パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

バックアップの特徴を「行う場所とOSの種類と単位」で考えてみた

バックアップに関係する項目としては、以下があります。
  
(1) バックアップを行う場所
  • 家庭
  • 企業
(2) バックアップの単位
  • ファイルをバックアップ
  • パソコン全体をバックアップ
(3) OSの種類
  • Windows XP
  • Windows 7 / Vista
  • Windows Server 2003 / 2008
それぞれの項目について、バックアップに関係する特徴を箇条書きで書いてみます。
 

スポンサーリンク

[場所1] 家庭でのバックアップ

icon_1r_64.png
  • 主に自宅で作成したファイルをバックアップします。
     
  • ファイルはそれぞれのパソコンに入っていることが多いと思います。
    デジカメの写真データやビデオカメラの動画ファイルなどですね。
     
  • バックアップ対象となるのは、パソコンです。
 

スポンサーリンク

[場所2] 企業でのバックアップ

icon_2y_64.png
  • 主に企業で作成したファイルをバックアップします。
     
  • ファイルは共有のファイルサーバに入っていることが多いと思います。
    日々の業務で作成したドキュメントやファイルなどですね。
     
  • バックアップ対象となるのは、ファイルサーバです。
 

[単位1] ファイル単位のバックアップ

icon_3g_64.png
  • バックアップと聞いてイメージするのは、この「ファイルをコピーするバックアップ」ではないでしょうか。

    当記事ではこれをファイル単位と呼ぶことにします。 

  • フォルダをバックアップすれば、そのフォルダに含まれる、全てのファイルをバックアップすることもできます。
 

[単位2] パソコン全体のバックアップ

icon_1r_64_PC1.pngicon_1r_64_PC2.png
  • バックアップしたデータには、WindowsのシステムファイルやソフトウェアなどOSに関係するファイルや自分が作成したファイルなど、パソコン内の全てのファイルが含まれます。
     
  • パソコンのHDDデータをまるごと「イメージファイル」と呼ばれるファイルに変換することでバックアップします。
     
    これから、「イメージバックアップ」と呼ばれることもあります。
     
  • パソコンのOSが壊れた、新しいHDDを買ってきて交換したい、などに使います。

    もちろん、OSが正常な時にバックアップしておく必要がありますが。 

  • ファイル単位のバックアップより、規模が大きいバックアップと考えて良いでしょう。
     
  • ファイル単位でのバックアップと比較すると、少しバックアップとしては扱いづらいかも知れません。
 

[OS1] Windows XPでのバックアップ

icon_6m_64.png
  • 標準で「バックアップツール」機能が付いていますが、正直使いにくいです。。。

    フリーか市販のバックアップソフトなどの方が良いかもしれません。 

  • バックアップツールは、基本的にファイル単位のバックアップとなります。
 

[OS2] Windows 7 / 8 / Vistaでのバックアップ

icon_6m_64.png
  • 標準で「バックアップと復元」機能が付いており、この機能はとても便利で使えます!
     
  • ファイル単位、パソコン全体の両方のバックアップができます。
     
  • OSに付いている機能なのに、パソコン全体のバックアップもできるのは素晴らしい。
 

[OS3] Windows Server 2003 / 2008 / 2012でのバックアップ

icon_6m_64.png
  • Windows Server 2008であれば、Windows 7と同じく「バックアップと復元」機能が標準で付いてます!
    ありがたいです。
     
  • Windows Server 2003は、Windows XPと同様の「バックアップツール」となります。
     
  • サーバー系のOSですので、専用のバックアップツールは高価なことが多いようです。
    安いものでも10万円くらいでしょうか。
 

まとめ

パソコン全体のバックアップも大事ですが、パソコンのOSやソフトウェアは再インストールすればなんとかなります。
 
けど、自分が作成したファイルはなくなると復活できませんので。
 
まずは、ファイル単位のバックアップをおすすめします。

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { イラストは自作ではなく、イラストレーターの方に描いて頂いています。 他のブログや趣味ですが、空いた時間でぼちぼちやってます。 平日は時間が取れないことが多いので、週末が多いですね。 } – 8月 30, 3:01 AM
  • 悪戦苦闘中 { だーしゅさん、返信ありがとうございます。 話が変わりますが、ここの一連のサイトにある可愛いイラストってだーしゅさんの自作でしょうか? だとすると凄い多妻…じゃなくて、多才ですね。 他のブログもちらっと拝見しましたが、キャンプはするは、出張はするは、書斎は作るは、ゲームで遊ぶは、 昼寝はするは(?)と、一体いつ寝ているんでしょうか? (あっ昼? まさが仕事中とか?!) IT関係の仕事って言うだけで寝る間もないようなイメージですが、一体どうやってこんなに大量に楽しそうにこなせるんだろーか? 私からすると魔法かマジックとしか思えないです。 私ですか? 毎日同じ家事と雑用とPCのトラブル対処とかで人生の殆どを費やしてます。。。テレビも見てません。 この差は、一体なんだろーか? orz... } – 8月 28, 6:46 PM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 ドライブレターをDやEなどでは無く、もっと後ろ、XやYなどにすると変わりにくいかも知れません。 おまじない程度ですが。 } – 8月 28, 3:18 AM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 理由はいくつかあります。 ・バックアップのフォルダが複数ある場合、バッチファイルの方が設定しやすい。 ・設定内容は、テキストエディタで見た方が分かりやすく間違えにくい。 ・一時的に設定を変えたい場合、バッチファイルならコピーしておけばOK。 などでしょうか。 バックアップフォルダが1つであれば、直接robocopyコマンドを登録する方法もアリですね。 } – 8月 28, 3:06 AM
  • 悪戦苦闘中 { この記事では、robocopyをバッチファイルに入れてから、それをタスクスケジューラに登録しているようですが、タスクスケジューラに直接 robocopyコマンドを登録するWeb情報をいくつか発見しました。(まだ、自分では直接登録する方法を試していません) http://beiyan-tool.info/category3/category11/entry12.html http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html http://forsenergy.com/ja-jp/taskscheduler/html/a7df21e3-cdd6-450d-94e8-58579cb7be04.htm わざわざバッチファイルに入れる理由って、何かあるんでしょうか? } – 8月 25, 2:52 PM
  • 悪戦苦闘中 { 4年ぶりにコメントします。 「自動実行をしても定期的な確認は必要です」 => ・ドライブレターが勝手に変わって失敗していた。 この前、実際に起こった話です。 orz...(ドライブを増減していないのに、なぜ?) } – 8月 25, 2:21 PM