Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelでオブジェクトをその他方法で配置する方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
ここでは、オブジェクトの配置コマンドのうち、「その他の設定」についてまとめています。必要に応じて、オン・オフすれば良いと思います。
 

操作方法

(1) 枠線に合わせる

オブジェクトを新規に配置する場合、セルの枠に沿って配置される。
 
このコマンドがオンの状態でオブジェクトを新規に配置すると、シート内のセルの枠(罫線の部分)にオブジェクトの線が合うように配置されます。配置後にオブジェクトをマウスカーソルで移動する際も同じです。
 
やってみるとわかるのですが、「セルの枠にオブジェクトがぴたぴたと吸い付く」ような感覚でしょうか。
 

(2) 図形に位置を合わせる

上記の「枠線に合わせる」と同時に使用され、他の図形の枠線に「いま操作している図形」を合わせることができる。
 
このコマンドは、「図形と図形と重ねて表示させたいが、うまく合わさってくれない」時に使います。オンにしておくと、ぴたっと図形が合わさります。
 

(3) 枠線の表示

シート内のセルの枠線のオン・オフを切り替える。
 
シート内の全てのセルの「枠線の色を白色に変更」しても同様のことができるのですが、一時的に枠線を消したい場合などはこちらの方が便利ですね。
 

まとめ

オブジェクトの整列や配置の方法は、ここまでです。
 
Excelのファイルに図形を貼り付けたい場合、Microsoft Visioなどの描画ソフトを使うともっときれいに細かなことができるのですが、Excelだけでも十分図形は書けます。
 
そんな時にこれらの方法を使ってみてはいかがでしょうか。 
 
スポンサーリンク


Excelのおすすめショートカットキー「行と列の選択」2個

Excel2010,2013でハイライトっぽく検索結果の背景色を変更する方法

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]