Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

ExcelでIMEオンでもSHIFT+スペースキーで行を選択する方法

以前の記事でまとめた「ショートカットキーによる行の選択」ですが、「Microsoft IME」を使用している場合、IMEがオン(全角文字が入力できる)状態ではうまく動かないようです。
 
ショートカットキーを押しても行は選択されず、半角空白文字がセルに入力されるだけ。
 
この記事では、これを回避する方法を紹介します。
 

設定方法

結論から言うと、半角空白文字が入力されてしまうのは、「IMEでは、SHIFT+スペースキーのショートカットキー設定に “スペースを入力する” が設定されている」から。
 
これを変更すれば、うまく動くようになります。
 
 
IMEのプロパティ画面を開く。
 
 
Windows 7の場合、「テキストサービスと入力言語」ダイアログから現在使用しているIMEを選択し、プロパティボタンをクリックします。
 
全般タブ – 編集操作 – キー設定 – 変更ボタン」をクリックする。 
 
 
 
キー設定タブ内で「Shift+SPACE」を探し、「入力/変換済み文字なし」列の 別幅空白 を選択し、削除ボタンをクリックする。 
 
 
確認ダイアログで「はい」を選択する。 
 
 
設定欄が「ユーザー定義」に変わり、「Shift+SPACE」行が – (設定なし) に変更される。
 
後は、OKボタンで変更内容を適用すると完了です!
 
 

まとめ

これで、IMEがオンの状態でも、ショートカットキー(SHIFT+スペースキー)で行を選択できるようになります。
 
私もこの方法で設定変更するまではIMEをいちいちオフにしていましたが、これでキー入力が少しは楽になりました。
 
お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


Excelだけで透過pngや透過gifの画像ファイルを拡大・縮小する方法(サイズ変更)

ExcelファイルをPDFに変換してExcelがない人に見てもらう方法

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]