【キャンプ】焚き火とガスランタンで癒されたい!キャンプ用品で買った物まとめ

キャンプに行きます!
 
子供の頃、何回かキャンプに行った記憶がありますが、大人になってからは初めてのキャンプになります。
 
キャンプと言えば「テント、飯ごう、懐中電灯」のイメージ。
けど最近は、便利で使えるアイテムが沢山あるようです。
 
本やネットで必要なアイテムを調べつつ、いろいろと購入しました!
 
既に持っていたり購入してる物もあったので、整理してまとめています。
 
 
[追記]
いろいろ届きました!
使うのが楽しみですよ。

スポンサーリンク

(1) 今回は買わない物

まずは、今回は購入しない物です。
 
最近はキャンプ用品のレンタルもあるので、それで済ますのもアリですね。
 
  1. テント
    今回行くキャンプ場(サイト)はテントが設営済みのタイプ。
    なので、テントは必要ありません。初心者にはありがたい。
     
    そのうち、自分が好きなテントを買いたいですね。
    インナーテントが良さげ。
  2. タープ
    テントが「寝室」とすると、タープは「リビング」らしい。
    確かにタープの下にチェアを置けばのんびりできそう。
     
    今回は必要ないかと思ってましたが、雨が降った時はタープがあった方が良いのかな?
    とりあえず買わない方向で。
  3. クーラーボックス
    今持ってるクーラーボックスは、少し小さ目。
    500mlのペットボトルは数本入りますが、2Lはちょっと厳しい。
     
    7月の気温にもよりますが、二回りほど大きいがあれば安心です。
    キャンプだけでなく他にも使い道はありますし。
テントは高い買い物になるので、一度キャンプに行ってからじっくり検討したいですね。
 
スポンサーリンク

(2) 既に持ってる物

LEDライトは以前に買ったのが使えそうです。
 
キャンプで使うことになるとは思いませんでしたよ。
 
  1. LEDライト

    パトリオ6 GP-6BK


    GENTOS スーパーファイアXキューブ SF-152X3
     
    どちらも結構昔に買ったライトですが、今でも十分使えます。
    手持ちのLEDライトはこれで良いでしょう。

  2. LEDランタン

    GENTOS エクスプローラー EX-757MS
     
    買った当時は十分明るいと思ってましたが、取り出して使ってみると少し暗い。 
    「一人用のランタン」なら十分かも知れませんが、キャンプの事を考えると、もっと明るくて72時間も持つ「EX-777XP」が良いかも知れません。
もう一つの候補としては、コールマンの「クアッドマルチパネルランタン 2000031270」。
本体からの「発光パネル」を取り外してライトとして使えるのが便利そう。
 
LEDランタンは、もう少し考えよう。
 
[2018/06/25 追記]
LEDランタンは「EX-777XP」を買いました。
やはり単一電池3本あると、明るい+長時間持ちますね。
※紹介記事はこちら
 

(3) 最近買った物

ゆるキャンを見て、速攻で買ったアイテムです。
 
  1. シングルバーナー

    岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
     
    ガスカセットを使うタイプです。
    コンパクトですぐ設置できるので、コーヒーやココアなど暖かい飲み物がすぐ作れます。
  2. 小さいテーブル

    キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル ケース付 M-3713
     
    使いどころは分かりませんが、とりあえず持っていきます。
    キャンプ場までは車で行くので、少しくらい荷物が増えてもOKですし。
  3. 小さいコッヘル

    コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット 2000012957
     
    900mlと400mlの鍋です。
    今回はお湯を沸かすのに使う予定。
  4. マット
    8mmの銀マットを近所のホームセンターで購入しました。1枚1500円程度。
    大きさは100cm x 200cmなので、そこそこ大きい。
     
    15mmの極厚タイプもありましたが、かなりかさばるのでコレにしました。
    エアーマットやもっとしっかりしたマットもあるようですね。
どちらかといえばソロキャン用ですが、普通のキャンプにも使えます。
お湯を沸かすのは得意です!
 

(4) 今回買った物

さて、これからが本題です!
 
キャンプ用品はメーカーだけでなく、アイテムがたくさんあって悩みます。
ここに書いてるのは、キャンプ本を見たりネットのレビューを読んだりして、決めたアイテムです。
 
気づいたらキャンプ本を4冊も買ってましたよ。。。
 
  1. 焚き火台

    ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040
     
    キャンプの目的の一つに「焚き火」があります。
    焚き火台もレンタルできるらしいのですが、専用の焚き火台が欲しい!
     
