パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

ファイルサーバ移行時にrobocopyを使う2つの理由

 
ファイルのバックアップに便利なrobocopyですが、ファイルサーバを移行する時にも大変便利です。
 
この記事では、便利な2つの理由を紹介します。  


スポンサーリンク

理由1「コピー途中で止めても再開できる」

新ファイルサーバへのコピーは、普通のエクスプローラでもできます。
 
ファイルサーバにはファイルが大量にあるので、とても時間がかかる場合がほとんど。
ファイルサイズと数にもよりますが、数日かかる場合もあります。
 
 
けど、コピー中にもファイルサーバはいつも通りに使われます。
 
・サーバを再起動したくなった。
・他の処理で負荷が高く、一時的にコピーを止めたい。
 
などの理由で、コピーを止める場合もありえます。
 
 
エクスプローラのコピーでは、処理を途中で止めてしまうと最初からコピーし直しです。
 
robocopyでは、/MIR パラメータ(ミラーリング機能)を使うことで、変更されたファイルだけがコピーされるので、途中で止めた後でも、素早くコピー処理を再開できるのです。
 

スポンサーリンク

理由2「移行直前に最後の差分をコピーできる」

新ファイルサーバへのコピー中にも、旧ファイルサーバ上のファイルは、更新・削除され続けます。
 
コピーに時間がかかるほど、そのファイル数は増えてしまいます。
 
 
けど、新ファイルサーバへの移行前には、ファイル状態が旧サーバと完全一致させる必要があります。
 
・一部のファイルが古かった。
・作ったはずのファイルが新サーバでは消えていた。
といった事態は避けたいものです。
 
 
そんな時は、以下の手順で防ぐことができます。
 
(1) 使用者に、一時的にファイルサーバへアクセスできないことを周知する。
(2) 念のため、サーバ側で共有フォルダ設定を外す。
  クライアントからアクセスできなくなるので、ファイルの更新/削除を防ぐ事ができます。
(3) 旧→新サーバへrobocopyを /MIR パラメータで実行する。
  これで、最後の差分をコピーできます。
 
 
(3)の処理は、差分コピーだけですので実行時間は短いはず。
サーバが使えない時間を短縮できます。
 
誰もサーバを使わない業務後などに行うと、より安心ですね。
 

実行前の注意!

バックアップ時と同じですが、移行時のファイルコピー方向を間違えないようにしましょう。
 
「旧ファイルサーバ → 新ファイルサーバ」となるように。
 
逆にしてしまうと大事なファイルが消えてしまいますので、実行前には、十分確認することが大事です。
 
 
設定パラメータなどは、「パソコンのファイルをrobocopyで手堅くバックアップする方法」をご参考にしてくださいね。
 

まとめ

robocopyをファイルサーバ移行時に使うと、コピー途中で止めても再開できたり、移行直前に最後の差分をコピーできたりして便利です。
 
その他、
・タイムスタンプもコピーできる。
・256文字を超えるファイルパスでもコピーできる。
といった利点もありますよ。
 
ファイルサーバの移行作業は、簡単で確実にしたいものですね。
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { イラストは自作ではなく、イラストレーターの方に描いて頂いています。 他のブログや趣味ですが、空いた時間でぼちぼちやってます。 平日は時間が取れないことが多いので、週末が多いですね。 } – 8月 30, 3:01 AM
  • 悪戦苦闘中 { だーしゅさん、返信ありがとうございます。 話が変わりますが、ここの一連のサイトにある可愛いイラストってだーしゅさんの自作でしょうか? だとすると凄い多妻…じゃなくて、多才ですね。 他のブログもちらっと拝見しましたが、キャンプはするは、出張はするは、書斎は作るは、ゲームで遊ぶは、 昼寝はするは(?)と、一体いつ寝ているんでしょうか? (あっ昼? まさが仕事中とか?!) IT関係の仕事って言うだけで寝る間もないようなイメージですが、一体どうやってこんなに大量に楽しそうにこなせるんだろーか? 私からすると魔法かマジックとしか思えないです。 私ですか? 毎日同じ家事と雑用とPCのトラブル対処とかで人生の殆どを費やしてます。。。テレビも見てません。 この差は、一体なんだろーか? orz... } – 8月 28, 6:46 PM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 ドライブレターをDやEなどでは無く、もっと後ろ、XやYなどにすると変わりにくいかも知れません。 おまじない程度ですが。 } – 8月 28, 3:18 AM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 理由はいくつかあります。 ・バックアップのフォルダが複数ある場合、バッチファイルの方が設定しやすい。 ・設定内容は、テキストエディタで見た方が分かりやすく間違えにくい。 ・一時的に設定を変えたい場合、バッチファイルならコピーしておけばOK。 などでしょうか。 バックアップフォルダが1つであれば、直接robocopyコマンドを登録する方法もアリですね。 } – 8月 28, 3:06 AM
  • 悪戦苦闘中 { この記事では、robocopyをバッチファイルに入れてから、それをタスクスケジューラに登録しているようですが、タスクスケジューラに直接 robocopyコマンドを登録するWeb情報をいくつか発見しました。(まだ、自分では直接登録する方法を試していません) http://beiyan-tool.info/category3/category11/entry12.html http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html http://forsenergy.com/ja-jp/taskscheduler/html/a7df21e3-cdd6-450d-94e8-58579cb7be04.htm わざわざバッチファイルに入れる理由って、何かあるんでしょうか? } – 8月 25, 2:52 PM
  • 悪戦苦闘中 { 4年ぶりにコメントします。 「自動実行をしても定期的な確認は必要です」 => ・ドライブレターが勝手に変わって失敗していた。 この前、実際に起こった話です。 orz...(ドライブを増減していないのに、なぜ?) } – 8月 25, 2:21 PM