パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

パソコンのバックアップ先は外付けHDDがおすすめです!

バックアップ先としては、「外付けのハードディスク(HDD)」という選択肢が候補にあがってきます。
 

スポンサーリンク

外付けHDDの利点

これが外付けHDDです。
USBケーブルでパソコンとつなぎます。
 
BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 2TB HD-LB2.0TU3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
※写真はバッファローの外付けハードディスク(HD-LB2.0TU3/N) [amazon]です。
※HDD容量は2TB。
 
 
利点は、
 
  • 大容量のものが多い。
    最近は数TB(テラバイト)もあり。1TBは1000GBと、DVDの数百倍。
     
    デジカメの写真データを1枚5MBとした場合、1TBのハードディスクであれば、20万枚保存できます!
    ビデオカメラの動画データが1 本1GBの場合、1000本ですね。
     
  • 取り付けが簡単。
    USBなどのケーブルをさすだけ。
      
  • 必要ない場合はパソコンから外せる。
    安全な場所に隠すこともできる。
などがあります。
 

スポンサーリンク

外付けHDDの欠点

欠点を強いてあげるなら、
  • ノートパソコンの場合、取り付けたまま移動は少し難しい。
でしょうか。
 
難しいですが、持ち運びについては、
 ポータブルHDDなど大きさがコンパクトなもの
を選択すれば、解決できます。
最近は、大容量のポータブルHDDも出てきましたね。
 
ポータブルHDDは扱いやすいので、初心者にもおすすめです。
 
BUFFALO USB3.0用 ポータブルハードディスク 1TB HD-PCT1TU3-BBJ
※写真はバッファローのポータブルHDD(HD-PCT1TU3-BBJ) [amazon]です。
※HDD容量は1TB。
 

外付けHDDだからこそ気を付けること

外付けHDDを企業で使う場合、盗難防止用ケーブルでHDDをつないでおけば、盗難の抑止になります。
 
ポータブルHDDの場合、持ち運ぶことができますので盗難や紛失などには十分気を付けてください。

せっかくのバックアップをなくしては大変です。

 

外付けHDDが良い

やはりバックアップ先としては、「外付けHDD」をおすすめします。
 

まずはエクスプローラでコピー!

購入されたあとは、とりあえず大事なファイルをコピーしておいてください。
バックアップ方法にはいろいろありますが、
まずは、エクスプローラでコピーで十分です。
 
2012-06-05のバックアップ」など、バックアップした日付をフォルダ名につけておくと、
いつバックアップしたかがわかって良いですね。
 

まとめ

バックアップ先は外付けHDDがおすすめです!

 


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { イラストは自作ではなく、イラストレーターの方に描いて頂いています。 他のブログや趣味ですが、空いた時間でぼちぼちやってます。 平日は時間が取れないことが多いので、週末が多いですね。 } – 8月 30, 3:01 AM
  • 悪戦苦闘中 { だーしゅさん、返信ありがとうございます。 話が変わりますが、ここの一連のサイトにある可愛いイラストってだーしゅさんの自作でしょうか? だとすると凄い多妻…じゃなくて、多才ですね。 他のブログもちらっと拝見しましたが、キャンプはするは、出張はするは、書斎は作るは、ゲームで遊ぶは、 昼寝はするは(?)と、一体いつ寝ているんでしょうか? (あっ昼? まさが仕事中とか?!) IT関係の仕事って言うだけで寝る間もないようなイメージですが、一体どうやってこんなに大量に楽しそうにこなせるんだろーか? 私からすると魔法かマジックとしか思えないです。 私ですか? 毎日同じ家事と雑用とPCのトラブル対処とかで人生の殆どを費やしてます。。。テレビも見てません。 この差は、一体なんだろーか? orz... } – 8月 28, 6:46 PM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 ドライブレターをDやEなどでは無く、もっと後ろ、XやYなどにすると変わりにくいかも知れません。 おまじない程度ですが。 } – 8月 28, 3:18 AM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 理由はいくつかあります。 ・バックアップのフォルダが複数ある場合、バッチファイルの方が設定しやすい。 ・設定内容は、テキストエディタで見た方が分かりやすく間違えにくい。 ・一時的に設定を変えたい場合、バッチファイルならコピーしておけばOK。 などでしょうか。 バックアップフォルダが1つであれば、直接robocopyコマンドを登録する方法もアリですね。 } – 8月 28, 3:06 AM
  • 悪戦苦闘中 { この記事では、robocopyをバッチファイルに入れてから、それをタスクスケジューラに登録しているようですが、タスクスケジューラに直接 robocopyコマンドを登録するWeb情報をいくつか発見しました。(まだ、自分では直接登録する方法を試していません) http://beiyan-tool.info/category3/category11/entry12.html http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html http://forsenergy.com/ja-jp/taskscheduler/html/a7df21e3-cdd6-450d-94e8-58579cb7be04.htm わざわざバッチファイルに入れる理由って、何かあるんでしょうか? } – 8月 25, 2:52 PM
  • 悪戦苦闘中 { 4年ぶりにコメントします。 「自動実行をしても定期的な確認は必要です」 => ・ドライブレターが勝手に変わって失敗していた。 この前、実際に起こった話です。 orz...(ドライブを増減していないのに、なぜ?) } – 8月 25, 2:21 PM