    この焚き火台は、頑丈なのと焼き網が付いてるのでお得です。
     
    これならちょっとしたBBQもできますね。
    コッヘルかスキレットを置けば炒め物も!

  2. 焚き火台の収納ケース

    ユニフレーム ファイアグリル収納ケース 683187
     
    ファイアグリルの収納ケースは別売りなんですね。
    適当なケースで代用できそうですが、サイズが合ってる専用品にします。
  3. 薪ばさみ

    ユニフレーム 焚火トング 665701
     

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レスト大型炭バサミ450mm M-7638
     
    ユニフレームはステンレス鋼、キャプテンスタッグは亜鉛めっき鋼板。
    なんとなく丈夫そうなユニフレームが良いかな。 
  4. 着火剤

    ロゴス(LOGOS) 着火剤 固形燃料 エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4 ecoなヤシガラ炭
     
    薪や炭に火をつけるには「着火剤」があった方が良いらしい。
    この着火剤はマッチだけでも着火できるようですね。
     
    しかも着火剤なのに「1個でステーキ4枚以上焼けるパワフルな火力」なので、ちょっとした調理にも使えます。
    初心者なので買っておいて損は無さそうです。 
  5. 火おこし器

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 折りたたみ 火おこし器 炭焼き名人 FD M-6638 
     
    着火剤はありますが、今後のことを考えると火起こしの練習もしておきたい。
    折りたたむと超薄くなるので、持ち運びにも便利ですね。 
  6. ガストーチ

    ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1] 
     
    薪や炭に火をつける時に使います。
     
    チャッカマン的な物ではちょっと火力不足ですが、これなら温度も1,300度、炎が噴き出すので風が吹いてても安心、そして先端を75mmまで伸ばせます。
     
    一番のポイントは「カセットガスから燃料を充てんできる」ことです!
    購入済みのジュニアコンパクトバーナーは、燃料にカセットガスを使うので都合が良い。
    夏場には手持ち花火の火付けにも使えそう。 
  7. 手斧

    ハスクバーナ 手斧 38cm 576926401 
     
    焚き火用の薪は使いやすいサイズになってると思うので、斧は必要ないかも知れません。
    けど、薪を更に小さく割る時には斧があると便利そう。
     
    この手斧は38cmと手頃なサイズ。
    購入するか検討中です。 
     
    [2018/06/25 追記]
    今回は購入しませんでした。
    キャンプ場には、既に割ってある薪が売ってますので。
    けどいつか自分でも割ってみたい。
  8. ナイフ

    モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG
     

    Nikatto ナイフ フォールディングナイフ 折りたたみナイフ F62 (ライナーロック式)
     
    斧が無くてもナイフで薪を割る「バトニング」という方法もあるらしい。
    確かに丈夫なナイフならできそうですね。
    手斧と同じで購入を検討中。 
     
    [2018/06/25 追記]
    今回は「モーラ・ナイフ」にしました。
    折り畳みではなく、鞘に入れるタイプで。
  9. ガスランタン

    コールマン ランタン 2500 ノーススターLPガスランタン グリーン 2000015520 【日本正規品】
     
    LEDランタンは持ってますが、光量がちょっと心配です。
    「更に大光量のLEDランタン」も考えましたが、ガスランタンというのがあるらしい。
     
    これは200W相当、1,543ルーメンとかなり明るい!
    燃料に大き目の470g缶を使えば、4~8時間は持つようです。
    ランタン用に予備を持っていけば大丈夫でしょう。
     
    焚き火と同様、趣味の部類に入るかも知れませんが、だからこそ買いたい一品。
    ランタンスタンドもあった方が良いのかも。 
  10. 交換用マントル

    コールマン マントル(95型) 95-102J
     
    マントルは「光源となる発行体」。
    ろうそくの芯みたいなものですね。
     
    消耗品なので予備を買っておきます。
    どうやら、空焼き?したマントルは脆くなるようです。 
  11. ルミエールランタン

    コールマン ランタン ルミエールランタン 205588 【日本正規品】
     
    ゆるキャンで見て気になってたアイテム。
    これもガスランタンですが、マントル不要でガスの炎で明るくなります。
     
    光量は低いので、サイトを明るくするというより、テーブルに置いて揺れる炎を楽しむもの。
    通常サイズの230g缶で、28~38時間持つのはありがたい。
     
    これは絶対に買わないと! 
  12. ガス燃料

    コールマン 純正LPガス燃料 Tタイプ 230g 5103A230T
     

    コールマン 純正LPガス燃料 Tタイプ 470g 5103A470T 
     
    ガスランタン用の燃料です。
    とりあえず一つずつ買っておきます。
    余裕があればもう一つずつ。 
  13. ヘッドライト

    GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト 【2017年モデル/明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/防滴】 CP-095D ANSI規格準拠 
     
