iPhoneのテキストエディターアプリ「Textforce」でカーソルを移動する3つの方法

73-1
 
iPhoneでテキスト編集するのに「Textforce」を使ってます。
 
Dropboxとの連携もできるので重宝してます。
 
 
毎日、このアプリを使ってメモや思いついたことを入力してるのですが、
文字を編集する時、頻繁にカーソルを移動します。
 
 
パソコンのようにボタンが無いので、移動しにくいことがありますよね。
 
この記事では、カーソル移動する方法を3つ紹介します。
 

スポンサーリンク

(1) 文字をタップする

カーソルを移動したい文字をタップすると、カーソルが移動します。
 
いま、カーソルがある位置から、
遠い場所にカーソルを持っていきたい場合に便利です。
 
これはTextforceに限らず、iPhoneでは一般的な方法ですね。
 
スポンサーリンク

(2) カーソルキーを使う

Textforceは設定を変更すると、カーソルキーを表示できます。
 
  1. 画面下部の「設定アイコン」をタップする。
  2. User Interface欄でカーソルヘルパーをオンにする。
 
この4つのアイコンでカーソル移動ができますよ。
 
74-1
 
・両端のアイコン ・・・ 行の最初と最後にカーソル移動する。
・真ん中のアイコン ・・・ 左右にカーソル移動する。
 
このカーソルキーは、文字を入力してる時は表示されてますが、
しばらく(3秒ほど)画面を触らなかったり、
画面をスクロールすると一時的に非表示になってくれます。
 
カーソルキーが消えた分だけ、テキストの表示領域が増えますので、
ありがたいですね。
 
ちなみに、カーソルキーを押しっぱなしにすると、連続してカーソルが移動します。
パソコンと同じですね。
 

(3) 画面をスワイプする

画面を左右にスワイプすると、カーソルが1文字ずつ移動します。
 
スワイプは、
画面を押したまま左右に移動後、離す
ですよ。
 
カーソルの位置を微調整したい時にとても便利です!
 

まとめ

私の場合、(1)でおおまかに位置を移動して、
(3)でカーソルを微調整することが多いですね。
 
一度お試しくださいね。
 
スポンサーリンク


カテゴリー: iPhone/iPad タグ: , , ,

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。