Excel(エクセル)の操作が楽になる方法と便利な使い方を紹介しています。

menu

Excel(エクセル)が楽で便利になる方法

Excelブックを新規作成した時のシート数を1つにする方法

[ この記事の内容は Excel2013 でも使えます ]
 
Excelファイルを新しく作った時、Sheet1、Sheet2、Sheet3のシートがあるのですが、「最初のシート数は1つで良いのに。。。」ということはありませんか?
  
この記事では、最初のシートを1つにする方法を紹介します。
  

いつもはシートが3つあります

普通はこんな感じでシートが表示されますね。
 
 
 Sheet1だけにしてみましょう。
  

設定方法は簡単です

  1. メニューの「ファイル – オプション」をクリックする。
     
  2. 基本設定で、「新しいブックの作成時」のブックのシート数を「1」に変更する。
     
  3. OKボタンをクリックすれば、完了です!
 

最初のシートが1つになりました

Excelファイルを新しく作成してみましょう。
 
  1. メニューの「ファイル – 新規作成」をクリックする。
     
  2. 空白のブックかその他のテンプレートを選択する。
    ショートカットで「CTRL+N」キーを押しても良いですよ。 
     
  3. 最初のシート数が1つになりました!

残念ながら、右クリックからの新規作成は変わりません

上記の方法では、デスクトップやエクスプローラ上で右クリックして、「新規作成 – Microsoft Excel ワークシート」をクリックしてできたファイル、には効果はありません。
 
お気をつけくださいね。
  

逆に増やすこともできます

シート数を1ではなく、増やすこともできます。
 
最大値は255のようです。
 
 
 「シート数が3では少ない!」という方は増やしてくださいね。
  

まとめ

余分なシートを削除するのがめんどくさい!というお方は、一度、お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


Excel2010,2013用クイックアクセスツールバーのおすすめ設定はこれです(ダウンロードあり)

Excel2010,2013クイックアクセスツールバー設定のバックアップ(エクスポート)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


最近のコメント

だーしゅ
IT関係のお仕事してます。
Excel大好き。

[当ブログについて]