Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法 [あまおとろぐ]

Excel2010,2013クイックアクセスツールバーのおすすめコマンド「罫線の操作」9個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
クイックアクセスツールバーのコマンドを使えば、罫線の操作がすばやくできますよ。
罫線は表などの作成にかかせませんね。
 

スポンサーリンク

もくじ

この記事では、以下のコマンドについてまとめています。
  • 上罫線の表示/非表示
  • 左罫線の表示/非表示
  • 下罫線の表示/非表示
  • 右罫線の表示/非表示
  • 外枠
  • 罫線(内側)
  • 横罫線(内側)
  • 縦罫線(内側)
  • 枠なし

スポンサーリンク

罫線の操作

(1) 上罫線の表示/非表示 20120401_icon_14.gif
(2) 左罫線の表示/非表示 20120401_icon_15.gif
(3) 下罫線の表示/非表示 20120401_icon_16.gif
(4) 右罫線の表示/非表示 20120401_icon_17.gif
 
コマンド名の中に「表示/非表示」とあるように、実行する度に罫線の表示・非表示が切り替わります。
 
これを使うことで、「一部分だけ罫線をつけたい。消したい」といった場合に使用します。
微調整用ですね。 
 
 
(5) 外枠 20120401_icon_18.gif
(6) 罫線(内側) 20120401_icon_19.gif
(7) 横罫線(内側) 20120401_icon_20.gif
(8) 縦罫線(内側) 20120401_icon_21.gif
 
「表示」だけで「非表示」がありませんが、表を作成する場合には良く使います。
 
とりあえず、「外枠」と「罫線(内側)」があれば簡単な表の罫線はかけます。
 
 
(9) 枠なし 20120401_icon_22.gif
 
セル内の全ての罫線を消します
 
単一のセルに使うというよりは、複数のセルを選択しておき、
値はそのままで罫線だけを一気に消したい場合などに良く使います。
 
罫線の消しゴム的な感じで。 
 
 

まとめ

コマンドの「罫線の操作」はここまでです。
 
これだけコマンドがあれば、一通りの表は作成できると思いますよ。
 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Y Yoko
    • 2014年 7月 14日

    エクセル2013ですが、罫線の表示コマンドはありますが、表示/非表示コマンドが見当たりません。2010ではおっしゃる通り実行する度に罫線の表示・非表示が切り替ったのですが、2013になってからは何度押しても表示のままです。表示/非表示コマンドの所在をご教示頂けると助かります。

    • だーしゅ
    • 2014年 7月 14日

    Yokoさん、コメントありがとうございます。
    罫線の表示・非表示コマンドですが、Excel2013にもありますよ。
    クイックアクセスツールバーのカスタマイズ画面で「すべてのコマンド」を選択します。
    「上罫線の表示/非表示」の場合、だいたい下から1/4の辺り、数で言えば下から318個目くらいの位置にありますよ。
    その他のコマンドも地道に探せば見つかると思います。
    どうしても見つからない場合、下に書いた記事のファイルでインポートしてみてください。
    既に設定されている場合、上書きしますので事前にエクスポートするなどで対処くださいね。
    ■Excel2010,2013用クイックアクセスツールバーのおすすめ設定はこれです(ダウンロードあり)
    http://junbr.raindrop.jp/excel/entry339.html

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { abcさん、コメントありがとうございます。 この記事で書いている「コピー」は、 ------------------------------------ 既に設定されている「セルやフォントの色」を Excelの「塗りつぶしの色」や「フォントの色」機能に設定する ------------------------------------ という意味で使っています。 なので、コピーした色をはりつけるときは、 リボン上にある「塗りつぶしの色」や「フォントの色」アイコンをクリックすれば良いですよ。 一度お試しくださいね。 } – 3月 26, 7:47 AM
  • abc { コピーした色を張り付ける方法がわからない。 } – 3月 26, 7:17 AM
  • だーしゅ { YUUKO26さん、コメントありがとうございます。 求めていた計算式があって良かったです。 >こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合 ですが、COUNTIFS関数を使うと良いです。 COUNTIF関数に「S」が付いただけですが、 複数の項目を扱うことができます。 例えば、 =COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0 とすると、「田」と「子」がある場合、TRUEになります。 これを使って、該当がなければ空欄、であれば、 = IF( COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0, "○","" ) という感じですね。 式が分かりにくくなった時は、 一度、分解してみると良いですね。 } – 11月 14, 2:00 PM
  • YUUKO26 { 初めまして。まさに求めていた計算式でしたので、感動のあまりコメントさせていただきました! 本当にありがとうございます^^ ちなみに、こちらの式ですが、 こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合、どのような式にすればよろしいでしょうか? 詳しく例を申し上げますと、ある列に田と子がある場合は○と示し、該当がなければ空欄としたい。。というかんじです。もしお教えいただけるようであればよろしくお願いします>< } – 11月 14, 8:57 AM
  • だーしゅ { 匿名さん、コメントありがとうございます。 解消されたようで良かったです。 } – 9月 12, 3:45 PM
  • { 長年の疑問が解消しました。ありがとうございます。 } – 9月 05, 5:00 AM