Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excel2010,2013で行の挿入・削除を一回のショートカットキーで行う方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
Excel 2010 で行を挿入・削除する場合、マウス操作でもできるのですが、キーボードから手を離したくない時がありますよね。
 
そんな時、ショートカットキーで「挿入・削除」ができると便利です。
 
 
そこで、Excelの標準ショートカットを探したのですが見つかりませんでした(どこかにある?)。
 
無いものは仕方ないので、既存機能を組み合わせてやってみました。
 

設定方法

クイックアクセスツールバーで右クリックし、「クイックアクセスツールバーのユーザ設定」を選択する。
 
 
左側のリストより、「シートの行を挿入」と「シートの行を削除」を選択し、「追加」する。
 
 
クイックアクセスツールバーにアイコンが2つ追加されました。
 
これで下準備ができました。
 

操作方法

このアイコンをマウスでクリックすると、挿入と削除ができるのですが、やはりショートカットキーでやってしまいたいです。
 
ここで ALTキーを一回押して見てください。下の図の様に、アイコンの隣に番号が表示されましたね。
 
 
ここがポイントなのですが、「クイックアクセスツールバー」に追加されたアイコンは、ALTキーと数字キーの組み合わせで実行できるのです。
 
つまり、「ALT+数字1キー同時押し」で行の挿入、「ALT+数字2キー同時押し」で行の削除ができることになります。
やってみましょう。
 
 
A4セルでALT+1 キー同時押しすると、行が挿入されました。
 
A5セルでALT+2 キー同時押しすると、行が削除されました。
 
 

まとめ

「基本操作はキーボードでやりたい!」という方には便利だと思います。
 
一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


Excelでオブジェクトを上下や左右に揃えて配置する方法

セルの値を取得したい!設定もしたい!Excelマクロ(VBA)のCells関数のValueプロパティ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • KOUSUKE
    • 2014年 9月 15日

    行/列の挿入 → Ctrl+「+」、削除 → Ctrl+「-」は機能しないのですか?

    • だーしゅ
    • 2014年 9月 15日

    KOUSUKEさんコメントありがとうございます。
    確かにご指摘のショートカットキーでも挿入・削除ができますが、
    「右方向にシフト、行全体・・・」の確認画面が表示されます。
    1行ではなく、連続して実行したい時は一回のショートカットキーで実行できた方が楽なんですよね。
    状況によって使いやすい方法を選ぶのが良いと思いました。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]