BlenderとUnityで作ったものをVR(Oculus  Quest/Oculus Link)で動かします

Blenderでブログの女の子を5.5頭身で作る #3 髪の毛

髪の毛のモデリング
 
前回の記事で「顔と耳」ができました。
 
 
次は「髪の毛」を作ります。
前髪とツインテールをどうするかがポイントですね。



参考にさせて頂いたサイト

今回のモデリングで参考にさせて頂いたサイトです。
 
  1. 「小咲南緒」様の動画
    「カーブ(パス)」を使う方法を紹介されています。前髪とツインテールはこの方法で作成しました。 
  2. 「ひいらぎP」様の記事
    後ろ髪の「毛束の集まり」部分をこの方法で作成しました。
ありがとうございました!
 

(1) 前髪を作る

まずは前髪を作っていきます。
 

髪の毛は難しい

前回は「髪の毛のモデリング」で非常に苦労しました。
 
メッシュの平面を使ったんですが、髪の流れを表現するのが難しく、頂点の調整に時間がかかってました。同じ方法で前髪やツインテールを作るのはとても大変そうです。
 
ネットで髪のモデリング方法を探してみると、手法はいろいろあるようです。
 
Bevel Curve Tools」アドオンも使ってみましたが、操作方法がいまいち分かりません。慣れると自由な形状で髪の毛ができそうなんですけどね。
 

カーブ(パス)を使う

小咲南緒様の動画を見てみると、オブジェクトの「カーブ」を使われていました。機能は少な目かも知れませんが、まず作ってみるにはちょうど良さそうです。
オブジェクトの「カーブ」を使う
カーブには何種類かあるようですが、私も「ベジエ」ではなく「パス」の方が使いやすかったのでこちらで。
 
毛束の中心を決めて、そこから髪の毛を生やします。
毛束の中心を決めて、そこから髪の毛を生やします
 
2本目以降は、Shift+Dキーで「オブジェクトの複製」、そのまま毛束の中心がズレないように「回転」、そしてサイズと曲がりを調整します。
サイズと曲がりを調整します
生えている箇所を同じにすることで、自然な流れになるらしい。ここ大事ですね。
 
三面図のイラストでは、髪の先がまっすぐになってましたので、編集モードで毛先の半径を大きくしておきます。
編集モードで毛先の半径を大きくしておきます
本当は水平にしたかったんですが、方法が分からなかったので斜めになってます。
 
カーブを押し出し移動」すると、水平っぽくできないことも無いんですが、毛先がいびつになったので止めました。メッシュ化すると頂点を自由に変更できるので、そこで修正するのが良さそうです。
 

髪の毛を増やす

三面図を見つつ、髪の毛を増やしていきます。
髪の毛を増やしていきます
 
中心はズレないように。
中心はズレないように
 
下からも確認しつつ、角度を調整していきます。
角度を調整していきます
 
これで前髪ができました。
 

横の髪を作る

横の髪も方法は同じ。
横の髪も方法は同じ
前髪より長いので、頂点数は増やしておきましょう。
 
根本の位置は「前髪の根本」からずらしてます。
根本の位置は「前髪の根本」からずらしてます
こうすることで、前髪の根本を覆うように配置できます。
 
側面図でもそんな感じに描かれてますね。
側面図と比較する
 
前髪ができました!
前髪ができました
女の子っぽくなってきた!
 

(2) 後ろ髪を作る

そして後ろ髪。
 
ツインテールの根本をどうすれば良いか困ってた時に見つけたのが「ひいらぎP様の記事」です。本当に助かりました。
 

UV球を使う

そんな方法があったんですね。
UV球を使って後ろ髪を作る
これなら後頭部を滑らかにしつつ、根本を表現できそうです。
 
球の頂点を「ツインテールの根本」に合わせ、「ミラー」モディファイアーを設定します。
球の頂点を「ツインテールの根本」に合わせ、「ミラー」モディファイアーを設定
 

髪の毛らしく調整する

余分なメッシュを削除。
余分なメッシュを削除
 
頭のてっぺん部分を少しへこませます。
頭のてっぺん部分を少しへこませます
 
そしてスジを入れると、毛束の流れが表現できました!
そしてスジを入れると、毛束の流れが表現できました
この方法はスゴイですね。とても髪の毛っぽい。
 

刈り上げを直す

と思ったら、すごい刈り上げでした。
すごい刈り上げ
 
UV球のメッシュを押し出して、うなじ部分となじませておきます。
UV球のメッシュを押し出して、うなじ部分となじませておきます
これで大丈夫。
 


(3) ツインテールを作る

根本ができたので、やっとツインテールを生やせます。
 

長いカーブでツインテールを作る

頂点を増やしたカーブを根本に配置します。
頂点を増やしたカーブを根本に配置
前髪の時は、「オブジェクトデータプロパティ – シェイプ – フィルモード」が「ハーフ」でしたが、ツインテールは「フル」を使います。これで、髪の毛をねじっても問題ありません。ちなみにねじるのは「傾き」を使いました。
 
 
前髪と同じく、根本がズレないよう注意しながら、オブジェクトを複製しつつ回転。
根本がズレないよう注意しながら、オブジェクトを複製しつつ回転
 
いろんな角度から見て調整します。
いろんな角度から見て調整
 

細かい毛先も作る

短くて細いカーブを使って、毛先を増やすと自然に見えるっぽい。
短くて細いカーブを使って、毛先を増やすと自然に見える
 
後ろからみるとこんな感じです。
前髪とツインテールができた
 
これで完成です!
 

まとめ 

前髪とツインテールができました!
 
前回は苦労しましたが、今回はカーブを使うことで楽しく髪の毛を生やせましたよ。
オブジェクトをねじれたので、ツインテールも作りやすかった。
 
やはり髪の毛があると良いですね。
 
次は「」を作ります。
 
スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Blenderでブログの女の子を5.5頭身で作る #2 顔と耳

Blenderでブログの女の子を5.5頭身で作る #4 目

最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
VRは楽しいですね。

[当ブログについて]