静かで速い自作パソコンを紹介しています。

速い静音パソコンのパーツ「CPUクーラー」

[2019/09/15追記]
[ad#blog-addinfo]

CPUクーラーは、パソコンのCPUを冷やす扇風機です。

実際には、CPUに「ヒートシンク」と呼ばれる金具がくっつき、熱くなったヒートシンクを「CPUファン」が冷やす、という構造になっています。
 
ヒートシンクはCPUに直接つながってますので、この性能が高ければ、効率的にCPUを冷やすことができます。
 

スポンサーリンク

CPUクーラー

私が実際に購入したアイテムを紹介します。
 
 
リテールのCPUクーラーを外して、これを付けています。
ヒートシンクがかなり大きいですのでケースに入るか心配でしたが、良い感じで納まりました。
 
5時間くらいアイドル状態にして、マザーボード標準ツールのAI Suite IIで測ってみました。
 
164-3.png
 
さすがに大きいだけあって冷えますね。
 
CPU温度が25.0度って。。
 
 

まとめ

冷却性は抜群です!
 
さすがにヒートシンクがこれだけ大きかったら、冷えますねぇ。
 
一度、検討されてはいかがでしょうか?
 
スポンサーリンク


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

速い静音パソコンのパーツ「CPU」

速い静音パソコンのパーツ「CPUファン」

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
自作パソコンは楽しいですよ。

[当ブログについて]

メニュー



はじめに

 



おすすめのパーツ

 



自作パソコンの組み立て

 



BTOでほぼ自作!

 



まとめ