パソコンのバックアップ方法を紹介します。

menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

ファイルサーバ移行時にrobocopyを使う2つの理由

 
ファイルのバックアップに便利なrobocopyですが、ファイルサーバを移行する時にも大変便利です。
 
この記事では、便利な2つの理由を紹介します。  



理由1「コピー途中で止めても再開できる」

新ファイルサーバへのコピーは、普通のエクスプローラでもできます。
 
ファイルサーバにはファイルが大量にあるので、とても時間がかかる場合がほとんど。
ファイルサイズと数にもよりますが、数日かかる場合もあります。
 
 
けど、コピー中にもファイルサーバはいつも通りに使われます。
 
・サーバを再起動したくなった。
・他の処理で負荷が高く、一時的にコピーを止めたい。
 
などの理由で、コピーを止める場合もありえます。
 
 
エクスプローラのコピーでは、処理を途中で止めてしまうと最初からコピーし直しです。
 
robocopyでは、/MIR パラメータ(ミラーリング機能)を使うことで、変更されたファイルだけがコピーされるので、途中で止めた後でも、素早くコピー処理を再開できるのです。
 

理由2「移行直前に最後の差分をコピーできる」

新ファイルサーバへのコピー中にも、旧ファイルサーバ上のファイルは、更新・削除され続けます
コピーに時間がかかるほど、そのファイル数は増えてしまいます。
 
けど、新ファイルサーバへの移行前には、ファイル状態が旧サーバと完全一致させる必要があります。
 
・一部のファイルが古かった。
・作ったはずのファイルが新サーバでは消えていた。
といった事態は避けたいものです。
 
そんな時は、以下の手順で防ぐことができます。
 
(1) 使用者に、一時的にファイルサーバへアクセスできないことを周知する。
(2) 念のため、サーバ側で共有フォルダ設定を外す。
  クライアントからアクセスできなくなるので、ファイルの更新/削除を防ぐ事ができます。
(3) 旧→新サーバへrobocopyを /MIR パラメータで実行する。
  これで、最後の差分をコピーできます。
 
 
(3)の処理は、差分コピーだけですので実行時間は短いはず
サーバが使えない時間を短縮できます。
 
誰もサーバを使わない業務後などに行うと、より安心ですね。
 

実行前の注意!

バックアップ時と同じですが、移行時のファイルコピー方向を間違えないようにしましょう。
 
「旧ファイルサーバ → 新ファイルサーバ」となるように。
 
逆にしてしまうと大事なファイルが消えてしまいますので、実行前には、十分確認することが大事です。
 
設定パラメータなどは、この記事をご参考にしてくださいね。
 


まとめ

robocopyをファイルサーバ移行時に使うと、コピー途中で止めても再開できたり、移行直前に最後の差分をコピーできたりして便利です。
 
その他、
・タイムスタンプもコピーできる。
・256文字を超えるファイルパスでもコピーできる。
といった利点もありますよ。
 
ファイルサーバの移行作業は、簡単で確実にしたいものですね。
 
スポンサーリンク


バックアップが2つあるとファイルサーバが壊れた時、更に安心です

無くなったら困るファイルをバックアップすればまずは大丈夫!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]