パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

robocopyでパソコンをバックアップする時に黒いコマンドプロンプト画面を表示しない方法

 
robocopyコマンドでバックアップする時、バッチファイルを実行することが多いのですが、コマンドプロンプトの黒い画面が表示されますよね。
 
 
手動で実行する時は良いのですが、タスクスケジューラなどで自動実行している場合、パソコンの操作中にいきなりプロンプト画面が表示されることがあります。
 
ちょっと邪魔ですよね。
 
 
この記事では、バックアップ中のコマンドプロンプト画面を表示しない方法を紹介します。
 
 

スポンサーリンク

もくじ

 

スポンサーリンク

VBS(VBScript)を使います

Windowsには、VBS(VBScript)というスクリプト言語があります。
 
拡張子が vbs のファイルなのですが、これをうまく使うと、コマンドプロンプト画面を非表示にできます。
 
イメージとしては、VBSファイルの中で「robocopyのバッチファイル」を非表示で実行するといった感じですね。
 
 

Windows 7とWindows Server 2003で実際に使ってます

以下で説明する方法は私が、
  • Windows 7
  • Windows Server 2003
のバックアップで実際に使っている方法です。
 
 
7 と 2003で実行できていますので、
  • Windows Vista
  • Windows XP
  • Windows Server 2008
でも同じ方法が使えると思います。
 
試してみてくださいね。
 
 

robocopyを実行するバッチファイルを作成しておく

実際にバックアップを行うrobocopyコマンドは、バッチファイル形式(*.bat)で保存しておいてください。
 
作成方法は、『パソコンのファイルをrobocopyで手堅くバックアップする方法』を参考にしてくださいね。
 
 
バッチファイルの名称は、「ライブラリのバックアップ.bat」にしておきましょう。
 
 

バッチファイルを実行する「VBSファイル」を作成する

バッチファイルを作成しましたので、そのバッチファイルを実行する為のVBSファイルを作成します。
 
  1. テキストファイルを新規作成する。
     
  2. 以下を参考に、テキストファイルにスクリプト(コマンド)を書く。
     

    Set ws = CreateObject("Wscript.Shell") 
    ws.run "cmd /c ライブラリのバックアップ.bat", vbhide 

     
    簡単に説明すると、
    1行目: VBScriptのオブジェクトを作成する。
    2行目: オブジェクトのrun関数を使ってファイルを非表示で実行する。
    ですね。

    赤文字の部分に実行したいバッチファイル名を書いてくださいね。 

  3. ファイルを名前を付けて保存する。

    ファイル名は、「ライブラリのバックアップ.vbs」にしておきましょう。

    VBSファイルはバッチファイルと同じフォルダに保存してくださいね。

     拡張子が txt でなく、vbs になっていることにご注意ください。

 

「タスクの設定方法」はほぼ同じです

バッチファイルとVBSファイルの準備ができました。
 
このファイルを使って、自動実行の為のタスク設定を行います。
 
 
バッチファイルの代わりにVBSファイルを指定する、というところがポイントです。
 
 
具体的には、操作タブの新しい操作画面の「プログラム/スクリプト」を以下のように設定します。
 
C:\Work\ライブラリのバックアップ.bat
 ↓
C:\Work\ライブラリのバックアップ.vbs
 
 
その他の設定方法は、『毎日12時にrobocopyでパソコンを自動的にバックアップする方法』のタスクの設定方法を参考にしてくださいね。
 
 
これで設定は完了です!
 
 

手動で実行確認しておく

自動実行する前に、設定が正しいかどうか手動実行して確かめておきましょう。
 
 
右クリックして、「実行する」をクリックするとバックアップが実行される。
 
 
この時、以前はコマンドプロンプトの黒い画面が表示されていましたが、今回は何も表示されなかったと思います。
 
うまく実行できなかった場合は、設定を再確認してくださいね。
 
 
今後は、指定したバックアップ時間が来ても、コマンドプロンプト画面が表示されることなく、バックグラウンドでバックアップが実行されます!
 
 

まとめ

私もこの記事の方法を設定するまでは、作業中にいきなり黒い画面が出て困っていました。
 
 
VBSファイルでバッチファイルを実行すると、黒い画面も表示されませんし、タスクバーにも表示されないのでバックアップを意識することなく実行できますよ。
 
一度、お試しくださいね。
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 越後のちりめん問屋 みつえもん
    • 2014年 5月 09日

    参考にさせていただきましたよ(^^)/

    • だーしゅ
    • 2014年 5月 09日

    越後のちりめん問屋 みつえもんさん、コメントありがとうございます。
    この記事の設定をしておけば、パソコンを使っている時でもバックグラウンドでバックアップすることができます。
    バックアップは大事ですね。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { イラストは自作ではなく、イラストレーターの方に描いて頂いています。 他のブログや趣味ですが、空いた時間でぼちぼちやってます。 平日は時間が取れないことが多いので、週末が多いですね。 } – 8月 30, 3:01 AM
  • 悪戦苦闘中 { だーしゅさん、返信ありがとうございます。 話が変わりますが、ここの一連のサイトにある可愛いイラストってだーしゅさんの自作でしょうか? だとすると凄い多妻…じゃなくて、多才ですね。 他のブログもちらっと拝見しましたが、キャンプはするは、出張はするは、書斎は作るは、ゲームで遊ぶは、 昼寝はするは(?)と、一体いつ寝ているんでしょうか? (あっ昼? まさが仕事中とか?!) IT関係の仕事って言うだけで寝る間もないようなイメージですが、一体どうやってこんなに大量に楽しそうにこなせるんだろーか? 私からすると魔法かマジックとしか思えないです。 私ですか? 毎日同じ家事と雑用とPCのトラブル対処とかで人生の殆どを費やしてます。。。テレビも見てません。 この差は、一体なんだろーか? orz... } – 8月 28, 6:46 PM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 ドライブレターをDやEなどでは無く、もっと後ろ、XやYなどにすると変わりにくいかも知れません。 おまじない程度ですが。 } – 8月 28, 3:18 AM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 理由はいくつかあります。 ・バックアップのフォルダが複数ある場合、バッチファイルの方が設定しやすい。 ・設定内容は、テキストエディタで見た方が分かりやすく間違えにくい。 ・一時的に設定を変えたい場合、バッチファイルならコピーしておけばOK。 などでしょうか。 バックアップフォルダが1つであれば、直接robocopyコマンドを登録する方法もアリですね。 } – 8月 28, 3:06 AM
  • 悪戦苦闘中 { この記事では、robocopyをバッチファイルに入れてから、それをタスクスケジューラに登録しているようですが、タスクスケジューラに直接 robocopyコマンドを登録するWeb情報をいくつか発見しました。(まだ、自分では直接登録する方法を試していません) http://beiyan-tool.info/category3/category11/entry12.html http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html http://forsenergy.com/ja-jp/taskscheduler/html/a7df21e3-cdd6-450d-94e8-58579cb7be04.htm わざわざバッチファイルに入れる理由って、何かあるんでしょうか? } – 8月 25, 2:52 PM
  • 悪戦苦闘中 { 4年ぶりにコメントします。 「自動実行をしても定期的な確認は必要です」 => ・ドライブレターが勝手に変わって失敗していた。 この前、実際に起こった話です。 orz...(ドライブを増減していないのに、なぜ?) } – 8月 25, 2:21 PM