パソコンのバックアップ方法を紹介します。


menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

データ転送速度が速いとバックアップ時間も短くなりますよ

 
バックアップするサイズは、対象となるファイルの数とサイズの合計です。 

HDD(ハードディスク)にデータを書き込んでいきますので、バックアップするサイズが大きいほど、バックアップには時間がかかることになります。

 
実は、バックアップにかかる時間を決める要素は、もう一つあります。 
それがパソコンから外付けHDDへの「データの転送速度」です。
 

スポンサーリンク

USB3.0は体感できる速さ

最近はパソコンと外付けHDDをつなぐ規格として、USB3.0という新しいものができました。 
USB3.0はUSB2.0と互換性を持った上位規格で、更に転送速度が速くなっています。
 
 
規格上の転送速度は、
  • USB2.0: 最大480Mbps
  • USB3.0: 最大5Gbps
ですので、10倍速い!と言われますが、実際使った感じでは3~4倍でしょうか。

しかし、十分速く、体感でわかるレベルです。

 
外付けHDDだから転送速度が遅い、という時代はもう終わっています。
 

スポンサーリンク

カードの増設で速くなる場合があります

USB3.0でデータ転送したい場合、「パソコン側」と「外付けHDD側」の両方がUSB3.0に対応している必要があります。

デスクトップパソコンやサーバマシンであれば、

インターフェイスボード(最近ではPCI-Expressという規格)を増設すると、パソコン側を簡単にUSB3.0対応にできます。

 
拡張ボードはそんなに高価なものではありませんので、一度お試しくださいね。
I-O DATA PCI Express接続 USB3.0/2.0インターフェイスボード USB3-PEX2
※写真はI-O DATAのインターフェイスボード(USB3-PEX2) [amazonで見る]です。
※別カードのUSB3-PEX2[amazonで見る]はサーバ系OSにも対応しているのでおすすめです!
 
商品を選ばれる際は、お使いのパソコンに対応しているかご確認くださいね。
 

最近のパソコンは既に速い

既にパソコンにUSB3.0がついている場合、ラッキーです。
外付けHDDを購入する場合は、ぜひUSB3.0対応のものを選択してください。
 

USB3.0は専用のケーブルが必要です

「USB3.0対応のパソコン」と「USB3.0対応の外付けHDD」をつなぐ場合、USBケーブルも「USB3.0専用のケーブル」が必要です。
この専用ケーブルでパソコンとHDDをつながないと、USB3.0本来のパフォーマンスを出すことができません。
 
ご注意くださいね。
といっても、USB3.0対応の外付けHDDを買った時にたいていは対応ケーブルが付属していると思います。
このケーブルは、いつものUSB2.0ケーブルと違って、少しがっしりしたケーブルになっています。
(そのうち、取り回しがしやすいケーブルが発売されると思いますが)
ちなみに、このUSB3.0ケーブルは互換性がありますので、これまで通り、USB2.0でも使うことができますよ。
 

パソコンのHDDが遅い場合はどうしようもありません

一つ注意があります。 
パソコンのHDD自体が遅い場合は、USB3.0にしても効果が少ない場合があります。
バックアップする時は、
  1. バックアップ元のパソコンからファイルを読む
  2. データを元から先に転送する ※USBの速度が関係するのはココ!
  3. バックアップ先にファイルを書く
となります。
 
バックアップ全体の速度は、1の「読む速度」を超えることはできません。
 

ですので、そもそもパソコンのHDDが遅い場合は、「今の速度で我慢する」か「パソコンのHDDを速いものに交換する」

しかありませんが、そこまでしなくても良いと思いますよ。
 

USB2.0でも問題なし

いろいろ書きましたが、USB2.0でも大きなは問題ありません。 
バックアップのサイズが大きくて時間がかかる場合でも、しばらく放置しておけばよいのですから。
 

まとめ

データの転送速度は速いに越したことはありませんが、USB2.0でもなんとかなります。
 
機会があれば、USB3.0にして速さを実感してみましょう。 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]

最近のコメント

  • だーしゅ { イラストは自作ではなく、イラストレーターの方に描いて頂いています。 他のブログや趣味ですが、空いた時間でぼちぼちやってます。 平日は時間が取れないことが多いので、週末が多いですね。 } – 8月 30, 3:01 AM
  • 悪戦苦闘中 { だーしゅさん、返信ありがとうございます。 話が変わりますが、ここの一連のサイトにある可愛いイラストってだーしゅさんの自作でしょうか? だとすると凄い多妻…じゃなくて、多才ですね。 他のブログもちらっと拝見しましたが、キャンプはするは、出張はするは、書斎は作るは、ゲームで遊ぶは、 昼寝はするは(?)と、一体いつ寝ているんでしょうか? (あっ昼? まさが仕事中とか?!) IT関係の仕事って言うだけで寝る間もないようなイメージですが、一体どうやってこんなに大量に楽しそうにこなせるんだろーか? 私からすると魔法かマジックとしか思えないです。 私ですか? 毎日同じ家事と雑用とPCのトラブル対処とかで人生の殆どを費やしてます。。。テレビも見てません。 この差は、一体なんだろーか? orz... } – 8月 28, 6:46 PM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 ドライブレターをDやEなどでは無く、もっと後ろ、XやYなどにすると変わりにくいかも知れません。 おまじない程度ですが。 } – 8月 28, 3:18 AM
  • だーしゅ { 悪戦苦闘中さん、コメントありがとうございます。 理由はいくつかあります。 ・バックアップのフォルダが複数ある場合、バッチファイルの方が設定しやすい。 ・設定内容は、テキストエディタで見た方が分かりやすく間違えにくい。 ・一時的に設定を変えたい場合、バッチファイルならコピーしておけばOK。 などでしょうか。 バックアップフォルダが1つであれば、直接robocopyコマンドを登録する方法もアリですね。 } – 8月 28, 3:06 AM
  • 悪戦苦闘中 { この記事では、robocopyをバッチファイルに入れてから、それをタスクスケジューラに登録しているようですが、タスクスケジューラに直接 robocopyコマンドを登録するWeb情報をいくつか発見しました。(まだ、自分では直接登録する方法を試していません) http://beiyan-tool.info/category3/category11/entry12.html http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html http://forsenergy.com/ja-jp/taskscheduler/html/a7df21e3-cdd6-450d-94e8-58579cb7be04.htm わざわざバッチファイルに入れる理由って、何かあるんでしょうか? } – 8月 25, 2:52 PM
  • 悪戦苦闘中 { 4年ぶりにコメントします。 「自動実行をしても定期的な確認は必要です」 => ・ドライブレターが勝手に変わって失敗していた。 この前、実際に起こった話です。 orz...(ドライブを増減していないのに、なぜ?) } – 8月 25, 2:21 PM