劣化するなんて!SATAケーブルを交換するとパソコンが毎回起動するようになりました

 
パソコンが起動しないことがあって困っていました。
電源を入れた時、数回に一回は「Reboot and Select proper boot device」が表示されて起動してくれません。
 
ちょうどグラボを買い替える必要があったので、電源ユニットを新しくしましたが症状は変わらず。電源ユニットの可能性も考えていたんですけどね。。。
 
だめもとで、SATAケーブルを新しいものと交換してみると、毎回起動するようになりました!
 
SATAケーブルが劣化するなんて。。。
 


(1) L型で抜けにくいSATAケーブル

購入したのは、UGREEN製のSATAケーブルです。
ケーブルを交換する機会はなかなか無いので、3本セットにしました。
 
片方がL型になってるので、SSDやHDDに付ける時に便利。
しかも両方ともラッチ付きなので、抜けにくくなってます。
 

(2) 毎回起動するようになった!

早速交換です。
 
システムドライブになっているSSD用のSATAケーブルとその他の古そうなケーブルを交換しておきます。
ラッチがあるのでしっかりはまりますね。
 
 
パソコンの電源を入れて見ると。。。
 
ちゃんと起動するようになりました!!
交換のあと、10回ほど電源オンを試してみましたが、すべて一回目で起動してくれました。
 
これで電源ボタンを何回も押す必要が無くなりましたよ。
 

まとめ 

パソコンが起動しないことがあって困ってましたが、SATAケーブルを交換すると直りました。
 
交換した古いケーブルは6~7年は使っていたので、経年劣化かも知れません。けど、LANケーブルなら断線などが起きるのは分かるんですが、PCケース内で挿してるだけのケーブルでも劣化が起きるものなんですね。
 
最悪パターンとして、マザーボードの買い替えも考えてたので、ケーブル交換だけで済んで本当に良かったですよ。
 
これで快適です!
 
 
スポンサーリンク
タグ: うれしい, パソコン, 解決


タグ: うれしい, パソコン, 解決

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。