BlenderとUnityで作ったものをVR(Oculus  Quest/Oculus Link)で動かします

Blenderでブログの女の子を5.5頭身で作る #44 メイド服 (3)短めと長めのスカート

 
前回の記事では、「エプロンのリボン、ホワイトブリム、ニーソックス、髪のリボン」を作りました。
 
今回は、メイド服のスカートを流用して「短めのスカートと長めのスカート」を作ります。



(1) 短めのスカートを作る

実は前回の記事で、一通りのメイド服はできたんですが、あることに気づきました。
 

絶対領域が見えない!

そうなんです。正面から見た時に絶対領域が見えないんです。
これではせっかくのニーソックスの魅力も半減してしまいます。
 

スカートを短くする

ニーソックスを短くするのも良いですが、スカートを短くする方向で行きましょう。
 
まずは、メイド服のスカートをオブジェクトを複製します。
 
以前作成した「吊りスカート」を表示しつつ、スカートの長さを調整します。
s、z」キーで縦方向だけを縮めることができますよ。事前に、「トランスフォームピポットポイント」を「3Dカーソル」に設定してから、カーソルをスカートの根本に配置しておくと良いですね。
 
あまり短すぎるのもアレですので、これくらいが良いでしょう。
 

スカートの裾部分だけを小さくする

単純にスカートを短くしただけなので、スカートのすそが少し大きいですね。小さくしましょう。
 
まず、スカートの裾部分だけを選択します。
トランスフォームピポットポイント」は「中点」に設定してます。
 
次に、「プロポーショナル編集」モードをオンにして、「s」キーで大きさを変えます。
この時、マウスのホイールを回転して「プロポーショナル編集の適用範囲」を調整すると良いですね。
 
すそ部分だけを小さくすることができました。
いつも思いますが、本当に「プロポーショナル編集」は神ツールですね。
 

短いスカートができた

短いスカートができました!
絶対領域も問題なしです。
 
スカートを短くしただけなんですけどね。
 
 
後ろからの姿も良い感じです。
 

(2) 長いスカートも作る

短いスカートが簡単にできましたので、その勢いで「長いスカート」を作ることにしました。
 

今度はスカートを長くする

手順は、先ほどの短いスカートを逆ですね。長くして広げます。
 
以前作成していた「長めのスカート」を参考にしつつ、長さを調整します。
 
長さはこれくらいでしょうか。
 

スカートが細すぎる

スカートを長くしてみましたが、とても細いですね。
 
なんかボリューム感が足りません。細すぎでお尻も見えてますし。
もう少し、ふわっとした感じが欲しい。
 

スカートの裾を広げる

短めのスカートと同じように、スカートの裾を選択して広げます。
 
プロポーショナル編集」はオンにしてますよ。
 
ボリューム感でました!
 

中央部分だけを細くする

ですが、スカート中央部分がちょっと太すぎですので、この部分だけを細くします。
 
s」キーを押した後、「Shift+z」キーを押すことで、X・Y軸だけの拡大縮小になります。
マウスのホイールを回転して「プロポーショナル編集の適用範囲」を調整するのを忘れずに。
 

長めのスカートができた

長めのスカートができました!
 
短めのスカートを比べてみると、かなり長くなりました。
 

(3) いろんな角度から確認する

作ったメイド服をいろんな角度から確認しておきます。
 

少し下から見る

普通のスカート。
絶対領域がギリギリ見えます。
 
短めのスカート。
ちょうど良い長さでした。
 
長めのスカート。
長いスカートも良いですね。
 

上から見る

普通のスカート。
 
短めのスカート。
 
長めのスカート。
 
特に問題は無いようですね。これで、メイド服のオブジェクトは完成です。
 


まとめ 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Blenderでブログの女の子を5.5頭身で作る #43 メイド服 (2)リボン、ホワイトブリム、ニーソックス

Blenderでブログの女の子を5.5頭身で作る #45 メイド服 (4)ウェイト入れ、影をなめらかに

最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
VRは楽しいですね。

[当ブログについて]