選択状態にします。
 
右クリックメニューで「Y軸揃え」を選択すると、水平方向にまっすぐになります。
下側の線もやっておきます。
 
次に、左側の線を選択して「X軸揃え」を選択すると、今度は垂直方向にまっすぐになります。
右側の線も同じですね。
 
これで、1つの面がキレイな長方形になりました。
 
ちなみにですが、選択した線の角度が水平・垂直に近い場合は「自動展開」を使うのも便利です。
こちらの方が楽かも知れませんね。
 

「アクティブ四角形面に追従」ですべてを長方形にする

これで下準備ができました。
 
面選択」モードにして、先ほど整形した「長方形」を選択し、Lボタンで「つながっている物を選択」します。
 
この状態で、右クリックメニューから「アクティブ四角形面に追従」を選択すると、
 
すべてが長方形になりました!
大きさや位置を調整しておきましょう。
 

おかしな個所を修正しながらUV展開する

この作業を繰り返していきます。なかなか地道な作業ですが。。。
当たり前ですが、元の頂点が三角形の場合、UV展開上も三角形になります。三角形のまま適当に場所を移動するか、四角形になるよう頂点修正します。
 
Lキーでつながっている個所を選択すると、おかしな個所を見つけやすい。
 
余分な頂点を見つけました。
五角形になってるので、ここは「頂点を溶解」で削除しておきましょう。
 

表示してるところだけUV展開する

頂点を追加・削除した場合、UV展開をやり直す必要があります。
 
関係ない場所をUV展開しないように、頂点を一時的に「ピン止め」するのですが、もう一つ方法があります。
 
他のオブジェクトを「非表示(Hキー)」にしておくと、UV展開対象を「表示しているオブジェクト」だけに絞ることができます。
 
この部分だけをUV展開できましたね。
他のオブジェクトを「再表示(ALT+Hキー)」しておきましょう。
 

UV展開できたが後頭部がおかしい

一通りの髪の毛パーツをUV展開してみました。
 
現状を確認したいので、縦方向に線が入ったサンプル画像をお借りして設定してみました。
ツインテールなので、リボンで縛ってる場所に向かって髪の毛がそろうはずですが、おかしな方向を向いてます。UV展開の方向がおかしい?
 

後頭部もUV展開し直す

やはり、後頭部もUV展開しなおす必要があったようです。
 
髪の毛の方向を考えて、シームを増やしてみます。
 
UV展開し直すと、こんな感じになりました。
 
長方形にする作業にも慣れましたよ。
 
この状態で確認してみると、髪の毛の方向が良い感じになりました!
とてもツインテールっぽい。
 
ここまでの作業で修正したUV展開です。
全部やってますが、「髪の毛の裏面」はあまり見えない部分なので、元の形でも良かったかも知れませんね。
 


まとめ 

髪の毛の見た目を改善したくなったので、まずはUV展開をやり直してみました。
 
とても地道な作業でしたが、良い感じに展開できたようです。
 
次の記事に続きます。
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

【Unity】Terrainの地面や山を「Terrain To Mesh」でメッシュに変換してみる

ブログの女の子を作る #58 髪の毛を改善する (2) テクスチャ画像を作る

最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
VRは楽しいですね。

[当ブログについて]