静かで速い自作パソコンを紹介しています。

menu

速い静音PCを組みました!自作パソコンで使ったパーツまとめ

自作パソコンのWindowsエクスペリエンス!

[2019/09/15追記]
ブログを見て頂き、ありがとうございます。
 
このブログは「Core 2 DuoからCore i7に変えて高速化」を紹介していましたが、
いまとなってはひと昔前のスペックになってしまいました。
 
なので、これから新しく作られるお方にはおすすめできません。
既に売っていないパーツもありますし。。。
 
 
最近は、高性能・静音に加えて、4KゲームやVRというキーワードが出てきました。
CPUとGPUが重要なんですが、パーツにはいろんな組み合わせがありますので、
セットで購入できると安心です。
 
限りなく自作に近いBTOができる「VSPEC」を紹介しておきます。
 
 
パソコンを自作した後は、性能をはかってみたいものです。
 
一番簡単なのは、Windowsに標準で付いている「Windows エクスペリエンス」です。
 
このツールを実行すると、
  • CPU
  • メモリ
  • グラフィックス
  • ハードディスク
の単位で性能(スコア)を見ることができます。
まずのベンチマークとしては簡単で便利ですよ。
 

スポンサーリンク

Windows エクスペリエンス!

Windows エクスペリエンス インデックスの結果です。
164-1.png
 
  • プロセッサ: 8.0
  • メモリ(RAM): 8.0
  • グラフィックス: 6.5
  • ゲーム機グラフィックス: 6.5
  • プライマリ ハードディスク: 8.1
グラフィック以外は8.0を超えていますね。
良い感じではないでしょうか。
 

まとめ

重めのゲームをすることになったら、そのうちビデオカードも買いたいです。
 
あとから簡単に、欲しいパーツだけ追加しやすいのも自作パソコンの利点ですね。
 
スポンサーリンク


速い静音パソコンのパーツ「OS」

BTOショップ「VSPEC」で時間とお金を節約しながら「ほぼ自作な」速い静音パソコンを手に入れる!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
自作パソコンは楽しいですよ。
[当ブログについて]

メニュー

はじめに

おすすめのパーツ

自作パソコンの組み立て

BTOでほぼ自作!

まとめ