Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excel2010,2013で複数の行挿入・削除を一回のショートカットキーで行う方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
複数行を一気に削除・挿入したい場合もショートカットキーでできます。
 

操作方法

例えば、4行目と5行目の間に3行挿入したい場合、3セル分を縦に選択し、挿入コマンド(以前の記事では、ALT+数字1キーに設定)を押します。
 
すると、3行が挿入されます。
 
 
セルを選択する場合は、以下の図のように列の位置はどこでも良いです。
 
セルでは無く、行を複数行選択しても同じことができます。
 
 
複数行の削除も操作内容はほぼ同じですね。
 
削除したい行数だけセルを選択し、削除コマンド(以前の記事では、ALT+数字2キーに設定)を押します。
 
 

まとめ

挿入・削除コマンド(ALT+1や2キー)を複数回連打しても可能なのですが、追加・削除したい行数が多い場合は、若干スマートにできると思います。  
 
スポンサーリンク


Excelでオブジェクトを上下や左右に整列して配置する方法

Excel2010,2013クイックアクセスツールバーのおすすめコマンド「罫線の操作」9個

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]