パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

データ転送速度が速いとバックアップ時間も短くなりますよ

 
バックアップするサイズは、対象となるファイルの数とサイズの合計です。 

HDD(ハードディスク)にデータを書き込んでいきますので、バックアップするサイズが大きいほど、バックアップには時間がかかることになります。

 
実は、バックアップにかかる時間を決める要素は、もう一つあります。 
それがパソコンから外付けHDDへの「データの転送速度」です。
 

スポンサーリンク

USB3.0は体感できる速さ

最近はパソコンと外付けHDDをつなぐ規格として、USB3.0という新しいものができました。 
USB3.0はUSB2.0と互換性を持った上位規格で、更に転送速度が速くなっています。
 
 
規格上の転送速度は、
  • USB2.0: 最大480Mbps
  • USB3.0: 最大5Gbps
ですので、10倍速い!と言われますが、実際使った感じでは3~4倍でしょうか。

しかし、十分速く、体感でわかるレベルです。

 
外付けHDDだから転送速度が遅い、という時代はもう終わっています。
 

スポンサーリンク

カードの増設で速くなる場合があります

USB3.0でデータ転送したい場合、「パソコン側」と「外付けHDD側」の両方がUSB3.0に対応している必要があります。

デスクトップパソコンやサーバマシンであれば、

インターフェイスボード(最近ではPCI-Expressという規格)を増設すると、パソコン側を簡単にUSB3.0対応にできます。

 
拡張ボードはそんなに高価なものではありませんので、一度お試しくださいね。
I-O DATA PCI Express接続 USB3.0/2.0インターフェイスボード USB3-PEX2
※写真はI-O DATAのインターフェイスボード(USB3-PEX2) [amazonで見る]です。
※別カードのUSB3-PEX2[amazonで見る]はサーバ系OSにも対応しているのでおすすめです!
 
商品を選ばれる際は、お使いのパソコンに対応しているかご確認くださいね。
 

最近のパソコンは既に速い

既にパソコンにUSB3.0がついている場合、ラッキーです。
外付けHDDを購入する場合は、ぜひUSB3.0対応のものを選択してください。
 

USB3.0は専用のケーブルが必要です

「USB3.0対応のパソコン」と「USB3.0対応の外付けHDD」をつなぐ場合、USBケーブルも「USB3.0専用のケーブル」が必要です。
この専用ケーブルでパソコンとHDDをつながないと、USB3.0本来のパフォーマンスを出すことができません。
 
ご注意くださいね。
といっても、USB3.0対応の外付けHDDを買った時にたいていは対応ケーブルが付属していると思います。
このケーブルは、いつものUSB2.0ケーブルと違って、少しがっしりしたケーブルになっています。
(そのうち、取り回しがしやすいケーブルが発売されると思いますが)
ちなみに、このUSB3.0ケーブルは互換性がありますので、これまで通り、USB2.0でも使うことができますよ。
 

パソコンのHDDが遅い場合はどうしようもありません

一つ注意があります。 
パソコンのHDD自体が遅い場合は、USB3.0にしても効果が少ない場合があります。
バックアップする時は、
  1. バックアップ元のパソコンからファイルを読む
  2. データを元から先に転送する ※USBの速度が関係するのはココ!
  3. バックアップ先にファイルを書く
となります。
 
バックアップ全体の速度は、1の「読む速度」を超えることはできません。
 

ですので、そもそもパソコンのHDDが遅い場合は、「今の速度で我慢する」か「パソコンのHDDを速いものに交換する」

しかありませんが、そこまでしなくても良いと思いますよ。
 

USB2.0でも問題なし

いろいろ書きましたが、USB2.0でも大きなは問題ありません。 
バックアップのサイズが大きくて時間がかかる場合でも、しばらく放置しておけばよいのですから。
 

まとめ

データの転送速度は速いに越したことはありませんが、USB2.0でもなんとかなります。
 
機会があれば、USB3.0にして速さを実感してみましょう。 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { crowさん、コメントありがとうございます。 最近はセキュリティが厳しいですので、 会社でのフリーソフトは禁止になる傾向のようですね。 確かに、RobocopyはWindows標準なのでありがたいです。 性能や品質面でも安心ですし。 「監視ツール」はかなり厳しそうですね。 セキュアになるのは良いですが、使い勝手が悪く不便な面もありそうです。 どちらを取るか、バランスが難しい。 } – 8月 19, 2:30 AM
  • crow { Robocopyの丁寧な説明、ありがたいです。 私の職場だと、機密情報以外の自分のフォルダ内容は持ち出しOK、残業や休日出勤せず自宅で作業してよし、って環境なんですが、ウィルス対策やら情報漏洩やらいろいろ厳しくて、フリーソフトは使用禁止!ということになっています。となると、MicrosoftのSyncToyも使えません。SyncToyが使えればGUIで分かりやすく簡単にフォルダ内容を同期できるんですがね・・・ こっそり使おうかな?とも思ったのですが、ダメなんですね。社員のPCの画面、起動したアプリケーション、実行した操作等々、PCの挙動が管理者PCからチェックできるソフトが入っていて、例えば使用申告してないアプリケーションを起動しただけで即管理者にアラートが入るんです。で遠隔操作で画面確認されて始末書。同僚がこっそりフリーソフト使って数分後には管理部門から呼び出しでした。 ブリーフケースも廃止されてしまって、Windowsの標準機能だけで同期させるにはRobocopyくらいしかないわけですが、色々と複雑なコマンドなので困っていました。 バッチファイルを作って利用させていただきます。 } – 8月 17, 8:09 AM
  • だーしゅ { カッコ部分も表示されていました。 ご丁寧にありがとうございました。 また、使わせて頂きますね。 } – 4月 25, 4:55 PM
  • { 《補足》 コメント文中に不等号の記号を使ったためか 欠落してしまった部分がありました。 今度はうまく表示できますように。 powershell -command (get-content <ファイル名>)[-15..-1] 《説明》 <ファイル名>以外のところは丸括弧、角括弧の記号を含めてそのまま入力します。 <ファイル名>の部分は変数なので不等号の記号は入力しません。 } – 4月 24, 11:25 PM
  • だーしゅ { > powershell -command (get-content )[-15..-1] > > 《説明》 > これは「ファイルの後ろから数えて 15行目から最終行までを表示せよ」というコマンドです。 なるほど。 確かにサマリー部分は固定行数なので、この方法で表示できますね。 PowerShellはあまり使った事がなかったのですが、いろいろと便利な事ができそうです。 情報ありがとうございました。 } – 4月 24, 4:53 PM
  • いっちゅう { 回答ありがとうございます。 役立つサイトまで探してくださったのですね。 活用させてもらいます。 [1]に関して 「バックアップ先にしかないファイル」というのは長いので 「コピー先のみ」を採用させてもらいます。 [3]に関して 現状でもご所望のことは容易にできると思います(何もインストールの必要はありません)。 コマンドラインでコマンドを打つことになりますが、robocopyコマンド自体がそうなので たぶん苦にならないと思います。UNIXコマンドの tail 見たいなことをします。 コマンドラインで以下のように入力します。 powershell -command (get-content )[-15..-1] 《説明》 これは「ファイルの後ろから数えて 15行目から最終行までを表示せよ」というコマンドです。 Windows PowerShell の機能を利用します。 上記は普段使っているコマンドインタープリターが Windows... } – 4月 24, 8:50 AM