Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。


menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法 [あまおとろぐ]

Excel2010,2013でオブジェクトを削除する3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
Excelで画像や図などのオブジェクトを削除したい時、どんな方法で削除していますか?
意外なキーでも削除できますよ。
 

スポンサーリンク

もくじ

  • マウスで削除する方法
  • キーボードで削除する方法1
  • キーボードで削除する方法2

スポンサーリンク

操作方法

(1) マウスで操作する方法
 
操作:オブジェクトの上にカーソルを移動し、右クリックメニューから「切り取り」をクリックする。
メモ:実際は「切り取り」ですので、クリップボードに入ります。ご注意くださいね。
 
20120413_excel_02.png
 
このマウスメニューには「削除」がないようですね。あっても良いと思うのですが、何か理由があるのでしょうか。。。
 
(2) キーボードで操作する方法1
 
操作:キーボードの「DELETEキー」を押す。
メモ:削除キーによる削除ですので、普通に削除できますね。当たり前ですか。
 
(3) キーボードで操作する方法2
 
操作:キーボードの「BSキー」を押す。
メモ:1つ前の文字を消すバックスペースキーですが、実はこのキーでも削除できます。
 

まとめ

私は「BSキーでの削除」を良く使います。
 
ちなみに、テキスト文字の場合でも、
文字を選択して、BSキー押す」ことで文字を消しています。
 
この方法の場合、「削除する文字を確認してから消せる」利点があると思うのですよ。
 
操作しやすい方法でオブジェクトを削除してみてくださいね。
 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { YUUKO26さん、コメントありがとうございます。 求めていた計算式があって良かったです。 >こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合 ですが、COUNTIFS関数を使うと良いです。 COUNTIF関数に「S」が付いただけですが、 複数の項目を扱うことができます。 例えば、 =COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0 とすると、「田」と「子」がある場合、TRUEになります。 これを使って、該当がなければ空欄、であれば、 = IF( COUNTIFS(A4,"*田*", A4,"*子*")>0, "○","" ) という感じですね。 式が分かりにくくなった時は、 一度、分解してみると良いですね。 } – 11月 14, 2:00 PM
  • YUUKO26 { 初めまして。まさに求めていた計算式でしたので、感動のあまりコメントさせていただきました! 本当にありがとうございます^^ ちなみに、こちらの式ですが、 こちらの式でいう【田】の部分の項目が2つ存在する場合、どのような式にすればよろしいでしょうか? 詳しく例を申し上げますと、ある列に田と子がある場合は○と示し、該当がなければ空欄としたい。。というかんじです。もしお教えいただけるようであればよろしくお願いします>< } – 11月 14, 8:57 AM
  • だーしゅ { 匿名さん、コメントありがとうございます。 解消されたようで良かったです。 } – 9月 12, 3:45 PM
  • { 長年の疑問が解消しました。ありがとうございます。 } – 9月 05, 5:00 AM
  • だーしゅ { ギイチローさん、コメントありがとうございます。 お役に立てたようで良かったです。 Excelは便利ですね。 } – 5月 24, 3:41 PM
  • ギイチロー { 記述の粒度適切、全長短くてちょうどいい、記述スタイル簡明。しばしば参照して、イロイロと大変に助かっています。ありがとうございます。このエントリ内容にはハゲしく感動しましたので、使わせてもらいっぱなしは申し訳ないなあ悪いなあという思いが湧き上がってまいりました。この機会に御礼申し上げます。 } – 5月 24, 7:31 AM