Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

ARCHIVEだーしゅ

Excelで #N/A や #DIV/0! などのエラー表示を消したり別の文字に変えたい!ISERROR関数

この記事で、2つの一覧の値をVLOOKUP関数で確認しました。 確認はできたのですが、一覧の中に「#N/A」というエラーが表示されてしまいました。 この「#N/A」は、無い・使えない、という意味でしたね。 このままでも良いんですが、せっかくなので消してみましょう。 別の文字を表示することもできますよ。

Excelで別の一覧に「同じ値の行」があるか確認したい!VLOOKUP関数

2つの一覧があって、片方の値がもう片方にもあるか?を確認したい時がありますよね。 例えば、「ゲーム機の一覧A」と「持ってるゲーム機の一覧B」がある場合、AにBが含まれているかを知りたい場合です。 「=(イコール)」では、全ての行を比較するのが大変ですし、「検索(CTRL+F)」で一つ一つ探すのはもっと大変。 そんな時、「VLOOKUP関数」が便利です。  本来は、一覧のデータを使って自動入力してくれる便利関数なんですが、こんな使い方もできますよ。

簡単にExcelファイルを「読み取り専用」で開く方法!新規作成で開くだけです

共有してないExcelファイルを開くと、ロックがかかります。 ロックがかかると自分だけが修正できるようになるので安心なんですが、 「ちょっと内容を確認したい!けど他の人が修正するかも。。。」 と言った時には少し困ります。

行や列の連続したセルを繰り返して処理したい!Excelマクロ(VBA)のFor~Next文

Excelのデータは、行と列のセルが集まってできています。 例えば、連続したセルの値を取得する時、 var 1gyoume = Cells(1,1).Value ‘ 1行目のセルの値 var 2gyoume = Cells(2,1).Value ‘ 2行目のセルの値 var 3gyoume = Cells(3,1).Value ‘ 3行目のセルの値 のように一つ一つ指定しても良いですが、たくさんの行がある時は大変です。 面倒くさいですし。 そんな時、For~Next文を使うと繰り返し処理が簡単にできますよ。

セルの値を取得したい!設定もしたい!Excelマクロ(VBA)のCells関数のValueプロパティ

セルの値を取得したり、設定したりする時には Cells関数のValueプロパティ を使います。 マクロ(VBA)にはたくさんの関数がありますが、 とりあえず、このCellsを覚えておけばなんとかなりますよ。

ExcelでVBA(マクロ)のプログラムを入力する画面を出す方法!実行もできますよ

Excelはセル関数を使うことで、簡単に合計値の計算やカウントができます。 SUM関数やCOUNTA関数などを一度は使ったことがあるのではないでしょうか? この「セル関数」は簡単で便利ですが、 少し複雑なことをしたくなると、逆に難しくなってしまうことがあります。 1つのセルに書ける関数は1行なので、見づらくなりますし。

Excelだけで透過pngや透過gifの画像ファイルを拡大・縮小する方法(サイズ変更)

この記事では、Excelだけで透過pngの画像ファイルを作成する方法を紹介しました。 これで作成した画像ファイルのサイズを変更したい場合、 Excelファイル側でサイズを変更して、再度、透過ファイルを作れば良いのですが、 透過画像のファイルしか残っていない場合はどうすれば良いでしょうか? GIMPなどの画像ソフトを使えばできるんですが、 この記事ではあえてExcelだけで拡大・縮小する方法を紹介してみます。 もちろん、透過の状態はそのまま保持されますよ。

Excelだけで透過pngの画像ファイルを作成する方法

ブログやホームページを見ていると、 画像の一部が透明になった画像ファイルを良く見かけます。 「透過画像ファイル」というものですね。 PhotoshopやGIMPなど、専用の画像ソフトを使えば簡単に作れるのですが、 ソフトを購入・インストールしたり、操作方法を覚えるのに時間がかかったりします。 「Excelしかないけど、時間をかけずにそれなりの透過ファイルを作りたい!」 という時もあると思います。 この記事では、画像ソフトを使わずに Excelだけで透過pngの画像ファイルを作る方法を紹介します。

Excel2010,2013で文字だけでなくセルの書式(色・フォント・サイズなど)でも検索する方法

Excelで「何かの文字」を含むセルを探す時、検索機能が便利です。 CTRL+Fキーやリボンの「検索と選択」を使います。 シート内だけでなく、ブック内の別シートも検索できるので重宝してます。 そんな便利な検索機能ですが、実は文字だけでなく、 フォントの色・サイズや種類、セルの背景色などの書式からも検索できるんです。 これを使うと、 「自分で作った色をセルに設定したけど、どこにあったっけ?」 「フォント設定を間違えた!このフォントはどこで使われてるんだろ。。。」 なんて時に素早く探すことができますよ。

さらに記事を表示する

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • kongaragatta { だーしゅさん、ご返事ありがとうございます。 まずは、だーしゅさん案で自分なりにできるかどうかトライしてみます。 } – 7月 03, 6:35 AM
  • だーしゅ { 言葉が良く無かったですね。 「O列がFOR文の最初の位置になる」のような意味でした。 実現するにはいろんな方法があると思います。ご参考まで。 } – 6月 29, 5:37 PM
  • kongaragatta { だーしゅさん、案をありがとうございます。 なるほど!月数を取得するやり方は考えていませんでした。やはり自分だとスキルに限界があるのでどうも柔軟に考えにくいですね。 ひとつ質問ですが、「O列を起点とし、年月を固定的に設定」の”固定的に設定”とはどのように設定するということでしょうか? } – 6月 29, 8:04 AM
  • だーしゅ { kongaragattaさん、コメントありがとうございます。 いろんな方法があると思いますが、思いついた案を書いておきますね。 ・DATEDIF関数で開始年月日と終了年月日の月数を取得 ・O列を起点とし、年月を固定的に設定 ・FOR文で「月数」の数分、セルを右方向に移動 →開始日と同じ年月の場合、●を表示 →IF文で一つ目と判断した場合、〇を表示 →3ヵ月単位はMOD関数で判定 いろいろお試しくださいね。 } – 6月 28, 4:59 PM
  • kongaragatta { だーしゅさん、こんにちは 現在、手作業でExcel作表しているものを少しでも自動化したいと考えています。但し、VBAやマクロは初心者のため、だーしゅさんに是非アドバイスやお力添えをいただければと思います。 L列:開始年月日(原則、当該月の1日)、M列:終了年月日(原則、開始年月日より2年後の月末)、O列~:L列の開始年度及び1~12月の各列があります。L及びM列は、更新されます。 全体件数としては、250件程度。 L列の開始月をキーにO列以降の3か月ごとに黒丸の記号を入力したい。但し、初回の月は、白丸の記号。たとえば、開始年月日が2018/6/1ならばO列には2018年度の6月列に白丸の記号がつき、9月列及び12月列、翌年の2019年度3月に黒丸記号のように、それがM列の終了年月日まで表示したい。 何か良い案があったらご教示ください。よろしくお願いします。 } – 6月 28, 6:11 AM
  • MIZUMIZU { だーしゅさん ご連絡ありがとうございます。こちらで試してみます。また解らないときはご連絡いたします。お手数をお掛けいたします。 } – 6月 04, 2:23 AM