iPhoneのテキストエディターアプリ「Textforce」をインストール後にやっておいた方が良い設定

75-1
 
iPhoneでテキスト編集するのに「Textforce」を使ってます。
 
基本的にはデフォルト設定で良いのですが、少し変えるだけで更に便利になります。
 
この記事では、アプリをインストールした時にやっておいた方が良いことを紹介します。 

スポンサーリンク

User Interface欄

  • フォントサイズ
    標準の設定は12ですが、少し見づらかったので14ポイントに変更しました。
    とはいえ、サイズは小さい方が情報量は増えますので、程よいサイズを探してくださいね。
       
  • カーソルヘルパー
    オンにすると、パソコンで使うような左右のカーソルキーが表示されます。
    カーソル移動が便利になります。
    iPhoneの「Textforce」アプリでカーソルを移動する3つの方法』もご参考に。
スポンサーリンク

Text File欄

  • 新規ファイルの改行コード
    デフォルトでは「LF (UNIX/Max)」が選択されています。
    お持ちのパソコンがWindowsの場合、「CRLF (Windows)」に変更しておきましょう。
      
    CRLFに設定しておくと、Windowsのメモ帳から開いても、きちんと改行が表示されるようになります。
     
  • 自動ローカル保存
    デフォルトは「オフ」です。
    1,3,5,10分から選択できますよ。
    私は1分にしています。

まとめ

ちょっとした設定なのですが、更に使いやすくなります。
 
一度お試しくださいね。
 
カテゴリー: iPhone/iPad タグ: , , ,
スポンサーリンク

■前後の記事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。