車内でiPhoneの曲が聴けた!Bluetoothオーディオが超便利!カロッツェリアのFH-9200DVDでやってみました

20160625-1
 
車を運転する時、必ず音楽を聴いてます。
特に、疾走感がある曲だとドライブが楽しくなりますね。
 
 
車内で音楽を聴くためには、
「CDレンタル→MP3作成→USBメモリにコピー→車内で再生」
という手順が必要でした。
 
慣れてしまえばそんなに時間はかからないのですが、
新しいCDを借りてくるたび、ですので結構めんどくさい。
車までUSBメモリを取りに行くのも面倒なのです。。。
 
 
そして最近、新しいカーオーディオを購入しました。
カロッツェリアの「FH-9200DVD」です。
 
この機器、USBメモリからの再生だけでなく、
Bluetooth経由での再生もできるんです。
 
これがとても便利!

スポンサーリンク

対応機器があります

Bluetooth経由で音楽を再生するには、
スマホやタブレット側が「Bluetoothオーディオの規格」に
対応している必要があります。
  
カロッツェリアの公式サイト「プロファイル別対応機能」を見ると、
> A2DP:オーディオをワイヤレスで伝送するためのプロファイル
> AVRCP:AV機器をリモートコントロールするためのプロファイル
に対応してる必要がある、と書いてありますね。
 
最低限、A2DPに対応していると曲再生できそうです。 
 
 
あとはスマホ側の対応状況を確認します。
 
例えば、iPhone6の場合、
によると「A2DP+AVRCP Ver1.4」でした。
 
「プロファイル別対応機能」と合わせて見ると、
「音声伝送・選曲操作・情報表示」ができるという事に。
 
 
とはいえ、表中で「ー:一部対応」となってる部分については、
実際に試してみないと分からないようですね。
 
少なくともiPhone6では、
「音声伝送・選曲操作・情報表示」ができましたよ。
 
スポンサーリンク

機器登録してみる

まずは、FH-9200DVDにスマホを登録しておきます。
この登録作業は、最初の一回だけで良いですよ。
 
登録方法は簡単です。
 
  1. 画面右上の設定アイコン(歯車)をタップする。
    20160625-4
     
  2. 画面左下の「Bluetoothアイコン」をタップして、
    「☆機器登録/削除」をタップする。
    20160625-5
      
  3. 本体とスマホをペアリング操作して、機器を登録する。
    20160625-6 
    一覧に登録した機器が表示されてますね。
 
これで完了です!
 
繋がらない場合は、スマホ側のBluetooth機能がオンになってるかを確認しましょう。
それでもダメな場合、残念ながら非対応の機器かもしれません。
 
登録したいスマホが複数台ある場合は、同じことを繰り返せばOK。
3台まで登録できますよ。
 

曲を再生してみる

曲の再生も簡単です。
 
  1. FH-9200DVDの真ん中にあるボタン(■が4つ)を押し、「Bluetoothアイコン」をタップする。
    20160625-3
     
  2. スマホ側で音楽を再生する。
    20160625-2
 
これでOK!
 
FH-9200DVD側にもちゃんと曲の情報が表示されてますね。
20160625-1
これは便利だ。
 

便利なところ・良いところ

しばらく使ってみての感想です。
 
  1. 曲の情報が画面表示される
    曲名だけでなく、アルバム名やアーティスト名、ジャンルなども表示されます。
    以前からあったレシーバー(※)ではできなかった事です
    ※FMやBluetoothなどで音声だけを送信し、AUX端子(音声入力端子)で受信するタイプ
     
  2. 車に乗ってエンジンをかけると曲再生が始まる
    まずは、FH-9200DVDをBluetoothモードに変更し、
    iPhone側で曲を再生すると、車内に曲が流れます。
    ここまでは普通の再生ですね。
     
    どこかのお店に立ち寄った時、エンジンを止めます。
    そして、再度エンジンをかけると曲の再生が始まります!
     
    この時、iPhone側では、何も操作する必要はありません。
    スリープ解除も必要なし。
    FH-9200DVDとスマホの相性にもよると思いますが、iPhone6ではできました。
    超便利!
      
  3. 曲をUSBメモリにコピーしなくて良い
    スマホに曲が入っていれば、そこから再生ができます。
    Apple Musicなどのサービスを使ってる場合、
    「AppleMusicで曲を登録→車内で再生」で完了するので更に便利に。
     
    それ以外であっても、iTunes経由での曲転送は必要ですが、
    USBメモリにコピーする事を考えると楽ですね。
     
  4. いつもと同じ曲がそのまま車内で再生できる
    通勤・通学時にiPhoneで曲を聞いている場合、
    そのまま車内でも同じ曲が再生できます。
    「どこでも同じように聴ける」のは気持ちいい。
      
  5. スマホ側を操作すると、オーディオ側にも反映される
    「選曲操作」機能に対応してる必要がありますが、
    曲の前・次スキップ、一時停止と再生など、一通りの操作ができました。
    ちょっとしたリモコンとしても使えそうです。
     
  6. 同乗者がスマホから再生できる
    当たり前なんですが、自分のスマホだけでなく、他の人のスマホでもOKです。
    機器が対応してる必要がありますが、曲をシェアする感覚でしょうか。
    なかなか楽しいですね。
  

まとめ 

カロッツェリアのFH-9200DVDを使って、車内でiPhoneの曲が聴けました!
 
いちいちUSBメモリに曲をコピーしなくても、
スマホに入ってる曲がそのまま再生できるのは超便利。
 
私の場合、定番の曲はUSBメモリ、
新しく聞きたい曲はスマホ、と使い分けてますよ。
 
これでドライブが一層楽しくなります!
 
スポンサーリンク


Pocket

カテゴリー: 音楽 タグ: , ,

■前後の記事です
2 comments on “車内でiPhoneの曲が聴けた!Bluetoothオーディオが超便利!カロッツェリアのFH-9200DVDでやってみました
  1. 匿名 より:

    設定のBluetoothが青く表示されないんですがどうすればいいんでしょう…

    • だーしゅ より:

      コメントありがとうございます。

      「設定のBluetooth」とありますが、
      「3.本体とスマホをペアリング操作して、機器を登録する」
      にある画像でしょうか?

      そのBluetoothアイコンが青くない場合、
      ペアリングが出来ていない可能性がありそうです。
      一度、確認してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
最近は、まったりした小物を集めてます。
[当ブログについて]

最近の記事

最近のコメント