BlenderとUnityで作ったものをVR(Oculus  Quest/Oculus Link)で動かします

Blenderでブログの女の子を5.5頭身で作る #43 メイド服 (2)リボン、ホワイトブリム、ニーソックス

 
前回の記事では、以前作ったワンピースを流用し、3種類のフリルを使ってメイド服のベース部分を作りました。
 
今回は、メイド服の「リボン、髪飾り、ニーソックス」を作ります。



(1) エプロンのリボンを作る

いまの服に仮で付けてるのは、「ワンピースのフリルスカート」で作成した腰部分のリボンです。
 
これですね。
 
更に、頂点数を減らして軽くした状態になってます。
 
メイド服のリボンはもっと大きい方が良いですので、このリボンを流用していきます。
 

リボンを大きくする

拡大縮小」で大きくします。
 
Unityにインポートした時にMagica Clothで揺らしたいので、スカートを貫通しにくいよう角度を上向きにしておきます。
 

リボンができた

エプロンのリボンができました。
 

(2) ホワイトブリム(髪飾り)を作る

次は、メイドさんの飾りでよく見る「頭に付ける白い髪飾り」を作ります。
 
ヘッドドレスやカチューシャなどいろいろ呼び方があるようですが、ここでは「ホワイトブリム」と呼ぶことにします。
 

カーブで形を作る

頭の形に沿って作りますので、「カーブ」を使います。種類は「パス」ですね。
以前、髪の毛を作ったのと同じ種類です。
 
配置する位置を調整します。
頭のてっぺんより、少し前の方が良さそうです。
 
頭の形に合わせて曲げていきます。
プレビュー解像度U:5深度:0cm解像度:4」にしてみました。
 

メッシュに変換する

オブジェクトを選択して「メッシュに変換」を実行します。
 
頂点数が多いですね。880もあります。
ちょっともったいない。
 
深度:0.2cm、解像度:1」でやり直します。
頂点数が240に減りました。これでいきましょう。
 

形を整える

両端に面をはり、
 
先端を少し細くします。
 
裏面は見ることはありませんので、軽量化のためにも余分な面は削除しておきましょう。
 

「フリルのベース部分」を作る

ホワイトブリムのベース部分ができました。
 
次は、フリル部分を作っていきます。方法は「メイド服の上部分のフリル」と同じ方法です
 
まずは、押し出した部分の形を整えます。
 

フリルを作る

一つおきに選択して、
 
押し出して、
 
 
反対側も押し出します。
 
あとは、余分な面を削除して、
 
 
フリルの根本部分を「辺の溶解」でくっつければ、
 
フリルの形ができました!
 

先をなめらかにする

細分化」を実行して、
 
フリルの先部分だけを選択してから「頂点をスムーズに」を実行します。
 
フリルが滑らかになりました。
 

微調整する

最後に微調整しておきましょう。
 
フリルの両端を少し短くします。
 
フリルの辺部分でとんがってるところがあれば、頂点の位置を調整しておきます。
 

ホワイトブリムができた

ホワイトブリムができました!
更にメイドさんっぽくなりましたよ。
 

(3) ニーソックスを作る

次は、メイド服に合う靴下を作ります。
 

靴下の長さと色を考える

まずは、これまでに作ってきた靴下で確認してみます。
 
最初に作った白い靴下です。
 
次に作ったのは黒い短めの靴下
黒色の方が良いですね。
 
白い靴下の色を「」に変えてみます。
更に良い感じですが、もう少し長さが欲しい。
 
やはりニーソックスを作る必要がありそうです。
ですが、ニーソックスは膝の関節回りのウェイトがめんどくさそう。。。
 

ニーソックスをテクスチャで作る

今回のメイド服では、吊り紐部分などもテクスチャで作ってますので、ニーソックス部分もテクスチャで行きましょう。
 
ニーソックスにしたい部分の面を選択して、
 
黒色のテクスチャを割り当てるだけです。
 
できました!
 


(4) 髪のリボンを作る

最後に作るのは、髪のリボンです。
 
リボンも以前作成した「髪飾りのリボン」を流用してみます。
 
今回は流用しましたが、新しく「カーブのパス」で作った方が早かったかも。。。
 

リボンの色を変える

以前作成していた「髪飾り」のオブジェクトを複製して、飾り部分を削除します。
 
 
とりあえず、「単色のテクスチャ」を割り当てて、赤っぽい色に変更しておきます。
 

短くして形を整える

今回のリボンは、短め・太目で行きましょう。
 
リボンを短くカットします。
 
幅を太くして、リボンの重なり具合を調整します。
この調整が面倒でした。新しく作った方が良かったのはこの部分ですね。
 

折り目部分を作る

リボンの中央部分を選択し、「押し出し」で折り目部分を作ります。
 
ちゃんとした折り目ではありませんが雰囲気で。
 

「ミラー」モディファイアーで複製する

片方のリボンが完成したので、「ミラー」モディファイアーを追加して複製します。
 
問題なければ、「適用」しておきましょう。
 

テクスチャ作ってはる

リボンに柄が欲しいですね。
 
UV展開して、テクスチャを作成していきます。
 
クリスタで、リボン両側に点線を描いてみました。
自動で点線を描けるブラシ」があったので、それを使ってますよ。
 
作成したテクスチャを読み込ませてみましたが、ちょっと点線が小さすぎて見にくいですね。
 

点線を粗くする

もう少し点線の間隔を粗くしましょう。
 
今度は、手書きで粗く描いてみます。
 
点線が見やすくなりました!
良く言えば、「手作りしたリボン感」が出た感じします。
 

まとめ 

今回は、エプロンのリボン、ホワイトブリム、ニーソックス、髪のリボンを作りました。
 
メイド服っぽいパーツがそろってきましたね。
 
次は「短めのスカートと長めのスカート」を作ります。
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Blenderでブログの女の子を5.5頭身で作る #42 メイド服 (1)3種類のフリルを使う

Blenderでブログの女の子を5.5頭身で作る #44 メイド服 (3)短めと長めのスカート

最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
VRは楽しいですね。

[当ブログについて]