Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excel2010,2013で少しでも画面を広く使いつつ「ALT+数字キー」のショートカットも使う方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
この記事で紹介したクイックアクセスツールバーで、「全画面表示の切り替え」がありました。
 
これはリボンやクイックアクセスツールバーを隠して全画面表示にするものなんですが、「ALT+数字キー」を使ったショートカットが使えなくなるのが問題でした。おしいです。
 
ちょっと良い方法を見つけたので紹介します。
 

使い方

やり方は簡単です。
 
クイックアクセスツールバーの設定で「リボンの最小化」を使います。
 
 
これだけです。
 
 

比較してみました

それぞれのコマンドを使った場合、画面がどうなるか比較してみます。
 
まずは普通の状態
 
リボンもツールバーもすべてが表示されています。
画面サイズが大きい場合はこれでも全然問題ないですね。
 
 
 
次に「全画面表示の切り替え」を実行します。
 
リボンやタブが消えたので画面が広く使えるようになりましたが、クイックアクセスツールバーも消えてしまいました。
 
 
 
リボンの最小化」を実行してみます。
 
リボンだけが消え、リボンのタブとクイックアクセスツールバー、数式は残りました。
 
画面の広がりは「全画面表示の切り替え」よりは小さいですが、リボンの分だけは画面を広く使うことができます!
 
 
結構リボンは大き目なので、これが消えるだけでも画面が広くなるものです。
 

まとめ

全画面表示にして画面が広くなっても、操作性が下がるのはもったいない。
 
「リボンの最小化」を使えば、画面も少し広くしつつ、便利なショートカットキーもそのまま使えますよ。
 
一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


行や列の連続したセルを繰り返して処理したい!Excelマクロ(VBA)のFor~Next文

Excelを便利なテキストエディターっぽく使う方法

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]