パソコンが便利で楽になるものを紹介しています。


menu

パソコンが便利で楽になるものを紹介しています

小さくて持ち運びに便利なマウスです!ロジクール MX1600sGR ANYWHERE 2S モバイルマウス!MX1500の後継機です

 
自宅のノートパソコンを使う時、ロジクールの「Bluetoothマウス M557」を使っています。
 
とりあえず購入したマウスでしたが、性能は十分でした。
 
 
そのマウスが最近調子が悪い。。。
 
特に、左クリック部分が悪いようで、何回かクリックしないと反応してくれません。
 
 
同じマウスを買っても良かったんですが、せっかくなら新しいマウス!というワケで、「ロジクール MX1600sGR ANYWHERE 2S」を購入しました。
 
この記事で書いた「MX1500」の後継機ですね。
 
思っていた通りの良いマウスでしたよ。

スポンサーリンク

開けてみる

ロジクールと言えば、黒と緑の箱。
 
マウス本体、USBケーブル、USBレシーバーが入っていました。
 
USBケーブルは、マウス本体の充電に使います。
乾電池は使わないのでリーズナブル。
 
UnifyingのUSBレシーバーは、かなり小さい。
今回はBluetooth接続しますので使いませんが、これならノートパソコンに挿しても気になりませんね。
 
スポンサーリンク

サイズはMX1500とまったく同じ!

サイズを比較してみました。
 
左がMX1600sGR、右がMX1500です。
幅と奥行きは同じ。
 
高さも同じようですね。
 
 
スペック表(※)で確認してみると、完全に同じでした!
・高さ:34.4mm
・幅 :61.6mm
・奥行き:100.3mm
・重量 :106g
・センサー:不可視レーザー(Darkfield)
・電池の詳細:Li-Po(500 mAh)
http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/mx-anywhere2/specs
 http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/mx-anywhere-2s-flow/specs
 
私の場合、自宅と会社の両方でMX1500を使ってますが、MX1600sGRでも違和感はナシ。
 
サイズが同じだから当たり前ですが。。。
 

違いもあった

完全に同じかと思いましたが、少しだけ違いがありました。
 
まずは「DPI」。
「最小 400 DPI / 最大 1200 DPI」が「最大 4000 DPI」に変わってました。
レーザーの読み取り精度がアップした?ようですね。
 
 
裏面も少し違います。
ペアリングボタン」がありません。
 
ペアリングは、切り替えボタン(Easy-Switch ボタン)を3秒間押し続けるとできますよ。
http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/mx-anywhere-2s-flow/getting-started
 
 
あとは「」が違います。
金と銀の違いですが、どちらもカッコいい。
 
Lenovo YOGA 710の銀色とマッチしてます。
ちなみに、USBに挿してるのはUSBレシーバーではなく、指紋認証リーダー
 

Bluetoothでペアリング

ここでは、OSがWindows10の場合で説明しています。
 
  1. コントロールパネルで「設定 – Bluetoothとその他のデバイス」を開く
      
  2. マウスの電源を入れる。
      
  3. 「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックする。

      
  4. 「デバイスを追加する」画面で、「Bluetooth」をクリックする。

      
  5. 一覧に「MX Anywhere 2S」があるのでクリックする。

      
  6. 完了ボタンをクリックする。
これで完了です!
 
 
最初の画面を確認してみると、「MX Anywhere 2S 接続済み」と表示されています。
 
 
ちなみにですが、USBレシーバーを使う場合はもっと簡単です。
 
レシーバーをUSB端子に挿すだけ!
 
USBポートに余裕がある場合は、レシーバーを使うのをお勧めします。
 

Logicool Optionsで設定する

これでマウスが使えるようになりました。
 
細かな設定は「Logicool Options」を使います。
 
[マウス]
左右チルトと真ん中のボタン、左側のボタン2つを設定します。
私の場合、左ボタンに「BSキー」を割り当ててます。
 
キーボードを使わなくても文字が消せるので便利。
 
[ポイント&スクロール]
ポインタの速度を設定します。
「スムーズスクロール」は無効にしてます。
 
[Flow] 
「FLOW」の設定もここでできます。
 
これを使うと、「カーソルを画面の端に移動させてコンピュータ間をシームレスに切り替え、テキスト、画像、およびファイルをコンピュータ間で素早くコピー&貼り付け」できます。
 
「リモートデスクトップのクリップボード共有」に近いですね。
 
複数のパソコンを同時に使う時に便利そう。
 

まとめ

ロジクールの「Bluetoothマウス M557」の調子が悪くなったので、「MX1600sGR ANYWHERE 2S」を購入しました!
 
自宅や会社で使ってる「MX1500」の後継機種なので、同じくらいコンパクトで使いやすいマウスでした。
 
これで作業が捗りますよ。 
Logicool ロジクール MX1600sGR ANYWHERE 2S ワイヤレス モバイルマウス グラファイト FLOW Bluetooth/USB接続 Windows・Mac対応 レーザー採用
 
 
 

スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
パソコンが楽になる
何かが見つかるとうれしい。
[当ブログについて]

最近のコメント

  • User Avatarだーしゅ { KENさん、コメントありがとうございます。 私も10個すべてのブログで、サブディレクトリ方式を使ってます。 まず、レポート画面で「集客 - すべてのトラフィック - 参照元/メディア」を確認しました。 ・google / organic ・yahoo / organic ・bing / organic ・(direct) / (none) などはありましたが、自ドメインは見当たりませんでした。 次に、「(direct) / (none)」の中にあるかと、 「セカンダリ ディメンション:完全なリファラー」... } – 11月 04, 2:18 PM
  • User AvatarKEN { こちらの記事を参考にさせていただきました。 1点、質問がございます。 sample.com/blog-a/ sample.com/blog-b/ 上記2つの別ブログがあるとして、記事のとおりに設定した場合、 ブログAに、ブログBからのリンク流入があった場合、 ブログAの「集客」レポートにおいて、ブログBが参照元として記録されますでしょうか? ブログAとブログBは「sample.com」という同じドメインになるので、記録されないような気がします(ノーリファラーになる!?)が、GA上で「ウェブサイトのURL」を「sample.com」ではなく「sample.com/blog-a」にしておけば記録されますかね? 例として挙げさせていただいた「ブログA」と「ブログB」は内容的に別サイトでして、 GAの「集客」レポート上で、他の外部サイトからの流入と同じように「リンク流入」として分析をしたいのです。 blog-a.sample.com blog-b.sample.com とか、 blog-a.com blog-b.com とすればドメイン的にも別サイトになるので、やりたいことができるのは分かっているのですが、事情がありサブディレクトリで2サイトを運営しています。。 } – 11月 04, 3:25 AM
  • User Avatarだーしゅ { 匿名さん、コメントありがとうございます。 止める事ができて良かったですよ。 } – 1月 25, 6:38 AM
  • User Avatar { デスクトップの右上でマウスカーソルを止める事ができました! ありがとうございます。 } – 1月 25, 2:47 AM
  • User Avatarだーしゅ { おでんでんさん、コメントありがとうございます。 私もこの方法で、ファイルサーバや自分のパソコンのバックアップを定期的に実行してますよ。 黒画面が表示されないのは良いですね。 いきなり表示するとびっくりしますので。。。 } – 12月 07, 9:17 PM
  • User Avatarおでんでん { Windows7にて、バッチファイルの黒画面を表示させないように する必要があり、本記事を参考にさせてもらいました。 ありがとうございました。 } – 12月 07, 8:24 PM