パソコンのバックアップ方法を紹介します。

menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

バックアップの方向性を「費用と設定方法と定期実行」で考えてみた

 
バックアップ方法の方向性としては、以下を考えています。
  1. なるべく費用をかけない
  2. できるだけ設定が簡単
  3. 定期的な実行もできる
もちろんこの他にも、セキュリティ対策など考えることはありますが、まずは、この3つで良いと思います。
 


方向性の補足

それぞれの補足と目標です。
 
全てを満たすことは難しいかも知れませんが、まずは目標を立てるのは大事なことです。
 

(1) なるべく費用をかけない

できるだけ費用はかけたくはないですが、必要に応じて購入も考えた方が良いですね。

全て無料でがんばろうとした場合、選択肢が狭まってしまいます。
 
  • 必要最低限の出費に抑える。
  • OSに既にある機能であれば使う。
  • 無い場合、フリーで配布されているものを使用する。
  • 無料でもできるが、敷居が高そうな場合は市販のバックアップソフトを購入する。
  • 購入する場合は納得できる範囲であること。

(2) できるだけ設定が簡単

バックアップ方法が難しい場合、バックアップをあきらめてしまうこともありますので、できるだけ簡単に設定できればありがたいですね。
 
  • 少しの手間で最大のバックアップ効果を目指す。
  • オリジナルのフォルダを指定する、バックアップ先のフォルダを指定する、その他の設定、くらいで完了するくらいが良い。

(3) 定期的な実行もできる

環境が整えば完全自動化もできますが、まずは手動から始めるのが良いですね。
 
  • 自動または半自動でバックアップしたい。
  • 自動の場合、一度設定すると、あとは放っておけば勝手にバックアップしてくれる。
    定期的にバックアップが正常にとれているか確認すれば良い。
  • 半自動の場合、一度設定すると設定自体は完了する。
    あとは、バックアップしたい時にバックアップを実行すれば良い。
    定期的なバックアップ確認は、自動の場合と同じ。

まとめ

基本的には無料で必要に応じては費用をかけつつ、できるだけ設定は簡単で、定期的な実行ができればなお良し。
 
そんな感じのバックアップをめざしましょう。
 
スポンサーリンク


バックアップが2つあるとファイルサーバが壊れた時、更に安心です

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]