静かで速い自作パソコンを紹介しています。

menu

速い静音PCを組みました!自作パソコンで使ったパーツまとめ

速い静音パソコンのパーツ「CPU」

[2019/09/15追記]
ブログを見て頂き、ありがとうございます。
 
このブログは「Core 2 DuoからCore i7に変えて高速化」を紹介していましたが、
いまとなってはひと昔前のスペックになってしまいました。
 
なので、これから新しく作られるお方にはおすすめできません。
既に売っていないパーツもありますし。。。
 
 
最近は、高性能・静音に加えて、4KゲームやVRというキーワードが出てきました。
CPUとGPUが重要なんですが、パーツにはいろんな組み合わせがありますので、
セットで購入できると安心です。
 
限りなく自作に近いBTOができる「VSPEC」を紹介しておきます。
 
 
CPUは、パソコンの頭脳といえるものです。
 
CPUの性能で、動画のエンコード時間やいわゆる「重たい処理」と言われるものの処理時間、ゲームしているときの「軽さ」などが決まってきます。
 
速いものが欲しい場合は、クロック数(周波数)が高いもの、コア数が多いもの、を選択しておけば、とりあえずは問題ないでしょう。
 

スポンサーリンク

CPU

私が実際に購入したアイテムを紹介します。
 

Intel CPU Core i7 3770 3.4GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770【BOX】

あこがれの8コア表示!
164-2.png
 
動画のエンコード時には、8コアが大活躍してくれます。
すべてのコアがフル稼働しているのはテンション上がります!
165-6.png
 
エンコード中でもCPU温度が低いのはありがたい。
165-7.png
 
基本的に、温度が低いということは、省エネにつながりますので。

まとめ

これまでの経験から思うと、CPUは高性能なものを選択しておけば間違いないです。
 
一度、検討されてはいかがでしょうか?
 
スポンサーリンク


速い静音パソコンのパーツ「マザーボード」

速い静音パソコンのパーツ「CPUクーラー」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
自作パソコンは楽しいですよ。
[当ブログについて]

メニュー

はじめに

おすすめのパーツ

自作パソコンの組み立て

BTOでほぼ自作!

まとめ