パソコンのバックアップ方法を紹介します。

menu

パソコンのバックアップ方法まとめ

バックアップ先もいつかは壊れますが同時に壊れなければ良いのです

 

バックアップ先が壊れる可能性はもちろんあります。
それは、バックアップ先がハードディスク(HDD)、DVDやBDでも同じです。

壊れるかも知れない確率が違うだけで、いつかは壊れるものです。
 
それは仕方がありません。
 


同時に壊れなければ良いのです

バックアップとして考えた場合、大事なのは「オリジナルとバックアップの両方が同時に壊れない」ことです。
 
同時に壊れなければ良いのです。
 
両方が同時に壊れる確率は、低いといっていいでしょう。
けど、0ではありません。 
そこでバックアップの世界には、その確率を少しでも減らす仕組みがいろいろあります。
 

バックアップをバックアップ?

そのうちの一つが、バックアップデータを更にバックアップするという仕組みです。

確かに安全にはなるのですが、費用や管理の面が大変になってきますのでおすすめはできません。
とはいえ、企業などで余裕があれば、行う価値が十分にあります。
 
 
一番最後のバックアップのタイミングを変えれば、月ごとや年ごとの過去データをバックアップすることもできますので。
 

もう少し安心したい

けど少し心配だ、という方の為にもう一つ仕組みがあります。 
それがバックアップ先の「冗長化(じょうちょうか)」です。
 


まとめ

バックアップ先も機械ですのでいつかは壊れます。

けど、同時に壊れなければ大丈夫です。
 
スポンサーリンク


バックアップが2つあるとファイルサーバが壊れた時、更に安心です

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
バックアップが趣味。

[当ブログについて]