パソコンのバックアップ方法を紹介します。

menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

バックアップが2つあるとファイルサーバが壊れた時、更に安心です

 
 
ファイルサーバのバックアップは、日次(1日に一回)が多いと思います。
 
私の場合、日次バックアップに加えてもう一つ、週次バックアップも設定しています。
もちろん同じHDDではなく、別のHDDへ。
 
「バックアップ取り過ぎ?」と思われるかも知れませんが、ファイルサーバが壊れた時の安心感が違います。
 
特に、ファイル数が多い場合に威力を発揮しますよ。



HDDが2本壊れるとダメ

通常、ファイルサーバはRAIDで冗長構成にしてると思います。
 
RAID1やRAID5の場合、HDDが1本までは壊れても大丈夫。
たいていはHDDが1本壊れた時点で故障に気づき、新しいHDDに交換することで元の状態に戻ります。
 
けど、故障時の通知メールも無く、壊れた事に気づかずに使い続けると、いつかはもう1本も壊れます
こうなると、ファイルサーバはもう使えません。
 
絶対に避けたいですが、絶対に起きない事ではありません。
 

バックアップが「本物」になる日

ファイルサーバが壊れてしまった時、残ってるのは「バックアップしておいたファイル」しかありません。
日々の作業はこれまで通り続きますので、当面はこのファイルを「本物のファイル」として扱うことになります。
 
けど、バックアップのファイルが「本物のファイル」になったということは、いまはバックアップが無い、ということ。
 
早急に、新規バックアップを取る必要があります。 
 

新規バックアップには時間がかかる

バックアップとは、別の場所にファイルをコピーすることです。
 
日々の差分バックアップなら短時間で終了しますが、全てのファイルをコピーするにはとても時間がかかります
 
この時ポイントになるのはファイルのサイズよりも「数」。
同じ10MBでも、10MBのファイル1個と、10KBのファイル1,000個ではコピー時間が全く違います。
 
ファイルが大量にある環境ではコピーに数日かかる事もあります。
実際、私が管理しているファイルサーバの場合、2週間かかりました。。。
 
これだけ時間がかかってしまうと、コピー期間中に「本物のファイル」のHDDが壊れてしまう可能性が高まります。
 
まだバックアップが完了していない状態では、いまの「本物のファイル」が全て。
これが壊れてしまうと、もう後はありません。
 


既にバックアップがある!

そこで「週次バックアップ=もう一つのバックアップ」が役に立ちます。
 
週次なので日次よりはファイルデータは古い。
けど、ファイルサーバのデータはすべてが毎日更新されるワケではありません。
 
作業の種類や扱うファイルにもよりますが、毎日更新するファイルはその中でも一部のはずです。
 
 
ファイルサーバが壊れてしまった場合でも、
・「日次バックアップ」のドライブを「本物のファイル(仮)
・「週次バックアップ」のドライブを「日次バックアップ(仮)
と設定し、これらを仮のファイルサーバに接続することで、
壊れてしまったその日から運用を再開できます!
 
 
週次バックアップには、ほぼすべてのファイルがありますので、これをバックアップ先にすることでコピー量が最小限になり、バックアップ時間も短くなります。 
 

サーバ復旧もゆっくりできる

仮ファイルサーバを使ってもらっている間に、壊れてしまったファイルサーバを復旧していきます。
 
本物のファイル(仮)」からファイルをコピーするのですが、この時のコピーも、robocopyを使うのをおすすめします。
 
復旧作業は少しくらい時間がかかっても問題ないでしょう。
既に運用は再開できているので、落ち着いて作業ができますね。
  

あとは設定を戻すだけ

すべてのコピーが終了したら、逆の手順で設定を戻します
 
・「復旧したファイルサーバ」のドライブを「本物のファイル
・「本物のファイル(仮)」のドライブを「日次バックアップ
・「日次バックアップ(仮)」のドライブを「週次バックアップ
 
 
設定を戻す前に、コピーし忘れが無いことを確認しておきましょう!
 
復旧したファイルサーバ」と「本物のファイル(仮)」のファイルが一致することが大事です。
robocopyを使ったミラーリングコピーであれば安心ですね。
 
 
もし、「復旧したファイルサーバ」のデータドライブが外付けHDDだったり、性能的にもバックアップドライブと変わらないのであれば、
・「復旧したファイルサーバ」のドライブを「日次バックアップ
・「本物のファイル(仮)」のドライブを「本物のファイル
としてしまっても、問題ないと思います。
 
このあたりは、ハードウェアのスペックと相談しながら臨機応変に。
 


まとめ

通常のバックアップに加え、もう一つバックアップがあると、ファイルサーバが壊れてしまった場合に2つの安心があります。
 
(1) 壊れた時点からバックアップがある安心
(2) 復旧中でも日々のバックアップがすぐ出来る安心
 
過剰なバックアップは良くありませんが、「本物+日次+週次」くらいであればメリットの方が多いと思います。
 
スポンサーリンク


robocopyのバックアップを一時的に止める2つの方法

ファイルサーバ移行時にrobocopyを使う2つの理由

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

  • だーしゅ 2020年3月9日 at 12:50 午後 on robocopyのバックアップを一時的に止める2つの方法コメントありがとうございます。 早速試してみたところ、なぜか私の環境では止まりませんでした。。。 コマンドプロンプトの設定をいろいろ変更してみましたが現象は変わらず。 その他のキーで試したところ、Pa...
  • 匿名 2020年3月7日 at 7:41 午後 on robocopyのバックアップを一時的に止める2つの方法もう「DOS窓」時代の話は、かなり過去に流れてしまっているんですね。 出力をとめたい場合、ctrl+sで中断、ctrl+qで再開、というのが常道でした。robocopyももちろんこれで止まります。
  • だーしゅ 2019年12月1日 at 11:39 午前 on パソコンのファイルをrobocopyで手堅くバックアップする方法初心者さん、コメントありがとうございます。 1回目も2回目以降も「ミラーリング」したいのであれば、同じバッチファイルで良いですよ。 ただし、バッチファイルの内容は、本当に良く確認してくださいね。 設定...
  • 初心者 2019年11月28日 at 1:48 午前 on パソコンのファイルをrobocopyで手堅くバックアップする方法 PCに関しては初心レベルです。robocopyに関して分かり易く解説して頂き参考になります。 NASにある350GBデーターのフォルダーが2つあり、ミラーリングを考えております。 だーしゅさんのバッ...
  • 悪戦苦闘中 2019年10月13日 at 4:47 午前 on パソコンのファイルをrobocopyで手堅くバックアップする方法わざわざ調べて頂いたのでしょうか? 痛み入ります。 > 一般的なWebDAVへバックアップすることは可能なようですね。 暗号化された一般的ではない(かなり特殊?)WebDAVなので、やっぱり無理...

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]