Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excel2010,2013でハイライトっぽく検索結果の背景色を変更する方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
Excelシートに文字がたくさん入力してある場合、テキストエディターのように「ある文字で検索し、検索文字を含むところを色替えしたい」ことはありませんか?
 
例えば、私が愛用している秀丸(シェアウェアのテキストエディタ)の場合、「検索文字列を強調」という機能をオンにしておけば、検索文字がハイライト表示されるようになります。この機能は非常に便利ですよね。
 
残念ながら、現在のExcelにはそのような機能は無いのですが、少しだけ近いようなことができますのでまとめてみました。
(Excelの次バージョンでは、検索結果のハイライト表示を希望します!)
 

はじめに

以下の方法は「検索結果のセルを一時的にハイライト」する訳ではなく、実際に色替えしています
 
ですので、「作業用に、ある文字を含むセルを洗い出したい。けど、実際に色替えはしたくない」場合は、シートやセルを別にコピーしておき、そちらで試してくださいね。
 
もちろん、本当に色替えをしてしまいたい場合はそのままで良いですよ。
 

操作方法

以下のように入力されているセルのうち、「あはは」という文字を含むセルを黄色に色替えしてみます。
 
 
色替えを行う範囲を選択する。シート内の全てを対象にしたい場合は、選択する必要はありません。
 
 
リボン – ホーム – 検索と選択 – 置換」をクリックする。ショートカットキーを使われる場合は、「CTRL+Hキー」ですね。
 
 
検索と置換」ダイアログが表示されるので、オプションボタンをクリックする。
 
 
詳細な条件が入力できるようになるので、「検索する文字列」に「あはは」と入力し、「置換後の文字列」の「書式」ボタンをクリックする。
 
 
書式の変換」ダイアログの「塗りつぶし」タブを選択し、背景色で「黄色」を選択する。
その後、OKボタンをクリックする。
 
 
置換が行われました。
 
 

確認してみる

セルを確認してみると、「あはは」を含むセルの背景色が黄色になっていますね。
 
 
ちなみに、「書式の変換」ダイアログで他の書式を用いると、以下のように文字色を赤色にする、なんてこともできます。
 
 

まとめ

上記では、「ある文字を含む」セルの色替えを行いましたが、検索条件には「セルの背景色が青色で・・・」や「文字サイズが8で太字で・・・」などの指定もできます。  
 
いろいろ試してみてはいかがでしょうか。  
 
スポンサーリンク


Excelでオブジェクトをその他方法で配置する方法

Excel2010,2013でオブジェクトをコピーする3つの方法

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { コメントありがとうございます。 Excelはいろいろ使えて便利ですね。 少し裏技っぽいですが、こんな方法もあるということで。 } – 7月 16, 9:58 AM
  • { pngファイルのやり方はこんなに簡単って、知らなかった。 本当に勉強になりました。 ありがとうございます。 } – 7月 16, 4:12 AM
  • だーしゅ { KKKさん、コメントありがとうございます。 一度貼り付けてから、「▼マーク(貼り付けのオプション)」で再度貼り付けるんですね。 「図のリンク貼り付け」がうまくいかない場合、試させて頂きます! } – 10月 18, 4:50 AM
  • KKK { 図のリンク貼り付けがうまくいかず(データを貼り付けできませんエラー)何度もやると時々成功するというおかしなトラブルに困っておりました。ところが偶然下記のやり方で解決いたしましたので参考までに書かせていただきます。 コピー→値(V)貼り付け→すると張り付けたセルの横に(貼り付けオプション(Ctrl)のマークが出ますので、個々の右下の▼マークをクリックして今度は図のリンク貼り付けマークをクリックするとできることを発見しました。困っている方はお試しください。 } – 10月 18, 1:02 AM
  • kongaragatta { だーしゅさん、ご返事ありがとうございます。 まずは、だーしゅさん案で自分なりにできるかどうかトライしてみます。 } – 7月 03, 6:35 AM
  • だーしゅ { 言葉が良く無かったですね。 「O列がFOR文の最初の位置になる」のような意味でした。 実現するにはいろんな方法があると思います。ご参考まで。 } – 6月 29, 5:37 PM