静かで速い自作パソコンを紹介しています。


menu

速い静音PCを組みました!自作パソコンで使ったパーツまとめ [あまおとろぐ]

速い静音パソコンのパーツ「HDD」

[2016/11/19 追記]
 
ブログを見て頂き、ありがとうございます。
 
このブログは「Core 2 DuoからCore i7に変えて高速化」を紹介していましたが、
いまとなってはひと昔前のスペックになってしまいました。
 
なので、これから新しく作られるお方にはおすすめできません。
既に売っていないパーツもありますし。。。
 
 
最近は、高性能・静音に加えて、4KゲームやVRというキーワードが出てきました。
CPUとGPUが重要なんですが、パーツにはいろんな組み合わせがありますので、
セットで購入できると安心です。
 
限りなく自作に近いBTOができる「VSPEC」を紹介しておきます。
 
スポンサードリンク
 
GeForce GTX1080のパソコンが欲しい。。。 
 
※追記ここまで。

 
HDDは、パソコンのデータを保存するものです。

 
最近は低価格で大容量、かつ信頼性が高いものも増えてきました。
 
SSDよりはデータが壊れる可能性が高いものですので、
信頼性が高いものを選択しておいて損はありません。
 
 

スポンサーリンク

HDD

私が実際に購入したアイテムを紹介します。
 

WD Red 3.5inch IntelliPower 2.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD20EFRX
 
データドライブに使います。
 
 
大事なデータを保存しますので、
  • 24時間×7日間の稼働に耐えれるよう設計されている。
  • MTBF(平均故障間隔)が標準的なHDDより長い。
  • 発熱量と消費電力が低い。
  • パフォーマンスも良い。
  • そんなに高くない。
が揃ったこのHDDにしてみました。
 
 
同じくベンチマークです。
 
164-4.png
 
データドライブですので、十分な速度ですね。
 
 

まとめ

大事なデータを保存するものですので、
信頼性は大事だと思いますよ。
 
 
一度、検討されてはいかがでしょうか?
WESTERN DIGITAL WD20EFRX (2TB SATA600) [amazonで見る]
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
自作パソコンは楽しいですよ。
[当ブログについて]

メニュー

はじめに

おすすめのパーツ

自作パソコンの組み立て

BTOでほぼ自作!

まとめ