パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

無くなったら困るファイルをバックアップすればまずは大丈夫!

 
どんなファイルをバックアップするか?
 
このことを考えるのはとても大事です。
 
せっかくバックアップしていても、本当に必要なファイルがバックアップできていないと意味がありません。
 
 
この記事では、どんなファイルをバックアップすれば良いかを紹介します。
 

スポンサーリンク

無くなったら代わりが無いものをバックアップする

パソコンの中にあるすべてのファイルをバックアップすれば良い、というわけではありません。
 
もちろん、すべてのファイルをバックアップしてしまえば一番確実なのですが、バックアップに時間がかかる。
  • バックアップファイルを保存するHDDの容量がたくさん必要になる。
などの欠点があります。
 
 
まずは、自分で作成したファイルや無くなると代わりが無いファイルなどをバックアップしておきましょう。
 
 

スポンサーリンク

動画やデジカメ画像、メールなど

具体的には、こんなデータがバックアップの対象になります。
 
  • ビデオカメラで撮影した動画データ
    m2ts、avi、mpg、mp4、wmvファイルなど。
    1つ1つのファイルサイズが大きい場合が多いです。
    mp4などにエンコードされていれば小さいですが、m2tsファイルなどはサイズが大き目です。
     
  • デジカメや写真などの画像データ
    jpg、gif、png、bmp、tifファイルなど。
    RAWデータはかなりファイルサイズが大きいですね。
     
  • 音楽データ
    mp3、wavファイルなど。
    iTunesやx-アプリ(Walkman)で曲を管理している場合、ソフトウェア専用のフォルダに集まっている場合があります。
     
  • 作成した文章や資料などのドキュメントファイル
    doc(docx)、xls(xlsx)、ppt、txt、pdfファイルなど。
    ファイルサイズは小さ目ですが、数が多い傾向にあります。
    年賀状などで使う住所録データも大事ですよ。
     
  • メールのデータ
    OutlookやWindows Live メール、Thunderbirdなど。
    メール本文はテキストですので小さいですが、添付ファイルなどを加えると思いのほか大きくなります。
     
  • ツールのフォルダ
    WordやExcelなどのソフトウェアの他に、秀丸などのシェアウェア、bluewindなどのフリーウェアがあります。
    このようなソフトウェアのフォルダをToolフォルダという名称でまとめておけば、バックアップも楽ですね。
     
  • ゲームのセーブデータ
    セーブデータの場所は、ゲームの種類によって様々です。
    ヘルプなどで確認してくださいね。
    無くなるととても悲しいものの一つです。
     
  • Hyper-VやVMWareなどのインスタンスファイル
    仮想PCのデータを管理しているファイル一式です。
    1ファイルが100Gを超える場合も良くあります。
     
  • ISOなどのイメージデータファイル
    DVDやCDをファイル化したものです。
     
  • その他ファイル
    ファイルをまとめた圧縮ファイル(zipやlzhファイル)など。
 基本的にはどれも、無くなったら困るファイルばかりですね。
上記の他にもたくさんあると思います。
 
バックアップ対象にするファイルはお使いの環境で変わりますので、「どんなファイルが大事なファイルか?」を確認してみてくださいね。
 
 

バックアップしているフォルダの例です

自宅のパソコンは、『パソコンのファイルをrobocopyで手堅くバックアップする方法』でバックアップしているのですが、こんなフォルダをバックアップ対象にしています。
 
一例ですがご参考まで。
 
C:\Users\[ユーザ名] 15.2 GB
C:\Program Files (x86)\Mozilla Thunderbird 411 MB 
C:\Program Files\Tool 3.89 GB
C:\倉庫 12.1 GB
D:\Hyper-V 24.5 GB
D:\Music 112 GB
D:\VMWare 101 GB
D:\ライブラリ 185 GB
D:\ライブラリ2 530 GB
 
 
フォルダの後の数値は、フォルダのサイズです。
やはり、デジカメや動画のフォルダ(ライブラリフォルダ)が大きいですね。
 
 
全部合わせると1TB近くになりますので、バックアップ先となるHDDにも同じ以上の容量が必要です。
 
大容量の外付けHDDを購入しておけば安心ですね。
 
 

まとめ

確認してみると、バックアップするファイルは意外とたくさんありました。
 
いざという時、ファイルが無くなっても大丈夫なように、キチンとバックアップしておきましょう!
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { イラストは自作ではなく、イラストレーターの方に描いて頂いています。 他のブログや趣味ですが、空いた時間でぼちぼちやってます。 平日は時間が取れないことが多いので、週末が多いですね。 } – 8月 30, 3:01 AM
  • 悪戦苦闘中 { だーしゅさん、返信ありがとうございます。 話が変わりますが、ここの一連のサイトにある可愛いイラストってだーしゅさんの自作でしょうか? だとすると凄い多妻…じゃなくて、多才ですね。 他のブログもちらっと拝見しましたが、キャンプはするは、出張はするは、書斎は作るは、ゲームで遊ぶは、 昼寝はするは(?)と、一体いつ寝ているんでしょうか? (あっ昼? まさが仕事中とか?!) IT関係の仕事って言うだけで寝る間もないようなイメージですが、一体どうやってこんなに大量に楽しそうにこなせるんだろーか? 私からすると魔法かマジックとしか思えないです。 私ですか? 毎日同じ家事と雑用とPCのトラブル対処とかで人生の殆どを費やしてます。。。テレビも見てません。 この差は、一体なんだろーか? orz... } – 8月 28, 6:46 PM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 ドライブレターをDやEなどでは無く、もっと後ろ、XやYなどにすると変わりにくいかも知れません。 おまじない程度ですが。 } – 8月 28, 3:18 AM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 理由はいくつかあります。 ・バックアップのフォルダが複数ある場合、バッチファイルの方が設定しやすい。 ・設定内容は、テキストエディタで見た方が分かりやすく間違えにくい。 ・一時的に設定を変えたい場合、バッチファイルならコピーしておけばOK。 などでしょうか。 バックアップフォルダが1つであれば、直接robocopyコマンドを登録する方法もアリですね。 } – 8月 28, 3:06 AM
  • 悪戦苦闘中 { この記事では、robocopyをバッチファイルに入れてから、それをタスクスケジューラに登録しているようですが、タスクスケジューラに直接 robocopyコマンドを登録するWeb情報をいくつか発見しました。(まだ、自分では直接登録する方法を試していません) http://beiyan-tool.info/category3/category11/entry12.html http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html http://forsenergy.com/ja-jp/taskscheduler/html/a7df21e3-cdd6-450d-94e8-58579cb7be04.htm わざわざバッチファイルに入れる理由って、何かあるんでしょうか? } – 8月 25, 2:52 PM
  • 悪戦苦闘中 { 4年ぶりにコメントします。 「自動実行をしても定期的な確認は必要です」 => ・ドライブレターが勝手に変わって失敗していた。 この前、実際に起こった話です。 orz...(ドライブを増減していないのに、なぜ?) } – 8月 25, 2:21 PM