パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

新ファイルサーバへ移行後、古いサーバは破棄した方が良いです

 
新しいファイルサーバへの移行が終わった後、古いファイルサーバの扱いに悩みました。
 
移行理由が故障だった場合はともかく、OSが正常起動するのであれば、何かに使えそうな気もします。
 
けど、それは止めた方が良いかも知れません。 


スポンサーリンク

パソコンは消耗品

ファイルサーバは、1年365日24時間運転することがほとんど。
 
メンテナンスなどで一時的に電源を切る場合もありますが、それ以外はずっと電源を入れっぱなしの連続運転です。
 
 
パソコンは消耗品です。
 
壊れ無さそうに見えますが、決してそうではありません。
HDD・ファン・電源部などは壊れやすい部類に入ります。
 
壊れやすいからこそ、冗長な構成にしているのです。
 
 
CPUやメモリも例外ではありません。
 
ある日突然、メモリエラーが出たサーバも。
メールサーバだったので緊急対応した記憶があります。
 

スポンサーリンク

耐久性が下がっていく

使えば使うほど、耐久性が下がってきます。
これらの耐久性が下がってると、いつ壊れてもおかしくない状態になります。
 
 
耐久性が高いサーバ機も同じです。
 
一般的なデスクトップ機よりは耐久性が高いパーツを使っていますが、いつかは壊れてしまうのは同じ。 
 
 
長期間使ってきて異音がするサーバをたまに見かけます。
HDDやファンの回転音でしょうか。
 
完全に壊れてしまうと、どうしようもありません。
 

修理するにもお金がかかる

壊れた時の修理費も心配です。
 
新しい機種であれば、壊れても同じパーツがたくさん流通してますが、古い機種の場合、パーツの製造が停止して在庫だけ、ということもしばしば。
 
 
特に、HDDはそれが顕著。
 
HDDの容量は日々増えています。
 
HDDを交換しようにも、その容量のHDDが売ってない、または、売ってるけど非常に高いということもあります。
 
とてももったいない気がします。
 

ソフトは大丈夫か

ハードウェアだけではありません。
OSやインストールされているソフトウェアも同じです。
 
ソフトウェアによってはサポート期間が決められているものもあります。
 
 
1年毎にライセンス契約しているソフトウェアの場合、パソコンを使い続ける事で、余分な費用が発生することも考えられます。
 
うまく切り替える事で、固定費を抑えることができるかも知れません。
 

まとめ

古いファイルサーバは、確かにまだ使えるかも知れません。
 
けど、既に耐用年数を過ぎているパソコンを使い続け、その結果、大事なデータが無くなっては意味がないのです。
 
 
本当に必要であれば、新しいパソコンを購入しましょう。
 
その方が、時間的・金銭的、そして精神的にも良いのです。
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { イラストは自作ではなく、イラストレーターの方に描いて頂いています。 他のブログや趣味ですが、空いた時間でぼちぼちやってます。 平日は時間が取れないことが多いので、週末が多いですね。 } – 8月 30, 3:01 AM
  • 悪戦苦闘中 { だーしゅさん、返信ありがとうございます。 話が変わりますが、ここの一連のサイトにある可愛いイラストってだーしゅさんの自作でしょうか? だとすると凄い多妻…じゃなくて、多才ですね。 他のブログもちらっと拝見しましたが、キャンプはするは、出張はするは、書斎は作るは、ゲームで遊ぶは、 昼寝はするは(?)と、一体いつ寝ているんでしょうか? (あっ昼? まさが仕事中とか?!) IT関係の仕事って言うだけで寝る間もないようなイメージですが、一体どうやってこんなに大量に楽しそうにこなせるんだろーか? 私からすると魔法かマジックとしか思えないです。 私ですか? 毎日同じ家事と雑用とPCのトラブル対処とかで人生の殆どを費やしてます。。。テレビも見てません。 この差は、一体なんだろーか? orz... } – 8月 28, 6:46 PM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 ドライブレターをDやEなどでは無く、もっと後ろ、XやYなどにすると変わりにくいかも知れません。 おまじない程度ですが。 } – 8月 28, 3:18 AM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 理由はいくつかあります。 ・バックアップのフォルダが複数ある場合、バッチファイルの方が設定しやすい。 ・設定内容は、テキストエディタで見た方が分かりやすく間違えにくい。 ・一時的に設定を変えたい場合、バッチファイルならコピーしておけばOK。 などでしょうか。 バックアップフォルダが1つであれば、直接robocopyコマンドを登録する方法もアリですね。 } – 8月 28, 3:06 AM
  • 悪戦苦闘中 { この記事では、robocopyをバッチファイルに入れてから、それをタスクスケジューラに登録しているようですが、タスクスケジューラに直接 robocopyコマンドを登録するWeb情報をいくつか発見しました。(まだ、自分では直接登録する方法を試していません) http://beiyan-tool.info/category3/category11/entry12.html http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html http://forsenergy.com/ja-jp/taskscheduler/html/a7df21e3-cdd6-450d-94e8-58579cb7be04.htm わざわざバッチファイルに入れる理由って、何かあるんでしょうか? } – 8月 25, 2:52 PM
  • 悪戦苦闘中 { 4年ぶりにコメントします。 「自動実行をしても定期的な確認は必要です」 => ・ドライブレターが勝手に変わって失敗していた。 この前、実際に起こった話です。 orz...(ドライブを増減していないのに、なぜ?) } – 8月 25, 2:21 PM