MTの記事やテンプレートをバックアップしておくと安心

130322-1156-1.png
 
MT(movabletype)のデータ、バックアップしてますか?
 
 
サーバがレンタルサーバやクラウド上にある場合、
マシンが故障してデータがなくなることはめったにありませんが、
データが壊れることはあります。
 
 
一番ありがちなのは、操作ミスで間違って削除した!ですね。
 
 
そんな時の為にデータ一式をバックアップしておくと安心です。
 
記事のデータだけでなく、テンプレートなどもバックアップしておくと、
なにか問題が起きた時に対処できますし。

ちなみに、私は記事を1つ書いた後にバックアップしています。
  • 何か問題があった場合、被害が最小限に押さえられる。
  • 一ヶ月に一回などと決めておいても忘れることがあるので、
    「記事を書いたらバックアップ」としておくと忘れにくい。
からです。
 
 
 
バックアップ方法は簡単です!慣れれば、数分で終わります。
 
 
ここでは、「とりあえずこれだけバックアップしとけば、何があっても大丈夫」
というものを紹介しておきます。
 
(1)は必須、(2)と(3)はできれば、といった感じでしょうか。
私は(1)~(3)のすべてバックアップしてますよ。
 
 
スポンサーリンク

(1)MTの管理画面からバックアップ

記事やテンプレート設定をバックアップします。
 
この形式の場合、リストア(バックアップから戻すこと)がしやすいです。
 
  1. MTの管理画面で「システム」を選択し、メニューの「ツール – バックアップ」を選択する。
     
  2. バックアップ対象は「すべて」、圧縮フォーマットは「zip」、出力ファイルのサイズは「分割しない」にしておく。
     
  3. 「バックアップを作成」ボタンをクリックする。
 
しばらくすると、ZIPファイルがダウンロードできます。
 
 
スポンサーリンク

(2)データベースのバックアップ

以下は、MySQLの場合です。
 
他のDBでも、同じような感じでバックアップできると思います。
 
  1. phpMyAdminの管理画面にアクセスする。
    ※ロリポップの場合、メニューの「Webツール – データベース」の「phpMyAdminを開く」ボタンをクリックする。
     
  2. ログイン画面で、「ユーザ名・パスワード・サーバの選択」を入力する。
     
  3. 画面上部のメニューバーから「エクスポート」を選択する。
    この時、「一般設定のカレントサーバ」欄でバックアップするサーバが選択されていることを確認しておく。
     
  4. エクスポート方法は「簡易 – 最小限のオプションだけ表示」、フォーマットは「SQL」、エンコーディングへの変換は「なし」で、実行ボタンをクリックする。
 
しばらくすると、SQLファイルがダウンロードできます。
 
 

(3)HTMLや画像ファイルのバックアップ

記事データやテンプレートがあれば、HTMLなどはバックアップする必要はないのですが、
.htaccessやその他のファイルはWebサーバ上にしかありません。
 
これもバックアップアップしておきましょう。
 
  1. FTPツールで、MTフォルダやブログ毎のフォルダをパソコンにコピーする。
 
ファイル数が多いとFTP転送に時間がかかりますので、
差分コピーができるFTPツールが便利ですね。
 
 
 
(1)~(3)のファイルやフォルダは、
「バックアップした日付を含むフォルダ」に保存しておきましょう。
 
 
※ このフォルダやその他のデータ含めて、バックアップしておくと更に安心ですよ。
※ 別ブログ『パソコンのバックアップ方法まとめ』をご参考にしてくださいね。
 
 
私も以前、間違った操作でMTのデータベースを消してしまったことがあります。
(普通はありえませんが。。。ありえました
 
とても焦りましたが、バックアップをとっていたのですぐに復旧できた経験があります。
 
 
まずは一回、バックアップしてみても損はありませんよ。
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: Movable Type タグ: , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント