パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

どんなOSでも今すぐファイルをバックアップする方法

 
外付けHDD(ハードディスク)を買ったら、まずはこの方法でバックアップしておきましょう。
 
初心者の方にもおすすめします。

 

スポンサーリンク

もくじ

  • Windowsのエクスプローラを使います
  • バックアップの特徴
  • 良いところ
  • 悪いところ
  • バックアップの方法(その1.普通のフォルダを使う)
  • 方法その1では少し心配なところがあります
  • バックアップの方法(その2.日付のフォルダを使う)
  • 日付のフォルダの便利なところ
  • リストアの方法
  • まとめ
 

スポンサーリンク

Windowsのエクスプローラを使います

 
エクスプローラ」はWindowsについていますので、すぐに使えます。
 
「エクスプローラでコピーするだけ?」と思われるかも知れませんが、これも立派なバックアップです。
 
バックアップの基本といっても良いですね。
 

バックアップの特徴

(1) おすすめなバックアップ場所
  • 家庭 / 企業のパソコン 
(2) バックアップの単位
  • ファイルをバックアップ 
(3) OSの種類
  • すべてのWindows
    ※ Windows XP、Windows 7 / Vista
    ※ Windows Server 2003 / 2008 など。
 

良いところ

  • どんなOSでも今すぐにバックアップできる。
  • ファイルをそのままコピーするので、リストアがとても簡単。
    ファイルをコピーしなおせば良いだけ。
 

悪いところ

  • 毎回、すべてのファイルをコピーするので、バックアップするファイルの数・サイズが大きくなってくると時間がかかる。
    ※これは別の記事で紹介するミラーリングという方法で解決できます!
 

バックアップの方法(その1.普通のフォルダを使う)

  1. バックアップ先に「バックアップ用のフォルダ」を作成しておく。
     
    フォルダ名は「バックアップ」などで良いですね。

    バックアップ先のドライブは、
    以前の記事『パソコンのバックアップ先は外付けHDDがおすすめです!』で書きましたが、
    外付けHDDがおすすめです。 
     
  2. そのフォルダにファイルをコピーする。
     
  3. バックアップ完了です!
     
    コピーするだけですので、バックアップの設定などはありません。
    簡単ですね。
     
  4. 次回バックアップする時は、バックアップする前に、バックアップ先のフォルダの中をすべて削除しておきます。
     

    削除しておかないと、バックアップ先が新しいファイルと古いファイルが混ざった状態になってしまいます。
    先に古いファイルを消しておくことで、すべてのファイルが新しくなります。
 

方法その1では少し心配なところがあります

この方法は少し心配な点が一つあります。
 
それは、
バックアップする時に、バックアップ先のフォルダを消した直後は、
 バックアップが一つもない状態になる

ことです。
 
消したすぐ後にバックアップするのであまり問題ないのですが、バックアップするまでの間が少しだけ心配ですね。
 
これを回避するのが次の方法です。
 

バックアップの方法(その2.日付のフォルダを使う)

  1. バックアップ先に「バックアップする日付がついたフォルダ」を作成する。
     
     「2012-06-20のバックアップ」などで良いですね。

    56-12.png
     
  2. そのフォルダにファイルをコピーする。
     
  3. バックアップ完了です!
     
    かかる時間は方法1と同じですね。
     
  4. 次回、バックアップする時は別の日付をフォルダ名につけて保存する。
     
    56-13.png
     
    方法1と違い、新規にフォルダを作っていますので、
    フォルダの中を削除する必要はありません。
     

日付のフォルダの便利なところ

バックアップ先のハードディスクの空きサイズが許す限り、日付のフォルダを増やすことができます。
 
日付毎にフォルダがありますので、
過去のある時点のファイル(履歴)」を自由に見ることができます。
便利ですね。
 
 
空きサイズが少なくなったら、一番古いフォルダから消していけば良いです。
 
バックアップしたいドライブが複数ある場合、ドライブ名をフォルダにつける方法もあります。
 
自分が見てわかりやすいフォルダ構成にしておきましょうね。
 

リストアの方法

  1. バックアップ先にはオリジナルのファイルがそのままコピーされています。
    元に戻したいファイルを探して、適切なフォルダにコピーする。
     
  2. リストア完了です!
    簡単ですね。
     

まとめ

エクスプローラでコピーするだけなのですが、バックアップとしては十分なことができます。
 
まずはこの方法で、バックアップしておくことをおすすめします!
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { イラストは自作ではなく、イラストレーターの方に描いて頂いています。 他のブログや趣味ですが、空いた時間でぼちぼちやってます。 平日は時間が取れないことが多いので、週末が多いですね。 } – 8月 30, 3:01 AM
  • 悪戦苦闘中 { だーしゅさん、返信ありがとうございます。 話が変わりますが、ここの一連のサイトにある可愛いイラストってだーしゅさんの自作でしょうか? だとすると凄い多妻…じゃなくて、多才ですね。 他のブログもちらっと拝見しましたが、キャンプはするは、出張はするは、書斎は作るは、ゲームで遊ぶは、 昼寝はするは(?)と、一体いつ寝ているんでしょうか? (あっ昼? まさが仕事中とか?!) IT関係の仕事って言うだけで寝る間もないようなイメージですが、一体どうやってこんなに大量に楽しそうにこなせるんだろーか? 私からすると魔法かマジックとしか思えないです。 私ですか? 毎日同じ家事と雑用とPCのトラブル対処とかで人生の殆どを費やしてます。。。テレビも見てません。 この差は、一体なんだろーか? orz... } – 8月 28, 6:46 PM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 ドライブレターをDやEなどでは無く、もっと後ろ、XやYなどにすると変わりにくいかも知れません。 おまじない程度ですが。 } – 8月 28, 3:18 AM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 理由はいくつかあります。 ・バックアップのフォルダが複数ある場合、バッチファイルの方が設定しやすい。 ・設定内容は、テキストエディタで見た方が分かりやすく間違えにくい。 ・一時的に設定を変えたい場合、バッチファイルならコピーしておけばOK。 などでしょうか。 バックアップフォルダが1つであれば、直接robocopyコマンドを登録する方法もアリですね。 } – 8月 28, 3:06 AM
  • 悪戦苦闘中 { この記事では、robocopyをバッチファイルに入れてから、それをタスクスケジューラに登録しているようですが、タスクスケジューラに直接 robocopyコマンドを登録するWeb情報をいくつか発見しました。(まだ、自分では直接登録する方法を試していません) http://beiyan-tool.info/category3/category11/entry12.html http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html http://forsenergy.com/ja-jp/taskscheduler/html/a7df21e3-cdd6-450d-94e8-58579cb7be04.htm わざわざバッチファイルに入れる理由って、何かあるんでしょうか? } – 8月 25, 2:52 PM
  • 悪戦苦闘中 { 4年ぶりにコメントします。 「自動実行をしても定期的な確認は必要です」 => ・ドライブレターが勝手に変わって失敗していた。 この前、実際に起こった話です。 orz...(ドライブを増減していないのに、なぜ?) } – 8月 25, 2:21 PM