    LEDライトは既に持ってますが、夜にトイレ等で歩く時は両手が使えた方が良いですね。
    便利そうなので買う事にしました。
    GENTOS製なので品質も安心。
    ※紹介記事はこちら
  14. 寝袋

    Coleman(コールマン) パフォーマーIII/C5 (オレンジ) 2000032337
     

    コールマン 寝袋 フリースフットイージーキャリースリーピングバック/C0 [使用可能温度0度] 2000031097 
     
    テントは設営済みですが、さすがに寝袋は付いてません。
    レンタルも考えましたが、そこそこ安いのもあるので買う事にしました。
     
    いま考えているのが、コールマンの「パフォーマーIII/C5」か「フリースフットイージーキャリースリーピングバック/C0」のどちらか。
    「C」の後の数字が「使用可能温度(快適温度)」らしい。
     
    C0の方が高性能っぽいですが、7月で寒くないと思うので「パフォーマーIII/C5」でしょうか。
    重量も1.4kgと2.6kgとかなり差がありますし。
     
    暑い場合を考えて、タオルケットも持っていく予定です。
    その時は、このシュラフをマットとして使おう。
     
    [2018/06/25 追記]
    スリーシーズン使えそうな「パフォーマーIII」にしました。
    「フリースフット」は、ハイシーズンにはちょっと暑そうですし。
    ※紹介記事はこちら
  15. チェア

    ロゴス アウトドアチェア neos バックホールドチェア・クールプラス 73174007
     
    チェアはいくつか持ってますが、どれもサイズが小さいので座り心地が良くありません。
    せっかくなので、チェアも買う事にしました。
     
    このチェアは、ハイバックなのと、背もたれが丸くなってるので腰に優しそう。
    背面後方にメッシュポケットとドリンクホルダー(保冷能力付き)があるのも便利です。
     
    アームレストがちょっと細いのと、重量が5.4kgなのは気になるところ。
    これが一番の候補ですが、もう少し他のチェアも探してみます。
     
    [2018/06/25 追記]
    買おうとした時には「この商品は現在お取り扱いできません」となってました。残念。
    代わりに購入したのが「コールマン チェア レイチェア グリーン 2000026745」です。
    こちらも評価が高かった。
  16. テーブル

    コールマン テーブル ナチュラルモザイクリビングテーブル/90プラス 2000026752

    コールマン テーブル ナチュラルモザイクリビングテーブル/120プラス 2000026751
     

    コールマン テーブル ナチュラルモザイクリビングテーブル/140プラス 2000026750
     
    作業するにも何かを食べるにも、必ずテーブルが必要です。
    キャンプサイトに設置されてるかも知れませんが、一つあれば何かに使えそう。
     
    このテーブルは高さを70cmと40cmに切り替え可能なので、キャンプのスタイルで使い分けできます。
    テーブルサイズは90cm~140cmで検討中。大きい方が良いのかな?
     
    [2018/06/25 追記]
    「120プラス」にしました。
    この記事に書いてますが、140プラスでも良かったかも。
  17. ハンギングネット

    コールマン ハンギングドライネット2 グリーン 2000026811
     
    購入する予定は無かったんですが、「焚き火の灰やホコリ、虫などから守ってくれる」と聞いて興味がわきました。
    食器を使った後、乾燥させたり置いておくのに重宝しそうです。
    使わない時は直径15cmの収納ケースに入ってしまうのもコンパクトで良い。 
     
    [2018/06/25 追記]
    今回は購入しませんでした。
    最初は、紙皿や紙コップを使う予定なので。
    今後は食器を揃えるのでこれを買いたい。
こう見ると結構たくさんありますね。
 
この他に食器なども必要ですが、まずは気になるところから選んでみました。
 

まとめ

はじめてのキャンプで買った物をまとめてみました。
 
キャンプ用品は本当にいろいろあって悩みますね。
考えて選んで購入するのがとても楽しい!
 
 
足りないものがあれば、追加で買っていきますよ。
使うのが楽しみです!
 
カテゴリー: キャンプ タグ: , , , ,
スポンサーリンク

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。